本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

寝汗の原因は「心陰虚」。寝汗がすごい男性、鍼一回で治った例で説明します。

こんにちは、李哲です。

西洋医学で、寝汗の原因は強いストレスだと言います。

 

またまたストレスですね…頭痛も不眠症も胃痛も…何でもかんでもストレスだったら、医学の存在する意味は?解剖学・病理学を勉強するより、悩み相談の先生になったほうが良いじゃないですか?

 

中医学の専門用語で解釈すると、寝汗の原因は「心陰虚」です。ちょうど良い鍼治療例があったので、なぜ鍼で寝汗がすごい症状を治せるのかも説明します。 

 

寝汗がすごい男性、鍼1回で治った

 

30代の男性。

メンテナンスのため、毎週鍼治療に通っています。前回も彼の記事を書いたことがあるので参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

今回は面白い症状が出ました。天気が寒くなったのにも関わらず、2日間寝汗でびっしょりになるそうです。

 

ちょっと話を聞いてから、私はすぐ原因が分かりました。心臓にまた問題が出たのです。治療のツボは、心経の陰郗穴(瀉法)1つのみ。めちゃくちゃ響いたそうです。

 

一週間後、彼に来て話したのは、「寝汗はもう治りました。

なので、今回はめちゃくちゃ響くツボも要らなかったです。

 

寝汗がすごいのは、陰郄穴で治せる

寝汗がすごいのは、陰郄穴で治せる

すごい寝汗が1回で治ったのは稀な例。

誰でも一回て治るとは限らないので、ご理解おねがいします。

 

彼の寝汗が一回で治ったのは、普段からコーヒー・サプリなど含む当院の禁止物を食べてないし、毎週メンテナンスのために通っていたのが原因です。あと、なにか健康面でトラブルが起きたとき、すぐ治療に来るから治りも速いのです。

寝汗の原因は「心陰虚」 

 

黄帝内経』に書いたのは、汗は心臓がコントロールするもの異常に汗をかく、もしくは全く汗をかかないのは、心臓に問題があることを示します。以下は古文の引用。

 

五液:心主汗,肝主泣,肺主涕,肾主唾,脾主涎,此五液所出也。

出典先:『黄帝内経・霊柩・九針論第七八篇』

 


 

中医学で寝汗の原因は「心陰虚」だと言ったけど、もう少し詳しく述べます。

 

心臓には陰と陽があります。

  • 心臓の陰は、主に心臓の血管を回っている血液と水分。
  • 心臓の陽は、心臓の噴出力。心臓の摩擦で生み出した熱も陽に属します。
  • 心臓の陰は、陽を格納する物質。

 

心臓の陰が足りないと、相対的に心臓の陽が多くなるので、体内は熱くなり汗をかく。

 

日中は「衛気」というものが外側を巡回しているので、日中汗をかくかかかないかは、心臓よりも「衛気」のほうが決定権があります。夜になると、「衛気」はほぼスタンバイ状態になるので、体内の陽が相対的に多いと汗をかきやすい。つまり、寝汗の症状が起きます。

心陰虚を引き起こす原因は2つ(1位は病院の薬。2位は心労)

 

病院の薬の副作用で、心疾患になった患者さんはたくさんいます。ニハイシャ先生の治療例を2つあげますので、参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

臨床での例をもう一つあげると、抗がん剤を受けたあと、寝汗をかく症状が増える。西洋医学の先生に対して、寝汗をかくのはどうでもいいけど、中医学では心臓がダメになったサイン・予兆。

 


 

悪名高い抗がん剤はあとにして、私が話したいのは、2位の心労です。

文字とおり、心の苦労。

簡略してストレスだとも言えます。

 

中医学理論で、心臓は血液を送るポンプだけではありません。心臓はまた思考・記憶機能があります。西洋医学では思考・記憶を司るのが脳だと言うけど、中医学理論では脳以外に心臓も関連しています。

 

▼参考になる外部サイト。

jbucm.exblog.jp

 

心臓が思考・記憶を司ると言ったら、鼻で笑われるかも知れませんが、証拠はたくさんあります。一番の症状は、心臓移植手術後に性格・考え方・嗜好が変わること。

 

▼参考になる外部サイト。

www.kango-roo.com

 

心臓が思考・記憶の働きを果たすため、物資的な土台が必要です。土台になるのは、心臓の陰(血液・水分など)。

 

考えすぎ・悩みすぎると心臓の陰を大量に消耗するので、結果的には心陰虚になる。もし補うのが間に合わなかったら、心陰虚が進んで寝汗をかくようになります。

 


 

現代社会にいて、悩みと考えるのが多いのは理解できます。ただし、クヨクヨ悩みすぎるのはダメ。冷酷な言葉かも知れませんが、あなたが考えても悩んでも、物事は変わりません。

 

くるものは来るし、起きることは起きます。

ほっといて自然に任せる気持ちも必要。

 

  • 病院の薬を飲まない。
  • 過度なストレスを避ける。

以上の2点を守れば、心陰虚が避けられて、寝汗をかく症状にもなりません。徹底的に心臓を守りたい方は、ニハイシャ先生の小論文をご覧ください。

 

www.li-hari.net

寝汗を治すのは、「陰郄穴」一つで足りる 

 

陰郗穴(瀉法)で寝汗を治せるのは、古代の鍼灸医たちがすでに解決しました。以下は古文の引用。

「一泻阴郄,止盗汗」

出典先:『鍼灸大成・标幽赋』

李哲説明:「盗汗」は中国語で、日本語に直訳すると寝汗です。

 

陰郄(いんげき)一つ、瀉法を行うだけで寝汗が治ると書いてあります。

 

ツボ1つで寝汗が治る。

治療代7千円。

 

鍼2本で7千円?!

治療費が高いと文句をつける方もいるでしょう。

そんな方に、質問があります。

病院に行って寝汗が治りますか?また、病院は保険が効かなかったら、治療費がいくらになるでしょう?

 


 

寝汗は難しい症状ではありません。

普段から病院の薬を飲まない人は、心臓がダメージを受けたのが少ないので、わりと治しやすいです。しかし、病院の薬を何年も飲んでから、寝汗の症状が現れた方は、簡単に治りません。

 

なぜなら、鍼灸医はあなたの心臓を治すだけではなくて、化学薬品の毒素を排出しないといけないからです。

 

~終わり~