本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

血糖値検査の嘘(2018-02-14修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180321/20180321145018.jpg

 

やまんば さんのコメントで血糖値の話があったので、今回は糖尿病の原因、治療などを除いて、血糖値検査だけ話します。

 

最初、みなさんが学校で勉強したことがあるものです。

 

自然中に存在する定律:

質量守恒定律(law of conservation of mass)。

 

日本語で言うと:質量保存の法則 だと思います。

 

この法則によると、体内の糖分は無断になくなるわけはないです。形が変わって違うものになったか、或は体内のどこかに存在します。

 

西洋医学の薬で血糖値が下がったらホットするし、上がったら不安になる方、多いと思います。


それでは、血糖値が下がって体調もよくなったでしょうか?

これは、患者本人が一番分かると思います。

 

血糖値の数値で喜んだり心配しりする方に、話があります。

 

検査ではいつも手指の血で検査しますよね?

足指の血で検査した人いますか?

 

では、なぜ手指でしょう?


ばれるから(笑)

 

糖尿病の方、今度血糖値を検査するとき、足指の血でやってみてください。

 

あなたはショックで倒れるかも知れません。

 

血糖値はすごい高い!

 

(手指の血糖値+足指の血糖値)/2=体の血糖値

 

これが本当の数値なのです。


薬で上半身の血糖値は下がるけど、

残りの糖分は全部下半身に行きます。

 

投薬治療を受けた糖尿病の患者はなぜ最後になると、足裏の感覚がなくなったり、足の古い傷がなかなか治らないでしょう?

 

下半身に糖分が多すぎるから。

余った栄養は食物の同じように、腐ると『毒』になります。


話が本当かどうかは、試してみれば分かるものです。

 

それでは、ご運を~

 

注:

この『理』は、倪海厦先生が書いたもの。