本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

肩が痛いのを鍼とマッサージ4回で著しく改善した例

1年前から肩の痛みが治らない女性、腰と背中・首コリもある

 

こんにちは、李哲です。

今回の症例、特別な所は鍼+整体+グァーサ(刮痧)で治しました。

 

患者はアメリカ人女性、20代。

日本語ができなくて、通訳してくれる方と一緒に来ました。

 

彼女の主訴は、

  • 1年前から肩がずっと痛い。
  • 腰と背中、首がこって辛い。

 

肩の痛い場所を示してもらったら、ほとんど肩を一周して広い範囲で痛いと言ってました。おそらく、日本の整形外科に行くと五十肩だと言われるでしょう。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180424/20180424140340.jpg

 1回目:腰と背中・首がすごい楽になり、肩の痛にも緩和した

 

1回目は鍼が怖かったのか、整体’(中国式マッサージ)とスイタマ(カッピング療法)を受けました。

 

背中と肩周りのツボを触った感じでは、腰とお尻がかなり硬い。肩周りにも硬結が見つかりました。痛みが古ければ古いほど、硬結は著しくなりがちです。

 

肩の周りの整体は痛かったけど、彼女はなんとか歯を食いしばりながら我慢できました。施術後、彼女が喜んで言ったのは「腰と背中がすごい楽です。肩もだいぶ良くなりました。」

 

昔、足つぼ整体をやったとき、同じ肩の痛みで来た男性がいたけど、男性は1回で止めました。効果があっても、整体のほうが五十肩よりも痛いと言って。うん~このように言われたら、私もどうしようもないです。

 

www.li-hari.net

2回目:広い範囲での痛みはなくなり、肩の前だけ痛みが残っている

 

2020-2-19

彼女から質問がありました。

「鍼は整体よりも効果がありますか?」

「そうです。」 

 

彼女は鍼を受けてみる事を決意しました。アメリカにいるときも、中国人の鍼灸・マッサージ・カッピング療法など受けた事があるそうです。もしかして、スポーツ選手たちがカッピングを受けているから、一般庶民も受け入れたでしょうか。

 

オリンピック選手たちに人気なカッピング・鍼灸は過去記事でも説明しました。以下の記事、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

彼女は左肩の痛みが原因なのか、左顎まで痛い。開け締めるとき、ガクガク音がするそうです。詳細な治療過程は以下の記事で説明しました。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

左肩が痛いので、右肩の肩髃、中渚、曲池、後谿に鍼を刺しました。10分後に確認したら、肩の痛みは範囲が減って、今は肩の前が痛いそうです。

 

さっきの鍼を全部とって、今度は右の尺沢と太白を刺したら、彼女は通電されたようにビックリしていました。そして「電流が流れた!」と大笑い。 

 

電流が流れるという感想は、良く聞きます。以下の症例でも同じ現象があり、幸いにも1回でほぼ治りました。

 

www.li-hari.net

 

鍼が終わったあとは、肩周りにグァーサ(中国語:刮痧)をしました。鍼灸はもちろん効果バツグンだけど、予測した効果より低い時はグァーサなども考えます。

 

筋肉損傷からくる痛みに、グァーサは有効です。以前の症例があるので、どうぞご覧ください。偶然か分かりませんが、またアメリカ人です(笑)

 

www.li-hari.net

3回目:肩の痛みは20~25%まで減り

 

2020-2-22

彼女が言うのは、「左肩前の痛みは20~25%まで減りました。

 

今日は新しい症状がありました。

身体を左右に曲げる時、お尻の中の筋がつりそう。

 

束骨穴を刺したけど、完全に痛みが消えてないので、最後に整体を少しやりました。整体は予想したように、また痛くて悶絶。特にお尻を押したときは、うつ伏せで飛び上がりながら大笑い。

 

足つぼ整体が痛くて笑っちゃう人はよく見ますね。過去記事でも似ている女性がいたので、良かったらご覧ください。

 

www.li-hari.net

4回目:肩の痛みは、ほぼ治った

 

2020-2-29(4回目)

彼女が言うのは「肩の痛みは、ほぼ治りました。一箇所だけ、特別な動きをする時に痛いです。」

 

お尻の中の筋が痛いのは、今日も鍼をしたあとに整体をしました。前回と同様に大笑いで終わり。

 

前回は「4回押します」を間違えて「4秒押します」と伝えたら、彼女が途中で爆笑しました。なぜかと聞いたら、彼女が言うのは「1回押すのが長い」という事でした。明らかに1回で4秒間を押してましたからね。

 

以前は足つぼの途中で、「痛くて骨が折れる!」と言った女性もいました。もちろん、骨が折れることはありません。施術後は逆にとても楽になります。

 

www.li-hari.net

鍼は様々な症状を同時に解決できる

 

彼女の治療例をまとめます。

  • 1年続く肩の痛みは、鍼+整体4回でほぼ治り。
  • お尻の筋が痛いのは、著しく改善。
  • 左顎の痛みは、鍼で著しく改善。

完全に治ったとは言えないけど、明らかに変わっています。あと何回か通えば、完治できると思いますが、残念ながら彼女はアメリカに帰るしかなかったのです。

 

4回目のとき、施術が終わって帰るごろ、彼女はスマホに英文を入力して翻訳文を見せてくれました。「出会いに感謝します」などなど。

 

いちおう3ヶ国語は話せますが、英語だけ話せないのが心細いですね。万が一、英語しか話せない患者が来ても困らないように、いつかは英語も攻略しようと思います。

 

肩が痛いのは、五十肩よ四十肩よと言われます。

整形外科では鎮痛剤たっぷりの湿布を処方し、牽引・マッサージなどもするけど、気休め程度だと思ってください。たくさんの患者は治らなくて、当院に来ています。

 

鍼灸、整体の効果は1回だけでも分かります。

肩の痛みで困っている方は、ぜひ信頼できる鍼灸院で治療して見てください。