本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

子宮内膜症の痛みは、三陰交をよく揉むだけで緩和できる!

【※本記事は2019-05-21更新しました】

 

 

子宮関連の病名は山ほどあるけど、源は一つかも知れない

 

こんにちは。李哲です。

 少し前に来た女性の話です。

 

彼女のつらいところはいろいろありますが、

今日話したいのは子宮内膜症です。

 

女性の子宮に関する病名は多いです。

 

子宮筋膜症。子宮蓄膿症。子宮内膜症。子宮筋層(実質)炎。子宮下垂、子宮脱。子宮頸管炎。子宮頸管ポリープ。子宮筋腫。子宮破裂。子宮発育不全症。子宮付属器炎。子宮肉腫。子宮内反症。子宮内胎児発育遅延。子宮腟部びらん。子宮体がん。子宮後転症(子宮後傾後屈症)。子宮頸がん。子宮の奇形。子宮肉腫。子宮頸管裂傷。

 

GOOヘルスケアで見た病名は21個。

すごい発明です~

またあるかも知れませんが、面倒なので検索もしません。(一笑)

 

ここで、皆さんに分かってほしいのがあります。

 

病名はいろいろあっても、原因は一つかも知れません。

 

例え話ですが、

コンピュータは0と1を元にして、全てのデータを処理します。

 

つまり、0と1で全ての情報をあらわす。

なにか問題がある時は、0或は1の問題です。

 

病名にこだわる必要はない。

こだわると、むしろ原因が分からなくなります。

 

子宮内膜症の痛みの原因は「冷え」 

 

彼女の一つの心配は子宮内膜症。

 

でも、私から見ると、

彼女の手足が冷たいのが原因で、お腹の痛みなどの問題が起きています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180319/20180319222931.jpg 

 

子宮内膜症などの病名はどうでもいい。

手足が温かくなり、睡眠の質がよくなれば、子宮のいろんな問題も自然に解決できます。

 

なぜかと言うと、心臓は子宮の親だから。

親を解決すれば、子供も自然によくなるはず。

 

足つぼ.整体で手足が温かくなるのは簡単です。

しばらく続けてやれば。

 

もちろん、大好きな甘いものと控えないとダメですよ(一笑)

 

子宮内膜症がひどいほど、三陰交の痛みは強い

 

彼女の場合、

足の内側:三陰交穴 飛び上がるほど痛がってました。

つまっているのが分かるくらい腫れてました。

 

もし、彼女がこのまま2ヶ月続いて、腫れているのがなくなったら、子宮内膜症の諸症状もなくなるはずです。

 

残念なのは、家が遠いから表参道まではしょっちゅう来れない。追跡ができないです。

 

三陰交穴 は、婦人科の全ての病気を治す大事なつぼ。

これ一つだけで、全ての病気に効きます。

 

三陰交穴はお灸もオススメなので、以下の記事を見れば分かります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

もし、生理とか子宮関連の病気で悩む女性がいたら、

お風呂とかで自分で2~3ヶ月もんで見てください。

 

信じられないくらい効果が出ると思います。

 

ほかの所も補強したいなら、

足太陰脾経の地機、陰陵泉もよくもんだほうがいいですね。