本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

【翻訳文】漢方薬を飲むと、生まれる赤ちゃんは比較的に健康。

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの開業医(中医師):鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

最後に私の感想文があります。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

吃中药的宝宝总是比较健康_郑智城_新浪博客

(2011-10-05 03:18:30発表)

翻訳文

先週、ロードアイランド州の女性が、生まれたばかりの赤ちゃんを連れて診察に来ました。赤ちゃんが患者さんではなくて、彼女が患者さんです。

 

この女性は38歳。

長女は10歳、不幸にも智力障害がある子。次女は正常。今度の3女は生まれてまだ5ヶ月です。

 

彼女は一年半前から漢方薬を飲んで、妊娠できるようになりました。

 

しかし、私が脈診をした時、妊娠した脈と違う。

無意識に、「これは妊娠ではないかも」と言いました。

 

何ヶ月後、彼女は帰ってきて苦笑いしてました。

「先生が正しかったです。今度の胎児は異常で、流されてしまいました。」

 

この報告で私はビックリしました。

脈診がすごい中医師だと思われるかも知れないけど、たまたま合っただけです。

 

1年後の彼女はまた妊娠しました。

妊娠してからも続けて漢方薬を飲みました。

 

たくさんの人は西洋医学に洗脳されて、妊娠中は漢方薬も飲んではいけないと思います。これは本当に思わぬ巻き添え。

 

この女性は、妊娠中にひどいつわりがありました。

毎日午後4~5時から彼女は何もできない。事前に仰向けで、猛烈な嘔吐を迎える準備をしないといけない。

 

彼女が冗談を言ったのは、「時間とおりに悪魔の降臨を待っている」

 

たくさんの人は妊婦の嘔吐は当たり前だと思いますが、それは中医学を知らない人の考え方です。

 

中医学を知っている人は分かりますが、なんでもその原因があるのです。

 

私の奥さんは2人産んだけど、嘔吐はなかったです。食欲が減っただけ。

 

当日、私は彼女に真武湯(しんぶとう) 1回分を処方しました。

 

処方内容は、

附子(トリカブト)6銭。

白朮1両半。

茯苓1両半。

白芍1両半。

生姜1両半。

濃い目に煮詰めて飲む。

 

f:id:li-hari:20180612151905j:plain

生姜:漢方の処方箋によく出る生薬で、医食同源の証の一つです。

 

私は彼女に言いました。

「これは一気飲みではないです。毎日少しずつ飲んで下さい」

 

彼女の答えは:「良かった!今は水すらあまり飲めないから。水を少し多めに飲んでも嘔吐が激しいです!」

 

私がこの処方を出したのは、皆さんも妊娠嘔吐はなぜかが分かるでしょう。解釈は省きます。

 

この処方はとても有効でした。1回分だけだけど、その日に症状がだいぶ良くなり、翌日からは時間通りに降臨する悪魔は徐々に消えました。

 

この1回分の漢方薬は、1週間でやっと飲み終わったそうです。

 

彼女は同時に、もう一つ症状がありました。お腹の皮膚が非常に張っている。

 

これが難しいですか?

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)桂枝湯(けいしとう)ですぐ治りました。

 

以上は全部、先週彼女から聞いた内容です。彼女の話を聞いて、出産のいろんな難しさも分かりました。

 

私が最初彼女の子を見たとき、額が広くてなんかすごい天才の感じ。そして、彼女に「この子の髪は本当に多いですね!」と言いました。

 

彼女が言うのは、「そうです。上の2人のお姉さんの髪よりも多い。

上の二人のお姉さんは、2~3歳まで髪が生えてこなかったけど、この子はまだ5ヶ月なのに髪がふっさふっさ。髪が良いのは腎臓が良い事でしょう?」

 

「そうです。髪が良いのは、肝臓と腎臓が強い事です。貴方はどんどん若くなってますね、産んだ子はどんどん健康的になっているから。」

 

私は一つ気になって質問しました。

「最初の子は、なんで病気になったのですか?」

 

彼女は嘆いてました。

「若い時、なにも気にしてなかったからです。妊娠してもあちこち動き回って、仕事の出張で飛行機に乗るのも日常茶飯事。楽しいのはもちろん楽しいです、いろんな都市が見えて。でも、最後はこんな事に。。。」

 

一人のネットでの友達、私に言ったことがあります。

彼女の友達は妊娠した時に、しょっちゅう風邪を引いて常に西洋薬を飲んでいたそうです。そして生まれた子が自閉症。

 

西洋薬は、しょっちゅう飲むものですか?


病院の先生が副作用がないと保証しても、飲んではいけません。

 

何年か後には、その薬のひどい副作用が見つかる。これは、もう西洋薬の慣例です。

 

たまに私も不思議だと思います。

医者との縁はどういうものか?

 

なんである患者さんの治療効果はとても良くて、患者さんと一緒にいる時は愉快で楽しいのか?

 

例えばこのロードアイランド州の女性。

家族全員が私の診療所で治療しています。

 

長女は生理痛、次女は便秘ぎみと風邪、ご主人は腰痛と花粉症。彼女のお父さんの糖尿病。みんあ治療効果が良いです。

 

彼女のお父さんは1回しか来てません。2週間の漢方薬を飲んで、その後は西洋薬も止めたそうです。血糖値が正常なので。

 

私は糖尿病治療で比較的に自信があるけど、彼女のお父さんみたいに早く治るのは珍しいです。

 

だから、私が思うのは、一人の身体が健康であるかないか、回復ができるかできないかは、個人の要素が大半を占めます。

 

中医学を信じない人、若しくは性格上で他人を信用しない人は、健康を求める道はデコボコの歩きにくい道。

 

李哲の感想:

鄭先生の処方箋の内容を見ると、

①つわり:真武湯(しんぶとう) 


②妊娠中のお腹がはる:当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)桂枝湯(けいしとう)

 

いずれもすぐ解決しています。

一つ注意点は上記の処方箋、誰でも合うとは限らないので、漢方薬局の先生と相談してください。

 

女性は妊娠中に様々な体調不良を漢方薬で全部解決したら、体調不良が治るだけではなくて、生まれた赤ちゃんも元気です。上記のように、赤ちゃんの髪がフッサフサ。

 

鍼治療の場合は、公孫+内関(もしくは足三里)で吐き気・食欲不振が治ります。お腹がはるのは、内廷+足三里で十分。

 

以下は一つの治療例。参考になれば幸いです。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

西洋薬は先天性異常の赤ちゃんが生まれるので、絶対に使ってはいけません。

 

妊娠中はもちろん、妊娠する前からも使ってはいけない。

 

ハイリスクの西洋薬より、漢方薬もしくは鍼灸のほうが安全で効果も高いです。