本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

「西洋医学の医者がハリ治療を受けて感じたこと」を見た感想

こんにちは。李哲です。

ちょっと古い記事ですが、気になる内容だったので見ました。

⬇️⬇️⬇️

news.yahoo.co.jp 

うん~

客観的にいろいろ書いて良かったと思いますが、何か所か議論したいのがあって記事にしました。

 

1.原文引用:

「腕や安全性を担保する何かがある場合に」などと条件をつける人が多かった。

 

こんな人たちに聞きたい。

 

あなたは病院で手術、若しくは造影検査を受ける時、同意書にサインするはず。

 

あなたの命を担保するものではなく、検査・手術で後遺障害がある。もしくは死んでも病院側に責任を問うな!の書類。

 

このとき、あなたはなぜ担保を求めないのか?

 

西洋医学は「科学的な医学」だから、担保なしでも大丈夫。

鍼・漢方薬は担保がないから不安?

 

200年の歴史しか医学はオッケーで、5000年の歴史があるものは信用できないこと?

 

あなたの頭は、どんな論理思考なんですか? 

 

2.原文引用:

特に何人かが「針が清潔かどうか心配」とコメントしていた。

 

今のハリは中国の針であろう、日本の針であろう、みんな消毒済の使い捨て鍼です。

 

衛生面で不安だと思うのは、余計な心配。

 

以下は当院で使う鍼。

一本ずつ包装され、血液感染の恐れはありません。

 

f:id:li-hari:20180719151125j:plain

当院で使う鍼。1本ずつ包装されています。

このような使い捨ての鍼がない前、昔は使い回しの金針でした。

それでも、大量の血液感染症が見られてなかったです。

(昔の使い回しの金針は、施術前にはゴマ油と火で消毒。もしくは消毒なし。)

 

逆に現実でよく見るのは、病院の輸血・ワクチン接種で肝炎・エイズに感染された人がまだまだいます。

 

3.原文引用:

腰痛、肩こりは改善したけど、風邪にはまったく効果がない。

 

肩こり、腰痛はハリ治療が適している。これは一般的な認識でしょう。

 

しかし、風邪を引いたから鍼治療を受けるのは、一般的な認識ではありません。

 

これは仕方がない事です。

治療している鍼灸師が少ないから。 

 

もし、どの鍼灸師も普通に風邪の治療ができたら、世の中の認識も変わるはず。

 

はぁ???

風邪を引いたから鍼に行く???

 

こうではなくて、

そうか、風邪には鍼が効くんだよね~

に変わる。

 

風邪はこちらに通っている方に、よくある症状。

当院に来るみなさんは、ついでに治す感じです。

 

咳があったら天突、尺沢穴、魚際。

高熱があったら外関、合谷、液門。

頭痛があったら風池、百会、湧泉。

気持ち悪い、食欲不振だったら中脘、公孫、内関、足三里。

… …

ほかにも治せるツボがたくさんあります。

 

何が難しいでしょうか?

 

以下は一つの治療例、参考にしてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

風邪の原因はウィルスです。

なのに鍼灸治療が有効なのは、ウイルスを殺したわけではなく、免疫システムを強化して自分でウィルスを退治したから。

 

針の詳しい仕組みは、以下の記事でも説明しました。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

みんな使っている針はさほど変わらないけど、ツボの組み合わせと手技によって、効果はかなり変わります。

 

漢方薬も同じ。

生薬の組み合わせによって、治す所と効果が変わります。

 

何回かブログに書きましたが、鍼はどんな症状にも有効です。

 

針の効果がないのは、あなたが探した先生の勉強不足。

 

針のせいではありません!