本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

45歳の高齢出産、漢方薬で順調に赤ちゃんが生まれた例

西洋医学の定義では、「35歳以上の初産婦を高齢出産」だと言うそうです。

高齢出産のリスクは、流産・妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病などが挙げられます。

 

45歳だと超高齢出産で、超ハイリスク妊娠ですよね?

しかし、李宗恩博士の治療例を見ると、すべての問題を漢方薬で解決して無事出産しています。

 

簡潔な治療記録ですが、参考になると思います。

以下からは本文。 

 


 

こんにちは。李哲です。

ニハイシャ先生の弟子、アメリカの中医師:李宗恩博士*1の治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、 

45歲女士順利高齡懷孕生產 – 當張仲景遇上史丹佛

(03/05/2019発表)

 

 

45歳で無事出産を終えた女性

今日はとても嬉しかったです。

一人の患者さんが再診察に来て話したのは、先週順調に出産して、すべてよし。母子とも健康。私はやっと肩の荷が下りました。

 

この女性、45歳です。

ここ数年、彼女はいろんな不調を治療しにきました。

 

1年から彼女は「漢方薬で妊娠を助けてほしい」と希望がありました。夫婦ふたりとも子供がほしいけど、あと数年後には閉経する。今子供を産まなかったら、あとはチャンスがないのです。

 

去年の夏休み、彼女は自然に妊娠できて喜んでいました。

しかし、彼女は45歳になっていて、産婦人科医たちは大敵にでも会ったように、患者さんにいろんな危険性を教えました。

 

胎児の健康問題を含めて、様々なハイリスクも話しました。

 


 

たとえば

  • DNA異常(ダウン症など)
  • 胎児の成長の遅延
  • 流産の確率も高い
  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 妊娠高血圧腎症
  • 早産
  • 逆子
  • 常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)

 

産婦人科医たちは、患者さんにたくさんの検査を受けることをすすめ、またいろんな警告を出しました。たとえば、「予定日の数週間前に帝王切開術したほうがいい」など。

 

妊娠中のすべての体調不良を漢方薬で解決し、産婦人科医が言うのは「ありえない!」

患者さんは、確かにいろんなトラブルに遭いました。

最初はつわりがひどい。嘔吐。心臓の拍動が速すぎる、ゼーゼーハーハーする。

 

その後は、妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病・貧血などの症状が現れました。

 

しかし、彼女は中医学を信じて、ずっと中医学の治療を受けてきました。

私も毎回の状況によって解決方法を考え、軽い漢方薬で患者の血圧・血糖値・心臓の拍動を正常に戻しました。

 

妊娠中のすべての体調不良を解決した漢方薬

妊娠中のすべての体調不良を解決した漢方薬

 

産婦人科医たちは、非常に驚いていました。

高齢出産でたくさんの異常が出たのに、西洋薬を飲まないで正常に戻るのはありえない!

 

妊娠後期になって、産婦人科医たちが心配しているのは「逆子」。

1ヶ月前から、「帝王切開の準備が必要だ」と患者に警告しました。

 

結果的に、患者さんは妊娠39週目に出産し、赤ちゃんは3500グラム、身長52cm、お母さんも体調の回復が良いです。

 


 

去年、患者さんが自然に妊娠したとき、私はとても喜んでこの治療例を書こうとしました。

 

しかし、妊娠はまだはじめの一歩で、今後は流産などの様々なリスクがあります。

一歩一歩進みながら、順調に出産し親子とも無事。

肩の荷が下りたので、記事にしてお祝いする事ができました。

 

李哲の感想:漢方薬・鍼灸は、妊娠中すべてのトラブルを解決できる

漢方薬は医食同源のものが多いので、妊娠中はもちろん、妊娠してなくても食べて大丈夫です。

 

漢方薬の効果は、様々な翻訳文で分かると思います。

以下は結果は書いてないですが、分析が面白い翻訳文。読んだことがない方は、どうぞご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

鍼は薬物注入ではないので、さらに安全であることは理解できるでしょう。

 

実際に、私は臨床で様々な妊婦さんの体調不良を解決してきました。

妊娠中のむくみ、つわり、胃痛、便秘、腰痛、猛烈な痒みに襲われたカンジタ症…

 

鍼で解決できないのがありません。

 

詳しい治療例は、以下のカテゴリーをご覧ください。

マタニティ鍼灸の症例 カテゴリーの記事一覧 

 

妊娠中にもっとも多い逆子の例をあげると、鍼治療は基本的に1~2回で治せます。ほかの腰痛、坐骨神経痛などは言うまでもない。数回の施術で楽になるのが分かるはずです。

 

妊娠中の不調があったら、 近くの鍼灸医に診てもらってください。きっと良い結果になると思います。

 

西洋医学が言い出した高齢出産に関して、以前反論の記事を書いたことがあります。読んだことがない方は、どうぞご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

*1:李宗恩博士のご紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。