本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

風邪を一晩で治す方法:漢方薬ならできる!(2019-03-08修正)

「風邪の咳、鼻水、高熱でつらいのに、仕事が…」

「明日大事な会議があるのに、風邪を引いてしまった!風邪を一晩で治す方法がないのか?」

 

市販の解熱剤・咳止め薬の副作用を知っているけど、仕方なくて飲む人もいるでしょう。

 

今日紹介するのは、ほかの方法です。

副作用がなくて、しかも高熱・咳などは飲んで5~20分で改善します。一晩で治るのは夢ではなくて、漢方薬の普通の効果。

 

ただし、風邪を治す漢方薬には種類があるので、自覚症状と相応している漢方薬じゃないと、効果がありません。自分の自覚症状には、どんな漢方薬が合うのか?以下の翻訳文で解説します。

 


 

こんにちは。鍼灸師:李哲です。

ただの風邪、インフルエンザで怖がる人がいるので、ニハイシャ先生の記事を翻訳してUPしました。

 

倪海厦(ニハイシャ)先生のHPに公表した記事は、給湖南百姓的一封信 

  

私はただ翻訳しただけで、詳しい質問には答えられませんので、ご理解をおねがいします。

 

 

1. 桂枝湯(けいしとう)

この種類の風邪が一番多いです。

生薬の組み合わせは以下。 

桂枝10g,白芍10g,生姜 2切り(厚さは2,3cmくらいでいい。下のも同じ),炙甘草10g,なつめ10個。

 

6杯の水で2杯になるまで煮つめる。

大人は空腹時、三時間毎に1杯飲む。

子供の量は半分でいい。

飲んだ後は、汗がじんわり出ます。

 

煎じ薬を飲んだ後は、熱い薄いお粥を飲んだほうがもっと効き目が出る。

 

桂枝湯の主な症状は:

  • 汗をかく同時に全身の筋肉が痛い
  • 扇風機などの風を嫌がる
  • 食欲がなくなって、少し熱がある

2.麻黄湯(まおうとう) 

生薬の組み合わせは以下。 

麻黄5g,桂枝10g,杏仁5g,炙甘草10g。

 

3杯の水で1杯になるまで煮つめる。

飲んだ後は汗が出ます。

 

麻黄湯の症状は特別なもの:

  • 非常に寒がり
  • 体の関節が痛い
  • 熱が出る
  • 汗が出ない

 

この風邪は、寒い冬に多いです。

でも、たまに熱い夏でもこの風邪を引く人がいる。上に話した症状があるば、使って大丈夫です。

 

【 注意:心臓の病気がある人は使ってはいけない 】

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180227/20180227141310.jpg

 

【↑↑↑ 桂枝(けいし)の画像】

3.葛根湯 (かっこんとう)

生薬の組み合わせは以下。 

葛根15g,麻黄5g,桂枝10g,白芍10g,生姜2切り,炙甘草10,なつめ10個。

 

6杯の水で2杯になるまで煮つめる。

大人は空腹時、三時間毎に1杯を飲む。

子供の量は半分でいい。

飲んだ後は少し汗が出ます。

 

葛根湯は子供の風邪、咽が痛い風邪に良く使います。

 

主な症状は、

  • 首が痛い、頭痛、扇風機などの風を嫌がる
  • 体の筋肉が痛い
  • 咽が痛い、口が渇く

 

興味がある方は、以下の記事もご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

4.大青龍湯(だいせいりゅうとう)

組み合わせと作用は、前書いた記事をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

5.小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

生薬の組み合わせは以下。 

麻黄10g,白芍10g,干姜5g,细辛5g,桂枝15g,五味子10g,炙甘草10g,半厦10g。

 

6杯の茶碗の水で2杯になるまで煮つめる。

大人は空腹時、三時間毎に1杯を飲む。

子供の量は半分でいい。

飲んだ後は少し汗が出ます。

 

主な症状は、

  • 高熱、咳(白い痰が出る)
  • 患者は体内がすごく寒くて汗が出ない
  • 体が痛い人もいる
  • 咽は渇かない、食欲もない
  • 咽の中がかゆくて、いつも咳をしたい感じ
  • 特別な人は、背中の肩甲骨の間に寒く感じる。寒い範囲はこぶしくらい。

6.小柴胡湯 (しょうさいこうとう)

生薬の組み合わせは以下。 

柴胡15g,半厦15g,黄芩15g,党参15g,生姜2切り,なつめ10個,炙甘草10g。

 

6杯の茶碗の水で2杯になるまで煮つめる。

大人は空腹時、三時間毎に1杯を飲む。

子供の量は半分でいい。

 

主な症状は、

  • 寒くなったり熱くなったりする
  • 吐き気がする、同時に両脇が脹れて苦しい感じ

 

注意:女性は生理の時風邪を引いたら、小柴胡湯だけ。ほかの漢方を飲んではいけない。

 

生理痛がある人は、茜草15gと芍薬25gを加えて入れれば、風邪も生理痛も同時に治せる。煮込み方は同じ。

 

f:id:li-hari:20180608123231j:plain

茜草:瘀血(おけつ)を溶かす作用がある生薬。

 

7.李哲の説明

処方箋はメモして、どこかに保存したほうがいいです。

子供が風邪引いたり、親戚が風邪引いたらすぐ煎じてあげてください。

 

抗生物質、解熱剤などを使った後に副作用の痛みが分かるなら、最初から使わないほうがいいです。

 

漢方は使ってみれば、一日で分かるものです。正しく使った場合は、今日飲んで明日朝治ります。判断が間違った場合は、もちろん効きません。

 

症状が複雑で分からない場合は、信頼できる漢方の先生に聞いてください。

 

中医学では風邪は万病の元だといいます。だから、風邪さえ治せば大きい病気にはならないのです。

 

最後に中国語で『飲水不忘掘井人』と言いますが、治ったら中医学のおかげさまだと言う事は、忘れないで欲しいです。

 

それでは、皆さんのご運を~

祝快楽、健康。