本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

医者への妄信は危険!患者さんは恐れず先生に質問をぶつけるべき!

日本に多い医者への妄信。

医者を恐れて質問しない患者さんは、意識改革しないといけません。

インタネットが普及した今、何も調べず出された薬を全部飲むのは危険です。

医者が患者を守ってくれると勘違いしないで!自分の体は自分で守るべき。

 

こんにちは。李哲です。

先日、一つの報道を見た感想文です。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

headlines.yahoo.co.jp

 

1.日本で薬の処方量は多すぎ

特に抗生物質の使用量はハンパない。

人間に使うだけではなく、家畜に使う量は更に多いみたいです。

 

「念のために」と言って、抗菌薬(抗生物質)を出すケースが多く、海外の人は安易に抗生物質を処方されるからビックリするそうです。

 

西洋医学の先生は、抗生物質で薬剤耐性菌が増えることを知っているはずなのに、なぜ安易に薬を出すのか?

 

原因は2つだけだと思います。

  • 治せる薬がないから、抗生物質でも出して慰めようとする。
    つまり、プラセボ効果。
    医者が何もしないと、医者の立場もなくなるから。

  • 薬を売るため。
    薬剤耐性菌は知っているけど、私と関係ない。
    このタイプは医者と言うより、悪質な薬の「自動販売機」である。

 

以下の外部サイトには、日本の抗生物質乱用に関して書かれています。

 

ニュースレター(機関紙) | 海外医療情報 | JOMF:一般財団法人 海外邦人医療基金

 

抗菌薬使い過ぎで年70万人が死亡 専門家団体が発足「国民が知る必要」

 

抗生物質以外に、血糖値・血圧・コレステロールを下げる薬も多いです。

ほとんどの患者さんは食生活の改善で治るのに、食生活の指導をするのではなくて、ただ単に薬で数値を下げるのは本末転倒のやり方。

 

西洋薬はすべて毒です。

この常識を患者さんは忘れてはいけない。

 

唯一の違いは、毒が大きいか小さいかだけ。飲み続けると必ず中毒になります。

 

2.答えられない質問に対して怒るのは、自分の存在意義が否定された恐怖感と劣等感が原因

記事中には、「これは薬の副作用ではないですか?」と質問する患者さんに、「俺の処方・診断が間違ったわけ?」と怒る医者もいました。

 

皆さんは少数だと思うかも知れないけど、私は臨床でよく聞きます。鍼治療をするのを聞いて、「変なものに手を出すな!」と怒る先生もいました。

 

数千年前からあった鍼灸、いつから変な療法になりました?

 

患者さんの質問に答えられないから怒る。

自分の診断・処方に疑問を投げ出すと怒る。

 

その根本原因は、医者すら病気がよくわからない。薬の効果・副作用もはっきりしてないのに、答えられないとメンツがなくなる。プライドだけが高いからです。

 

無知で答えられない時に怒る人は、皆さんも見かけたはず。

 

怒るのは自分の無知を隠すためであり、治せない自分を認めたくない、自分の存在意義が否定された恐怖感、心底に隠れた劣等感をごまかす表現です。

 

知らないと言えばいいのに、それすら言えない。

 

親愛なる先生よ。

医学部で勉強したのは、クソプライドだけですか?

 

f:id:li-hari:20181229160248j:plain

3.正しい考え方を持つ先生もいる

みんな怒る先生だと思ったら、大間違いでした。

記事中で何人かの先生は、いい言葉を話しました。(赤い文字のところ)

鳥居泌尿器科・内科院長の鳥居伸一郎氏が言う。

「データや教科書通りに、これが最良の治療法と決めつける医者がいますが、我々医者が一番に目指すべきものは、患者さん本人が望んでいる状態に近づけることです」 

 

中医学が患者さんの辛い自覚症状を治すのと同じ見解。

私は何回も書いてますが、患者さんが本当に治してほしいのは、見えない血圧よ血糖値よコレステロールではない。

 

200年前は血圧、血糖値などの概念もなかったです。

当時の患者さんは、なんで医者に診てもらうでしょう?血圧・血糖値の為だったでしょうか?

 

今のたとえ話をします。

患者さんは病院に行って、「腰椎第四番と五番の間の神経が圧迫され、痛くて来ました!」と言いません。

患者さんが言うのは、「腰が痛いです」「お尻と足がしびれます」

 

そうです。

患者さんは自覚症状があって病院に行くのです。 

患者さんが治してほしいのは、辛い自覚症状!

 

治療したあと、体の痛みがない。よく寝られる。体力が増えて疲れない。性機能が回復。大小便がよく出る…

 

本来持っている機能を回復してあげるのが、医学のあるべき働きでしょう?

 

血糖値よコレステロール値は、みんな二の次の問題です。

 

f:id:li-hari:20190108161040j:plain

4.医者よりも患者が先に変わるべき

西洋医学の先生がみんな親心になり、正しい医療を提供すると思わないでください。それは「実現できない夢」です。

 

200年も練ってきた医療制度は、癒着関係が非常に強くて、国を挙げて改革しないと無理。たとえ国を挙げて改革しても数十年、もしくは100年の時間がかかります。

 

薬に殺されたくないなら、患者さんが先に変わってください。

 

この薬は本当に必要なのか?

どんな厳重な副作用があるのか?

手術・薬以外に、ほかの治療法・選択肢はないのか?

 

先生を恐れずいろんな質問を、担当医師にぶつけるべきです。

納得できる答えがなかったら、担当医師を変える。

もしくは、西洋医学を止めてほかの治療法を探す。

 

日本の患者さんは優しくて、先生に任せっきりの人も多いですが、医者を妄信する習慣は変えないといけない!

 

なぜなら、貴方が信じている先生は間違った医学知識で、一生懸命に貴方を「治療」するかも知れないから。

 

なにも質問しない。

先生の言いなりになって、出された薬を飲み続ける。

これは自分の体に対する無責任です。

 

このままだと、貴方はいずれか早死の特急に乗せられて墓所に向かう。

なぜ自分だけ重病になり、なぜ自分が先に死んだのかも分からない。