本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

首から肩にかけての痛み(頚腕症候群?)を鍼、グァーサで改善した例

こんにちは。李哲です。

首から肩にかけての痛みを、「頚腕症候群」だと言われる方が多いです。

 

鍼・グァーサなどの自然療法でも良くなるので、手術・西洋薬を使いたくない方は、以下の治療例が参考になると思います。

 


 

一人の女性。

主訴は首が左に曲がらない。

曲げると首から肩にかけて痛い。

その影響で左肩を回すのも辛いそうです。

 

当時刺したツボは、後谿、天柱、だいちゅう(骨会)、肩井など。

仰向けになった時に、回してもらったらだいぶ良いけど、まだ痛みが残っているそうです。

 

仰向けで、もう少し強化するツボを刺しました。

鍼が終わって確認してみたら、まだ少し首肩の付け根が痛い。

 

肩を押してみたら、ガチガチ固まっていました。

上から強く押しても痛みがない。

 

これは1回の鍼で治らないわけです。

肩のこりを潰すように上から押したのに、無反応!?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180523/20180523153425.jpg

 

今度はグァーサをやりました。

左の首肩は赤黒くなり、右はまだマシ。

 

帰る時に彼女が言うのは、

「だいぶ良いです。体重まで軽くなった感じです。」

 

こんなに硬いのは、冷えが主な原因。

血の巡りが悪すぎて、固まっている。

完全に解決するのには、数回かかるかも知れません。 

 

1回で完璧には治ってないので、次回来たときに鍼治療が必要ですね。

 


 

余談ですが、彼女の鍼治療中に笑っちゃう事がありました。

 

左の足三里を刺して少し回したら、お腹がギュルギュルと鳴り。

今度右を刺したら、またギュルギュルと鳴りました。

 

私「お腹が空いたですか?」

彼女「いいえ、まだ空いてないです。」

 

私が頭を抱えてたら、彼女が説明してました。

「足に鍼をしたからだと思いますよ。私いつも鍼するとすぐ反応するので。」

 

なるほど!

ただ、こんなに早く反応するとは想像もしてなかったです。

 

ニハイシャ先生の鍼灸を習うとき、「足三里を刺した瞬間に胃痛が消える」と習いました。臨床では1回だけ検証したことがありますが、ニハイシャ先生が言ったとおり。以下がその検証した記事です。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 


 

もう一人の女性も、彼女と似ている体質で経絡が敏感でした。

足三里を刺して少し回して響くと、すぐお腹がギュルギュル音がします。ほかのツボは、ここまで音がしない。

 

ツボは本当に不思議なものですね。

 

首肩の痛み、もしくは手がしびれるなどの症状は、数回の鍼治療で良くなります。以下は以前の一つの鍼治療例。参考になると幸いです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com