本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

樹木希林さんの死去ニュースを見て思ったこと、抗がん剤を受けないほうが長生きする。(2018-09-21更新)

こんにちは。李哲です。

樹木希林さんが亡くなったニュースを見ました。

 

以前から樹木希林さんを注目した理由は、全身がんなのに抗がん剤・手術を受けてないから。芸能界では異端児だと言えるでしょう。

 

2004年、乳がんから始まって、2008年には腸、副腎、脊髄に転移、2013年全身癌と宣告されても、元気で仕事もこなしている樹木希林さん、生活の質は元気な時と全く変わらないという。

… 

 

樹木さんは、抗癌剤治療、手術、などは一切受けないことにする。九州の病院USAオンコロジーセンターで四次元ピンポイント放射線治療を受ける。担当医の植松稔先生は「抗癌剤治療のウソ」という本を書いた人である。

 

引用元:樹木希林さんの全身癌 - 癌(がん)専門情報サイト

 

ほかの有名人を例えると、小林麻央さん。2014年の検査で乳がんの疑いがあると言われ、2017年に死去。治療して3年も経たないうちに。

 

がんで手術・抗がん剤を続けた有名人、5年以内で亡くなった方はとても多い。

 

腸閉塞と大腸がんの今井雅之さん、1年くらいで亡くなりました。

胃ガンだと言われる格闘技家・山本キッドさん、1~2年の治療で亡くなりました。

 

なぜ抗がん剤を受けてない人のほうが、生活の質がよくて長生きできるのか?

 

これは考えさせる問題です。

 


 

乳がんの例になりますが、ニハイシャ先生がいうのは、「昔の中国で乳がんは何も治療しなくても14年は生きる。西洋医学の治療で生存期間が14年以上だったら、西洋医学の有効性を認める。」

 

残念なのは、14年以上生きる人はごく稀です。

手術・抗がん剤・放射線治療を続ける人は、10年も生きるのが珍しい。途中で抗がん剤もしくは放射線治療を止めた人のほうが生き残っている。

 

当院で診た乳がん患者さん、抗がん剤・手術・放射線治療を受けなくても10年生きた方は何人もいます。

 

一人の例を上げると、15年前に乳がん摘出術をして、7年前に全身がんになった女性。最終的に癌にはかなわなかったけど、良くなっているかどうかは経過を見れば分かります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 


 

有名人が癌でなくなる度に、「がんは怖い!」「早期発見・早期治療しないとダメだ!」というキャンペーンが始まります。

 

不安と恐怖を煽る西洋医学の宣伝に騙されないで、よく考えてください。

 

抗がん剤・手術・放射線を乳がんのあなたのご主人が受けたら、どうなるでしょうか?

 

癌がない人でも、副作用にやられ苦しみながら、一直線に免疫力・体力が落ちます。

 

癌のあなたが受けて、良くなると思いますか?

 

癌治療に使う漢方薬は、健康な方が飲んでも死んだりしません。

鍼灸のつぼは、健康な人に刺しても体調不良にはならない。

 

健康な人でも、患者さんでも受けられる。こういう医学こそ、普及する価値があるのです。

 

いろいろ話しましたが、簡単にまとめると以下の観点。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

最後に、外部サイト記事を1つ貼ります。西洋医学の考え方としてはよく書いたと思うので、読んでみてください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
bunshun.jp