本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

めまい・気持ち悪い原因は、果物の食べ過ぎだった【漢方薬治療例】

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生の翻訳文。

めまい・気持ち悪いのを漢方薬で治した例です。

 

中国語本文のリンク先は 

吃水果吃出来的祸:麻黄附子细辛汤应用几例(三)_郑智城

(2012-06-03 03:12発表)

 

 

果物を食べすぎてめまい・気持ち悪い症状が出た

この前、中国の仲いい友人が病気になりました。

電話してきてお願いされたけど、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)で解決しました。以下はその物語。

 

この友人はすでに退職した人で、体は痩せ型。

前回、私が帰ったとき脈診をしたけど、非常に脈が弱くて便通も悪かったです。

 

今の中国人は金持ちが多いです。

彼女も金持ち。

 

退職後はずっと旅行に出かけて、今度はスペインに行ったそうです。 

スペインに行ってから、ご当地の果物がとても安いくて、たくさん食べました。1日で何個も食べる、最高レベルは1日で5個。

 

結果、帰国後は問題が起きました。

症状はめまい、気持ち悪い、全身のむくみ。

 

彼女は電話してきて、私のお父さんに詳しい症状を話しました。

私のお父さんは、また私と相談したのです。

 

私は彼女の体質など考えて、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)をすすめました。2日分。

 

f:id:li-hari:20180506135442j:plain

細辛(さいしん)の画像

 

2日の漢方薬ですぐ治り

漢方薬を2日飲んで、彼女から報告がありました。

効果はとても良い。

全身のむくみはだいぶ消えて、少しだけ残っている。

ほかに、風邪みたいな症状が現れた。寒がり、鼻水とくしゃみが出る。

 

私が思ったのは、熱い生薬で体内の寒気が追い出された症状。続けて麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を飲む必要があります。そして、もう2日分を追加。

 

首こりは1日の漢方薬で治った

2日後、風邪の症状と全身のむくみは治ったけど、一つ問題が生じました。

首がしめつけられる感じで辛い。

 

私のお父さんは、桂枝湯加葛根を処方しました。

中の桂枝は量がとても多かったです。

この症状も、1日飲んだだけで治りました。

汗だく、寝違いを1日の漢方薬で治した

しかし、彼女は2日分を買って、残りがもったいないから全部飲みきって、その後から寝違いしたみたいな症状が現れたのです。

 

同時にある症状は、少し動くと汗だく。

これは葛根を食べ過ぎたのが原因です。

 

漢方薬がもったいないと思って、飲み過ぎるのはダメです。

1日で治るなら、2日目は飲んではいけない。

 

私のお父さんの処方は、黄耆、竜骨、牡蛎(かきのから)、浮小麦など。

中の黄耆は量が多かったです。

 

たくさんの漢方医の処方は、全部10gで量が少ないですね。

なぜ10gだけなのか、私は分かりません。

 

汗だくになる症状も、1日で治りました。

 

f:id:li-hari:20180501135905j:plain

黄耆(おうぎ)の画像

寒がり、陽気が少ない人は、果物を少なめに食べたほうが良い  

治療している間、彼女は毎日電話で報告したのですが、この処方箋のあとなんの連絡もなかったです。

 

私たちは心配で、わざと電話して確認してみたけど、彼女は最後の処方を飲んでからすべて良い。

 

彼女のお母さんは、以前の記事に書いた人。山芋の朝ご飯を食べて急性病気になり、橘皮湯(きっぴとう)で解決した人です。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

親子の経歴から見ると分かりますが、体質的に陽気が少ない人は、冷える食べ物を食べすぎてはいけません。

 

たとえば野菜・果物。 

たくさん食べると、かならず問題が起きます。

李哲の感想

果物は酵素があるからと言って、たくさん取るやり方もあるみたいです。

 

中医学では、果物をたくさん食べるのは、オススメしません。

鄭先生が話したように、陽気が少ない人はたくさん食べると体内が冷えるからです。

 

米、小麦などの穀類。

年寄りが食べても消化しやすいのがオススメです。

 

野菜は生だと消化するために、体のエネルギーを使う(気を使う)ので、陽気が少ない・寒がりの人は余計にエネルギー消耗します。体に良いとはいえないのです。

 

過去記事で詳しく討論しているので、読んだことがない方どうぞご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

漢方薬は「薬」なので、食べ物と違います。

病気がある時は、漢方薬で治療。

普段は一般的な料理で良い。

 

漢方薬が効くから、残りがもったいなくて全部飲み切ると、ほかのトラブルが起きます。

 

中医学はバランスをとる医学なので、正常範囲に戻すためには、性質が極端の物が多いです。

 

正常に戻ったのに、また極端のものを飲むと、トラブルが起きるのは当たり前。幸いにも、漢方薬はまた行き過ぎたのを呼び戻す方法があります。

 

ここまで見れば分かりますが、漢方薬は西洋薬と違います。

漢方薬の量が多すぎて行き過ぎた場合、また漢方薬で戻せるけど、西洋薬はできない。

 

鎮痛剤飲みすぎて鎮痛剤依存症になった。

抗がん剤で激しい嘔吐、気持ち悪くなった。

 

この時、西洋医学は解決策がありますか?

 

なにか体調不良があったら、漢方薬・鍼灸治療を受けてください。