本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

抗生物質の乱用の害は想像できません(2018-02-14修正)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180527/20180527123350.jpg

 

こんにちは。李哲です。

中国のネットで、胸がいたいニュースを見ました。

 

統計によると、

中国の1人平均の抗生物質使用量はアメリカの10倍。

毎年、抗生物質で死ぬ人が10万人。

 

北京大学の医薬研究所の教授が言うのには、

抗生物質の乱用で、今の細菌は薬より強くなっています。

薬の刺激で異変して、さらに進化したことですね。

 

いつかスーパー細菌が出たら、

いくら強い抗生物質でも殺せなくなります。


その時は、本当の人類滅亡の日でしょう...

 

台湾では、

ブタにあげる抗生物質が年間500トンもあるそうです。

 

小さな台湾にとって、500トンはすごい数字。

 

アメリカの農畜業に詳しい人たちは、

絶対肉を食べないというのは、本当のことだと思います。

 

日本の農畜業はどうでしょう?

抗生物質など、こっそり使ってないでしょうか?

 

不安です。

 

『黄帝内経』にも書いてますが、『大魚大肉』は控えめに。

(日本語で言うと魚と肉、とにかく幸せそうな贅沢な食事)

そうじゃないと、病気になりやすい身体になるから。

 

こちらの文章はいいので、ぜひ1回目を通してください。

お肉をひかえてみませんか?

 

関連記事:

li-hari.hatenablog.com