本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

2日の小青竜湯+トリカブトで風邪が治り、3.5キロまで痩せた女の子

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。

 

もとの中国語本文のリンク先は、

可遇不可求?胖女孩两剂药减肥7磅_郑智城

(2012-06-19 04:56発表)

なかなか風邪が治らない娘さん

 

私のお姉さんのお客さん(多分カリブ海の人)がお姉さんに言うのは、「最近娘の風邪がひどくて、なかなか治らないです。」

 

その娘さんは甲状腺低下症の持病もあり、太っていて普段から病気ぎみだそうです。

 

甲状腺に関する中医学の知識は、ニハイシャ先生の記事が参考になります。

 

www.li-hari.net

 

そのお客さんは、私が中医師であることを知っていて、お姉さんに相談しました。

お姉さんは熱心な人で良いけど、たまには熱心すぎて困る。

なんと私の代わりにOKを出して、「娘さんの診察をする」と約束したのです。

 

仕方ないので、ある日の午後、退勤してからお姉さんの所に行って、診察をしました。

 

部屋について、いとこ達が娘さんを呼んできたら、「うぉぉ!」

すごい太っている子が入ってきました。

 

13歳だと言うけど、その体型と背の高さは23歳だと言っても私は信じます。

 

私は娘さんに聞きました。

「どんな不調ですか?」

 「1週間前に急に寒気がして、その後は風を引きました。同時に咳と喉が痛い、痰も出ます。」

 

「痰は吐きやすいですか?」

「咳するとすぐ出ます。」

 

「痰はどんな色ですか?」

「たまには白、たまには黄色若しくは緑色です。」

 

「寝ているときは、咳がひどくなりますか?」

「多分そうです。仰向けでは寝られなくて、横向きで寝ています。」

 

脈診してみたら、沈少弦。

舌診では明らかに白い。

 

「まだ風邪の症状がありますか?例えば寒気がする、発熱、頭痛など。」

「今は発熱もなく、寒くもないです。ただ鼻つまりと咳があります。」

 

診た感じでは肺の中に痰があって、心臓の下に水がある。

そして、翌日に小青竜湯(しょうせいりゅうとう)+附子(トリカブト)を2日分処方しました。

 

小青竜湯の使用例は、もう一つの記事もあるので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

風邪はすぐ良くなり、体重が3.5kgも落ちた

 

数日後、私のお姉さんから電話が来て言うのは、「彼女は漢方薬を飲んでからすごい良くなった。あと、彼女は3.5キロ痩せた。」

 

私「え?本当に?どういう事?」

お姉さん「昨日、あの娘さんが私に言ってたよ。彼女は一枚のTシャツが着れなかったけど、今は着れるようになった。私に見せたけど、本当にブカブカになっていたよ。」

 

お姉さん:「彼女は以前見た時は、とても体力がない肥満症だったけど、今はだいぶガッチリしてきた。彼女に体重計に乗って見なさいと言ったら、彼女が言うのは3.5キロ落ちている。」

 

f:id:li-hari:20180718181910j:plain

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)の中の生薬:桂枝(けいし)

 

お姉さんはまた続けて話しました。

「彼女のお母さんは私に言ったけど、続けてこの漢方薬を飲みたい。すごいまずいけど、効果があるから。

 

これは多分、今までの治療で偶然に一番早くダイエットした例です。

 

鄭先生の記事には、2ヶ月で16kgダイエットした患者もいるので、良かったらご覧ください。

 

www.li-hari.net

李哲の感想

2日の漢方薬で風邪が治り、3.5kg落ちるのはすごい。これが漢方薬のいい所でしょうか。

 

上記の娘さん、そうとう水が溜まっていたと思います。

 小青竜湯は体内を温める生薬が多いのに、さらにトリカブトを追加して、体に溜まっている水を飛ばすことができます。だから、ついでに痩せたでしょう。

 

小青竜湯がダイエット効果があるのではなく、たまたま風邪が治ったついでに、溜まっている水分がなくなっただけです。

 

ニハイシャ先生の治療記事には、もっとすごい例がありました。

末期乳がんの腐った胸に、新しい肉が再生しただけではなくて、体重が32kg減!

 

www.li-hari.net

 

太っている人は、水太りのタイプがほとんどですね。

中国語ではよく言いますが、「喝水也胖」(水を飲んでも太るの意味)。

 

なぜ水がたまるのか?

中医学では簡単に「陽虚証」だと言いますが、言い換えると、体内の温度が低くなっているから、水の循環に障害が出ている。

 

体内温度は心臓がコントロールしています。

つまり、心臓の働きが弱くなると、体内温度が低くなり、正常な循環ができないから水がたまって「太る」「むくむ」。

 

心臓が弱くなる原因は、ニハイシャ先生の記事で詳しく書いてあります。

 

li-hari.hatenablog.com

 

以前、足つぼ整体の治療をしたとき、痩せた人はたくさん見ました。

白砂糖、乳製品を止めて7kg痩せた女性もいたけど、今回紹介する女性もすごい痩せました。

 

www.li-hari.net

 

彼女たちの共通点は、飲食にきをつけたこと。

当院の禁止物:コーヒー、お菓子、チョコレート、チーズ、バター、清涼飲料水など全部止めたから。 

 

ダイエットに関する小論文を書こうとしましたが、まだ未完成品なので公表できません。仕事の間を縫いて書き続けているので、もうしばらく時間がかかりそうです。

 

(おわり)

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。