本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

血糖値が300から110~130まで下がり、乾いた咳が出るのも治った漢方薬症例

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例:血糖超過300 – 當張仲景遇上史丹佛(02/05/2014発表)を翻訳しました。私の考え方も述べましたが、参考になると幸いです。

 

死ぬまで血糖値を下げる薬、インスリン注射を続けないで、漢方薬・鍼灸治療で根本から治すことをオススメします。 

 

血糖値300から130に下がって、乾いた咳が出るのが治って、食欲が強すぎるのが収まった

 

40代の中国人女性、2型糖尿病。

初診は01/02/2014。

彼女の主訴と症状は以下の通り。

2型糖尿病で、血糖値が300を超えている。

 

血糖値が300を超えた患者、漢方薬で110まで下がった

血糖値が300を超えた患者、漢方薬で110まで下がった

乾いた咳が出るのは5~6年経って、寒い日・湿気が多い日には咳がひどくなる。

爪が割れやすい。

2~3年前から白髪が増えた。

3ヶ月前から倦怠感が強くなった。

以前は夜食を食べる習慣があったそうです。

中医学の問診内容と診断・処方箋

 

以下は問診内容です。

寒熱:手足は温かい、体は寒くない。

汗:昼間は汗が多いけど、夜中には寝汗をかかない。

睡眠:夜11時~12時に布団に入り、3~4時には尿意で起きてトイレに行く。朝は8時に起きる。たまには朝5時に目が覚めて、鬱っぽいときもある。

 

食欲:正常、辛いのは苦手。朝起きた時は口が苦い。

便通:毎日1回ある。

尿:4~5時間に1回。

口渇:正常。

生理:周期は21~35日で不規則。生理が来る時は足と関節が痛い。

脈診:細小、深くて触れない。

舌診:舌苔は白、乾いている。舌は腫れて大きい。

眼診:肝臓の反射区が大きい、腎臓の反射区は反応が悪い。

 

処方箋:生半夏 生姜 厚朴 茯苓 蘇葉 麻黄 杏仁 炙甘草 柴胡 玉金 黄芩 酸棗仁 川芎 知母 白朮

 

鍼灸のツボ:大衝、公孫、内関、太淵

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190510/20190510185900.jpg

【▲柴胡(さいこ):少陽病によく使う生薬。主に肝臓と胆嚢の病気によく使います。】

漢方薬を5日飲んで、咳は治り、血糖値は150~170まで下がった

 

01/07/2014 

患者さんの報告:

血糖値は150~170まで下がった。

咳は治って、喉はまだ詰まる感じがある。頭はぼっとする。

 

脈診:尺脈は触れにくい、脈は細小、少し無力。

 

舌診:舌苔は白、少し分厚くて腫れて大きい。

 

処方箋:前回同様。

鍼灸のツボ:三陰交、地機、陰陵泉、太白。

2週間後、血糖値は130~150まで下がった

 

01/17/2014

患者さんの報告:

血糖値は130~150になった。

咳は治ったけど、まだ喉に痰がある感じ。漢方を飲んだあと少しめまいがするので、自ら飲む量を半分に減らしたら、めまいがするのはなくなった。

 

脈診:細小、沈。

処方箋:前回同様。

 

鍼灸のツボ:列缺、照海、豊隆、太白。

 

▼李哲の説明:列缺、照海で喉に絡む痰を治した鍼灸症例は、以下のものがあります。参考になると幸いです。

www.li-hari.net

1ヶ月後、薬を飲まなくても血糖値が110~130になった

 

02/03/2014

患者さんの報告:

1週間くらい血糖値を下げる薬を飲んでないけど、血糖値はずっと110~130をキープしている。

 

漢方を飲む時は良いけど、飲んでない時は食欲が抑えられない。そして、喉には痰が絡んだ感じがする。漢方を飲むと喉は大丈夫。

 

脈診:右は左より大きい、とても弱い。

舌診:舌苔は白、分厚い、舌は腫れて大きい。

 

処方箋:前回同様。

鍼灸のツボ:前回同様。

李哲の解釈と説明

 

上記の治療例をいろんな角度で分析します。

もっとも大事なのは、なぜ血糖値が高いのか。

 

白髪が増えたのは、腎機能低下の証

 

歳を取ると五臓六腑の機能低下は当たり前です。たとえば、腎臓が弱くなったとき、白髪が増えます。逆にいうと、腎臓を強化すれば黒髪が増える。

 

腎臓を補うのは漢方薬もしくは鍼灸、足つぼ整体でも効果があるので、ぜひ試してください。以下は鍼治療して黒髪が増えたおじいちゃんの例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

爪が割れやすいのは肝臓の問題

 

中医学の理論で、爪は余った血が作り出すものです。

肝者、罢极之本、魂之居也、其華在爪、其充在筋。

出典:『黄帝内経素問・六節蔵象論第九』

 

▼マークした所を直訳すると、肝臓の精華は爪に現れる。

 

爪の状態は、肝機能と密接な関連性があるので、中医学の先生は脈診するとき、爪の状態などよく見ます。爪の色・形がきれいであれば、肝臓の調子が良いことを示す。

 

以前、爪に関する鍼治療例が一つあったので、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

血糖値を下げる薬が、緑内障・腎不全を引き起こす元凶

 

西洋医学は血糖値を下げないと将来的に緑内障、腎不全、足がしびれる・麻痺が生じると言いますけど、医療現場での事実は違います。

 

以下は一つの証明。自分のお父さんが、糖尿病治療薬で徐々に殺されたのを見て、同じ道を歩みたくないから、漢方薬治療に来た男性がいました。ニハイシャ先生の治療例に出ているので、どうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

すべての化学薬品は、体内で解毒されるため、肝臓と腎臓に負担をかけます。つまり、長年使うと肝機能低下、腎機能低下になる。腎機能低下は中医学で「腎虚証」だと言います。

 

www.li-hari.net

 

西洋医学はこの事実を知っているので、長年薬を飲む人は、必ず肝機能・腎機能チェックをします。最初から飲ませなければ良いだけの話ですが。

 

中医学の理論でいうと、肝臓は視力を司る。だから、糖尿病治療薬を長年使うと、最終的には緑内障になります。腎機能低下は言うまでもない、両足のむくみから始め、最終的に薬で腎不全・人工透析になるのは予測できるもの。

 

www.li-hari.net

糖尿病は体に糖分が多いのではなくて、糖分が足りてない

 

西洋医学は血糖値が高いから、糖分が多い食べ物を禁止しています。しかし、患者さんは甘いものを食べたがります。素直な体の反応は間違っているでしょうか?

 

いいえ、体の反応は正しいです。

中医学の理論でいうと、糖分はちゃんと吸収されてなくて、血中にあふれる。臓器には糖分が足りないから、甘いものを欲しがるのです。

 

根本的な解決策は、関連の臓器を強化して糖分をしっかり吸収、血管中に糖分が漏れないようにすること。

 

一つの病気を治すとき、原因がわからないと治せません。また、原因がわからないと、予防もできない。この常識を忘れないで下さい。

 

糖尿病の原因に関しては、ニハイシャ先生の小論文が参考になります。

 

www.li-hari.net

中医学は糖尿病を治す時、脾臓・肝臓・腎臓を同時に治す

 

西洋医学でいうすい臓は、中医学の「脾臓」の範囲に入ります。インスリン分泌が足りないのは、脾臓の強化が必要です。

 

二の次は、どの内臓なのか?

腎臓です。

なぜなら、腎臓は「水」、脾臓は「土」。土は水に勝つので、土に問題が起きた時は、その後必ず「水」の腎臓に悪影響を与えます。だから、腎臓が完全にやられる前に補強工事が必要。これが、いわゆる「未病を治す」意味です。

 

鄭智城先生は、「糖尿病は腎虚証」だと断言しました。以下の記事をご覧ください。

www.li-hari.net

 

鄭智城先生の話は正しいですが、根本的な所が見えてない。1番治療が必要なのは脾臓(すい臓)で、2番が腎臓です。

 

腎臓以外に、ほかの臓器があるのか?

もちろんあります。

 

たとえば、肝臓を強化する必要がある。

肝臓は「木」で「土」を抑えるものです。つまり、肝臓がちゃんと働けば、脾臓(すい臓)も叛乱が起きない。脾臓(すい臓)の機能がおかしくなって、血糖値が高くなった時は、すでに肝臓の制圧力が弱まった事も証明します。

 

つまり、糖尿病を治す時、脾臓・腎臓・肝臓を同時に治さないといけない。

 

中医学と西洋医学は考え方が大幅に違います。その違いを小論文で説明したのがあるので、以下の記事参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

西洋医学の治療で、葬式まで準備している患者VS漢方薬で治った患者

 

糖尿病に関して、西洋医学はいつも自分が正しいと言い張ります。

 

論より証拠。

西洋医学の説が正しいなら、なぜ糖尿病の合併症(腎不全、緑内障、ニューロパチー)になる患者は減ってないでしょうか?

 

なぜ糖尿病患者さんは、死ぬまで薬を飲み続けないといけないでしょうか?死ぬまで薬が必要なのは、「治る」と言えますか?

 

糖尿病は血糖値さえ下がれば、治るものではありません。辛い症状が治ることが前提条件です。患者の自覚症状を治すのが、ちょうど中医学の得意分野。 

 

中医学治療で血糖値はすぐ下がるけど、ほかの諸症状が治るまでは、日にちがかかる場合が多いです。数ヶ月かかるかも知れないので、焦らない気持ちが必要です。

 

上記には糖尿病の治療例をたくさん貼りました。最後に、もう一つ紹介します。西洋医学治療のおかげで葬式まで準備した糖尿病患者と、漢方薬で治った患者の比較があります。

 

www.li-hari.net

 

読んだあとでも西洋薬を選ぶなら、それはあなたの自由なので、幸運を祈るしかありません。

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。