本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

巻きつめを治した鍼治療例で、巻きつめの原因「肝血虚」を説明します

こんにちは。李哲です。

巻き爪で困っている女性は多いと患者さんから聞きました。

 

エステに長く通ってネイル塗ったり、ワイヤーで固定したりするけど治らない原因は、根本的なところを解決してないからです。

 

中医学の理論で言うと、爪は肝臓と関係しています

つまり、爪をきれいにするためには、肝臓を治す必要がある。

 

「血液検査では肝臓の値が良いと言われましたが…」

それは西洋医学の診断で、中医学の診断ではありません。中医学は独自の生理学・診断基準があるので、病院の検査とはまったく違います。

 

今日は巻き爪を「偶然」に治した鍼治療例で、巻き爪の原因「肝血虚」について説明しました。

 

巻き爪で困っている女性に、役に立つ情報になると幸いです。

 

持病治療のついでに、巻き爪が治った女性

 

2019年8月31日。

一人の女性から以下の感想を聞きました。 

「巻きつめがきれいになりましたね~と、エステの人に言われました。以前は爪がひどかったから。」

 

私は彼女の持病ばかり考えて、巻き爪なんか気づいてもなかったです。治療のついでに巻き爪まで治って、予想外の効果で聞いた私も嬉しかったです。

 

ついでに治った例はたくさんありました。2つの例だけあげます。

 

▼足ツボで「偶然」に夢遊病が治った例。

www.li-hari.net

 

▼口臭がついでに治った例。

www.li-hari.net

 

巻き爪の最も大きな原因は、「肝血虚」

 

なぜ治ったかは、以下で説明しようと思います。 


巻きつめの原因は主に2つ。

  1. 外部原因:ハイヒールなどの靴、長期的に足を圧迫して爪が変形する可能性がある。
  2. 内部原因:「肝血虚」。

外部原因の場合は、靴を変えれば自然に良くなります。このケースはあくまでも少人数。最も多いのは内部原因。

 

これはあなたが、自分一人で解決できるものではない。治療してくれる人が必要です。漢方薬もしくは鍼灸治療がオススメ。

 

鍼治療で、ついでに治った巻き爪

鍼治療で、ついでに治った巻き爪

「肝血虚」(肝臓の血が足りない)は、2つの意味がある

 

以下では、内部原因:「肝血虚」を詳しく説明します。

文字とおり、肝臓の血が足りない意味で、2つのパタンがあります。

 

一つ目。

全体的に血が足りない。

西洋医学の血液検査で貧血だと言われるときが、このパタンです。

 

二つ目。

全体的の血は足りるけど、悪い血が多いので、良い血が相対的に少ない。この場合も血虚症に属します。悪い血というのは、止まっている瘀血(おけつ)、回っているけど毒素が多くて体に使用されてない血を含みます。

 

この場合、血液検査では正常だと言われるかも知れません。

しかし、患者さんには自覚症状として現れています。例えば倦怠感、視力低下、ぼやけて見える、食後にすごい眠くなる、立ちくらみ、軽い動悸がして心臓の音が聞こえる…などなど。

 

貧血は血液検査で判断するのではなくて、患者さんの自覚症状で判断すべきです。

 

当院には貧血だと知っているのに、血液検査で血を抜かれたと怒っている女性がいましたね。

 

www.li-hari.net

 

爪の色、形の状態は肝臓と関連している

 

肝臓は、なぜ爪と関連しているのか? 

先に、中医学古典の『黄帝内経』の文章をご覧ください。

 

肝者、罢極之本、魂之居也、其華在爪

引用元: 『素問・六節藏象論』

 

『黄帝内経・素問』で言うのは、肝臓の良い栄養(血)が外に現れる所が爪です。

 

つまり、肝臓の状態が良ければ爪もきれい。

肝臓の栄養(血)が悪いと、爪の色が変わったり、爪が割れたり巻き爪になったりします。

 

臨床の例をあげると、肝炎・肝硬変・肝臓がんの爪は必ず色・形が異常です。

周りに患者さんがいたら、爪を見れば私の話がわかります。

 

肝臓の血を減らさない、肝臓を守る行動

 

爪が肝機能と密接な関連性があるので、もちろん肝臓を守るのが爪を守る唯一無二の方法です。

 

肝臓を悪くさせるのは、どんなものがあるのか?いくつの原因を述べます。

 

  1. 病院の薬
  2. 覚醒剤、ヘロインなどの麻薬
  3. サプリメント
  4. よく夜ふかしする
  5. 仕事の過労
  6. お酒を飲みすぎる
  7. イライラ、怒るのが多すぎ
  8. パソコン、スマホ、テレビなどの画面を見すぎ

肝臓を守るなら、以上の7つのことをしなければ良いです。

 

病院の薬とサプリメントの外に関して、ニハイシャ先生は以下の記事でも痛烈に批判しました。どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

鍼灸治療はトータルケア、良くなる時はみんな一緒によくなる

 

上記の女性は、なにで治したのか?

太衝、三陰交、血海を刺したのが、カギだったと思います。

 

数回刺して、ほかの諸症状が改善しただけではなくて、言わなかった巻き爪まで治りました。

 

これが鍼灸治療の良いところ。

良くなるときは、いろんな所が一緒に良くなる。

なぜなら、中医学はマルチパスの医学で、AはBとつながる以外にC、D、F、G…ともつながっているからです。

 

以下はニハイシャ先生の漢方薬治療例、様々な症状がみんな一緒に良くなりました。どうぞ参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

西洋医学のトータルケア?

うん~

1つの薬でいろんな症状が良くなるのは、聞いたことがありません。

 

言葉が悪いけど、あれこれ病気が増えて、早死にならなければバンザイだと喜んで良いです。

 

アメリカで様々な重病人を治したニハイシャ先生は、西洋医学の治療で悪化した患者さんをたくさん見てきました。だから、ニハイシャ先生は先に中医学の治療を受けて!と勧めています。

 

以下は一つの悪化させた例、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

巻き爪の治療には漢方薬・鍼灸がオススメ

 

巻き爪は治すのに難しくありません。

上記の2つの原因を解決すれば治ります。

 

  • 窮屈な靴を履かない。
  • 肝臓の血が足りなかったら、漢方薬もしくは鍼灸治療で治せます。

 

エステサロンでワイヤーで固定する外部からのやり方では、ある程度の効果があるけど、根本的な解決にはなりません。 

 

鍼治療は1~3ヶ月の時間がかかるかも知れないけど、根本的な治療なので、治った後はワイヤーを付ける必要もないし、鍼治療に通い続ける必要もありません。

 

以前、体から爪が生える謎の病気に関して、記事を書いたことがありました。爪に関する知識として、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

以下は全部爪の色、形などが異常である患者さんの治療例です。どうぞご覧ください。