本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

妊婦のお腹が張るのが、漢方薬を飲んで30秒で緩和

こんにちは。李哲です。

今日は臨床で聞いたのを皆さんに紹介します。

 

一人の妊婦。

過労が原因だったのか、お腹が重くなり、お腹が張って辛かった。ちょうど家に当帰芍薬散があって、妊婦の腹痛に良いのを知っていたので、1包飲んでみたそうです。

 

そしたら、飲んで1分も経たないうちに、いや!30秒くらいでお腹が張るのが緩和しました。翌朝にもう一包飲んで完治。

 

彼女が言うのは、「針を刺した瞬間に痛みが減るし、漢方薬も飲んだ瞬間に、体が楽になるかどうかが分かります。」  

 

f:id:li-hari:20180910154216j:plain

当帰芍薬散に入っている一つの生薬:澤瀉(たくしゃ)の画像。

 


 

みんなびっくりするかも知れません。

飲み込んで30秒で効くってありえる?

 

確かに一般的には考えられません。

西洋医学の理論では、口から胃まで届くのは最低でも60秒かかります30秒だと胃まで届いてもない。

 

なのに、なんで効果が出たのか?

 

化学成分のなど、目に見えるものしか信じない現代人にとって、ちょっと理解しにくいかも知れません。以下では私の解釈をしてみたいと思います。

 


 

漢方薬を含むすべての自然なものには、「気と味」2種類の情報があります。

気と言うのは、臭い・酸っぱいなどの香り。これは口に入れなくても、鼻ですぐ分かるものです。気は中医学で『陽』に属します。

 

例を挙げるとお酒。

香りが強いお酒は、気(陽)が強い。

香りが弱いお酒は、気(陽)が少ないと言います。

 

ちなみに、中国の最高級品のお酒は、みんな香りがすごくて二日酔いなどにならないです。

 

生薬の例を挙げると、よく使われている生薬の芍薬。袋を開けた瞬間に酸っぱい匂いが鼻を刺激します。

 

味というのは、実際に噛んで食べた時の感覚。これは西洋医学でいう、有効成分に似ている。味は中医学で『陰』に属します。

 

生薬を例えると、生姜は食べると辛い、熱くなる。味辛と言います。

 


 

西洋薬は自然なものではないので、「気」がありません

ほとんど有効成分で効果を果たしています。つまり、消化系に入って肝臓を経過してから、血液循環に入り効果を出すのです。

 

しかし、中医学の漢方薬は有効成分以外に、治療効果を出す香り・匂い(気)があるので、胃に届いてなくても効き目が出る。

 

一瞬で効果が出るか出ないかは、皆さんの生まれつき体質にもよります。

経絡が敏感な方は、すぐ反応が出る。経絡が鈍い方は、遅めに反応が出ます。

 

『黄帝内経』には『覆杯而癒』の言葉があります。その意味は、漢方薬を飲んで容器をひっくり返す時間で治る。

 

昔、私は読んで「アハハ、昔の人も誇大表示しているな!」と思いました。しかし、今は何回も自分の目で見たので、本当の事だと分かります。

 


 

最近の例だと、自分の風邪を治したこと。

小青竜湯の威力には感服です。飲んで5分も経たないうちに、鼻つまりが変わってました。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

漢方薬は1年飲まないと効果が分からない。

この発言は正しくありません。

 

体に合っている処方であれば、1週間でも効果が分かる。風邪みたいな簡単な症状は、飲んですぐ効果が分かります。

 

効果がないのは処方が間違えたか、もしくは生薬がニセモノ。