本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鼠径部、太股の痛みは治って再発してない:血尿女性の鍼治療(3/4)

【※本記事は2019-03-30更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事。

主に腰、鼠径部、太股、アキレス腱の痛み・下腹部の腫瘍に関する記録です。

 

 

以前は朝、アキレス腱が硬くて歩けなかったけど、今は少しこわばるだけ 

2018-3-21

彼女の報告:

諸症状は良い。

左の下腹部と左腰の重い痛みは、ほとんどない。

食欲は良い。夜中のトイレは1回。

 

手足の先は、まだ少し冷えていました。

腹診では、へそから左に2寸の天枢あたりから、下にかけて硬結がある。

 

へそ下3寸の関元のところは、強く押しても痛まない。

前は押した時、うっ!となっていたそうです。

 

前より硬結の範囲が狭くなっているので、「続けてお灸をしてください」と教えました。

 


 

2018-3-28

彼女の報告:

左下腹部、左腰、左そけい部は痛くなってない。

 

左のアキレス腱は、また朝方に少しこわばるようになった。

でも、歩けないほどではない。

針に来る前は、アキレス腱が硬くて歩けなかった。

 

彼女が言うのは、最近部屋の塗装作業をして窓を少し締めて寝たら、今日は前額部が痛い。

 

私は彼女に説明しました。

有毒ペンキを吸ったから、頭が痛くなっています。お腹の鍼をすればすぐ治るので大丈夫」

 

以前にもペンキにやられた女性がいました。

ちょっと回数かかりましたが、今みたいに鍼があれば、もっと早く解決したかも知れません。

⇩⇩⇩

li-hari.hatenablog.com

 

風邪の咳を鍼で改善

2018-4-11

彼女の報告:

1週間前から風邪を引いて、「小青竜湯」を3日間飲んだらだいぶ良くなった。今は咳が多いだけで、痰は出ない。今は生姜湯だけ飲んでいるそうです。

 

脈診では、浮緊細。

 

今日はうつ伏せと仰向けで針をする時、1回も咳をしてなかった。これは、鍼が効いていることを証明します。

 

うつ伏せの鍼を取ろうとした時、以前と違う風景を見ました。

彼女の背中は汗いっぱい。

気持ちよくて寝ちゃったそうです。

 

針を置いている間は、寝るのが一番良いです。

鍼の効果が上がりやすいので。

 f:id:li-hari:20181211203635j:plain

 

腰、鼠径部、太股の痛みは再発してない

2018-4-18

彼女の報告:

左の腰、お腹、そけい部、大腿部には痛みが生じてない。

家ではスクワット、歩く運動器など使っている。

 

ただし、私が触ってみる限りまだ足が冷たい方でした。

 

脈診でも左寸脈と関脈が弱いので、心臓と脾臓がまだ弱い。

引き続き、運動が必要です。

 


 

 2018-5-2

彼女の報告:

夜のトイレは1回。

左の腰、お腹、そけい部、大腿部の痛みはない。

便通は毎日あって良好。

 

大人と子供の必要な睡眠時間は違う

2018-5-9

彼女の報告:

昨日は左の腰、お尻の外側が少し違和感があった。夜は7時に寝て夜中の1時に目が覚める。

 

私は彼女に説明しました。

5時間寝て目が覚めるのは正常です。」

 

彼女は気・筋肉が少ない体質です。

人間の睡眠は、体に(バッテリー)チャージするのと同じ。

 

彼女はバッテリーの容量が少ないので、すぐチャージが終わり5時間で目が覚めるのです。

 

年寄りは睡眠が短い。

子供はとても長く寝れるのは、気の多さが違うからです。

 

子供はたくさんチャージが必要なので、時間もかかる。

年寄りはチャージが少ないので、睡眠時間も短い。

 

f:id:li-hari:20181211203633p:plain



彼女の睡眠時間を長くしたいなら、運動で体を強化すること。

漢方・鍼灸も強化する事ができますが、日数がかかります。

 


 
2018-5-23

彼女の報告:

夜のトイレは1回のみ。

5日前に、左の腰とお腹に重い圧迫感があった。それ以外は状況が良好。

 

脈診では右寸脈≧左寸脈。

左寸脈は緩、有力。

完璧ではないけど、良い脈です。

 

以前は寒くて寒くてしょうがなかったけど、今は足が熱くて目が覚める

 

2018-5-30

彼女の報告:

この1週間は調子が良い。

 

鍼が終わってお茶を飲むとき、彼女は話しました。

「去年までは寒くて寒くて、寝るときは電気毛布など使ったけど、今は足が熱くて目が覚めます」

 

私は笑いました。

「そこまで着込まなくて良いですよ。過保護は良くない」

 

彼女は「自分の手足は、以前より暖かくなっていますね?」と質問してきました。

 

私は確信の口で、彼女に教えました。

「前よりずいぶん暖かくなっています」

 

~続く~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com