本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

妊婦中の過食症で、ストレスがたまるのを治した例

こんにちは。李哲です。

妊婦の過食症は何が原因なのか?今日は一つの治療例で分析します。

 

一人の妊婦、30代、妊娠7ヶ月。

頻繁に針を受けていましたが、いつも腰痛・むくみ・坐骨神経痛などの大したことない症状でした。

 

腎兪に鍼すると腰痛がなくなり、翌日にはめちゃくちゃ元気で昼寝もしなくて済むそうです。

 

今回の主訴は、むくみが気になる。

この前は腎兪に鍼したばかりなので、今日は避けようと思いました。刺したのは足三里、陰陵泉。2箇所のみ。

 

足三里は胃腸にとても良い。

陰陵泉は脾臓と腎臓に良くて、特にむくみがに効果的です。

 

陰陵泉は刺してあまり回してないのに、めちゃくちゃ響いたというか、ふくらはぎの筋がつった感じだと言ってました。針を取った後も、しばらく変な感じだったけど、翌日には全部消えました。

 

面白かったのは彼女の感想。

「そろそろ妊娠後期に入るので、体重管理が厳しくなりました。なのに、今は食欲が良すぎて困っています。食べないとイライラするし、食べると体重が増え続けるから、食欲を抑えるのが日常生活で最大のストレスでした。

 

f:id:li-hari:20181208200844j:plain

 

足三里と陰陵泉に針をしたせいか、翌日には食欲がそこまでないです。普通にお腹いっぱいになって、もっと食べたい!もっと食べたい!という気持ちがなくなりました。

 

わお!

これは初耳。

足三里は食欲亢進の作用があるけど、食欲を抑える作用もある?

 

確かにツボは神経の亢進もしくは低下、両極端の作用があるけど、足三里で食欲を抑えるのはまだ初耳です。

 

私が思うのは、足三里ではなくて陰陵泉が効いている

陰陵泉は脾臓と腎臓、両方の臓器を治せるので糖尿病にとても良いです。

 

糖尿病の一つの特徴は、

●お腹がすぐ空く

●食べる量が多い(大食い・過食症)

●食べたい気持ちが強すぎる

 

中医学の理論でいう過食症の原因は、「胃火」が強い。西洋医学の言葉を借りると、胃の動きが多すぎ、早すぎて胃が空っぽになるからまた食べたくなる。

 

「胃火」・胃に熱がこもるのは、食べ物が滞在する時間が長くて、胃袋の中で腐って熱を生じた。もしくは、ほかの臓器の圧迫で胃袋が小さくなり、熱を生じやすくなっている。

 

治療としては、胃の動く速度・胃の温度を正常にしないといけない。これは漢方薬も鍼灸も解決ができます。

 

先月の翻訳文には、肥満症で食欲が異常に強すぎるのを漢方薬で治した例があるので、参考にしてください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

彼女は病院の血液検査で、糖尿病だと言われてないそうです。中医学の理論で判断すると、糖尿病に近い症状ですが。

 

彼女は本当に妊娠糖尿病だったのか? 

分かりません。 

 

食欲が異常に大きい、過食症で食べられないとイライラする。

治療後、異常な食欲がなくなり、食べられないとイライラするのが消えた。

 

この結果で良いでしょう?

糖尿病という病名で、患者さんを心配させる必要がありますか?

 

西洋医学は糖尿病という病名を発明していますが、糖尿病を治していますか?治せないから死ぬまで血糖値をコントロールするでしょう?

 

西洋医学は検査した値を治すのに対して、中医学は患者さんの自覚症状を治す事に専念しています。

 

どちらが納得できるかは、皆さんのご自由。