本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鍼した後、いつも靴がゆるゆるになる。

こんにちは。李哲です。

今日は私の簡単な鍼治療例。

 

一人の女性。

特に調子が悪くなければ、だいたい1ヶ月に1回くる方です。

 

メンテナンスと言うか、その時その時にある症状をまとめて治療するような感じ。

 

この前来た時、面白い感想がありました。

暑いから冷たいものを取りすぎたのか、お腹がボチャボチャしやすい。体に水がたまる感じがする。

 

鍼をしたのは水分、水道、陰陵泉、地機、三陰交など。

帰るとき、彼女が言うのは「いつも鍼をして帰るとき、靴がゆるゆるになります。」 

 

鍼を置いている間、彼女は大量に汗をかいてない。鍼した後にトイレも行ってない。なのに、むくみが消えている。

 

この現象は以前の記事でも、討論したことがあります。 

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

三陰交、地機、陰陵泉のむくみが取れるのは、脾経のツボであること。

 

陰陽五行論では、水が氾濫する時に土を強化すれば定める。

むくみは水、

土は脾胃です。

 

簡単なツボセットですが、いろんな病気で効果があります。

むくみ以外に例えば腹水、尿が出ない(尿閉)、尿の出が悪いなど。

 

鍼だと一番効果が良いですが、セルフマッサージも効果的なので自宅もしくは会社で、やってみてください。

 

ツボの簡易図は以下のとおり。

陰陵泉、地機、三陰交が重点的に押す場所。

f:id:li-hari:20180706165004p:plain

みんなスネのすぐ内側にあるので、間違わないでください。

押すとしびれるような、痛気持ちいい場所があるはずです。

 

そのコリをほぐしながら、まんべんなく何回か繰り返して押せば、むくみなども消えて足がすごい軽くなり暖かくなります。

 

注意点:

乳製品(牛乳・チーズ・バターを含み)、チョコレート、お菓子、ケーキなど食べながらマッサージしても無駄です。足がまたむくむから。

 

食べ物に気をつけるのが、もっとも重要なこと。

足マッサージしなくても、食べ物にさえ気をつければ、むくまなくなります。

 

臨床でみると、食事に気をつけている人は、むくみなど消えるのも早いです。だいたい2~3回で足が細くなるのが分かる。

 

しかし、食事に気をつけない。

歩く時間すら少ない人は、こんな早い変化は出ません。

 

私は食事が乱れる方によく言います。

「鍼はせいぜい週1回です。しかし、食事は毎日3回。

食事のほうが回数が圧倒的に多いので、間違った食べ物だと悪影響が強いです。

 

普段から食べ物に気をつければ、鍼の効果ももっと長く持ちます。」