本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

花粉症、足のかかとが痛いのが、わずか3種類の生薬(麻黄附子細辛湯)で治った

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の文章。

全身の痛み、花粉症からくる鼻水が止まらない、足の踵の痛みが、わずか3種類の生薬で治った面白い治療例です。

 

中国語本文のリンク先は、

先苦后甜:麻黄附子细辛汤应用几例(一)_郑智城

(2012-05-31 05:01発表)

 

 

生薬が少なすぎくて、信用しない患者

ある患者さんが電話して来て、最近調子が悪いと言ってました。

おそらく関節の痛みが発作したでしょう。

住んでいる所は特に湿気が多くて、最近の天気はとても寒かったから。

 

その患者さんはまた身体が弱かったので、この時期に不調が現れたでしょう。

 

彼の陳述を聞いて、私はすぐ麻黄附子細辛湯を3日分送りました。

 

彼は漢方薬が届いてすぐ開けてみたら、なんと軽~~い3種類の生薬だけ!

(私が全部少なめに処方しているから)

 

彼は信じがたくて、また電話して来ました。

彼「鄭先生、本当にこれだけですか?」

私「そうですよ。処方は間違いないです。先に飲んでみて下さい。」

 

 

数日後、彼はまた電話して来ました。

今度は鼻づまりがひどいそうです。

彼「突然花粉症になり、鼻水がタレっぱなしで目を開けることすらできないです。アメリカに来て何年も経っているけど、こんなにひどくなったのは初めてです。」

 

私:「前回の漢方薬は飲みました?」

彼:「まだ飲んでないです。」

 

前回の生薬がとても少なめなので、彼は信用しないで飲んでないのが分かります。

 

他の言葉は言ってもムダなので、私はとりあえず前回の漢方薬を飲ませることにしました。

 

麻黄附子細辛湯をのんでから、体の痛み、花粉症、足の踵の痛みが全部消えた

  

またすぐ、彼から電話が来ました。

「鄭先生、この漢方薬は、なんでこんなにマズイですか?こんなに苦い漢方薬は初めて飲みますよ。」

 

びっくりする必要もないですね。

細辛と附子(トリカブト)は非常に辛味があるので。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180506/20180506135445.jpg

【▲細辛の画像】

 

その後、彼はまた言いました。

「でも、飲んだあと、口の中に甘い香りがします。本当に不思議!」

 

翌日、彼はまた電話して来ました。

「おかしいですね。2日目の漢方薬は全然苦くないです。とても飲みやすい。」

 

私「調子はどうですか?」

彼「体の痛みは消えました。花粉症もなくなり、もともと足の踵が痛かったのも治りました。」などなど。

 

3日分の漢方薬がなくなって、彼は「もう一度送ってほしい」と言ってました。

 

送ったのは同じ麻黄附子細辛湯。

量が少ないと言われると思って、今度は淫羊霍・萆薢などの腎臓を強化する生薬を追加し、見た目のボリューム感を良くしました。

 

しかし、彼が電話で言うのは、「今回の漢方薬は前回ほど強力に効きません!」

 

本当に合わせるのが大変な人。。。

李哲の感想:漢方薬の味は不思議

最後の漢方薬の効き目が弱くなったのは、余計な生薬を入れたからです。

 

漢方薬は軍隊の戦いと同じで、必要最低限の軍隊しか使いません。

基本的に火力を集中して要塞を攻略するやり方です。

 

人員が多すぎると、移動も不便で機敏に戦えなくて、負ける可能性すらあります。

だから、歴代の有名な処方箋は、みんな削減できないくらいまで縮小し、シンプルかつ効果バツグン。

 

勝手に生薬を増加したり削除したりすると、効果が落ちます。

これは処方する時の難しいところ。

 

また、漢方薬は不思議な所がありますね。

どんなに苦い漢方薬でも、体に合うときは甘く感じるのです。

 

もちろん、これはすべての人に起きる現象ではなく、一部分の人だけです。 

 

他の人が飲むとゲロマズい生薬なのに、必要な人は美味しいと言うのが、漢方薬の不思議なところ。

 

上記の患者さん、関節痛は鍼灸治療で難しくないです。

以下は一つの治療例。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

花粉症・鼻水の自覚症状は、針で治した例は多く書いてますので、説明を省略します。以下の関連記事には、いくつか症例があるのでどうぞご覧ください。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。