本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

禁錮された魂:治療不可能な小児高次脳機能障害、発達障害を漢方薬で改善し、てんかんが治り笑いが増えて、周りの物に関心を持つようになった

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の記事を翻訳しました。

 

先天性脳障害、発達障害は現代医学にとって、治療が不可能の病です。

しかし、李宗恩博士の3年間の努力で、完治はしてないけど、子供は様々な面で改善が見られました。

 

具体的にいうと「てんかん」が治って、笑うのが増え、周りのものに関心を持つようになり、コミュニケーション能力が増えました。

 

完治だとは言えませんが、0から1にするだけで、すごい進歩ではないでしょうか?

 

この翻訳文、不幸にも先天性脳障害になった子供たちに、少しでも希望が見える情報になると幸いです。

 

中国語本文のリンク先は、

被囚禁在身軀裡的靈魂 – 當張仲景遇上史丹佛

(2019.6.28 発表)

治療不可能な小児高次脳機能障害、発達障害、3年間の漢方薬で諸症状を改善した

 

まえがき

これは悲劇のストーリーです。

私ができるのは、悲劇の中に少しでも喜びを入れること

でも、悲劇の本質を変えることはできません…

 

3年前、世の中には治療法がないという認識を踏まえ、医師の良心とあまりの憐憫で、私は台湾の患者さんを治療する事にしました。

 

2016年、台湾の「漢唐経方論壇」で、私はこの治療例を話しました。

もうすでに3年経っています。

 

7月には、3回目の「漢唐経方論壇」が開幕します。

新しい治療例を公表する以外に、この患者さんの近況を皆さんにお知らせする必要があると思いました。

 

重症の患者さんは、長期的な追跡記録も大事です。

 

患者の長期的な追跡記録が大事

先天性脳障害で、さらに生まれてから「抗てんかん薬」で脳の発育不全が起きた子供

 

この患者さんは、子供です。

なぜか、神さまは非常にかわいそうな運命を与えました。

 

胎児の段階ですでに問題があり、血液検査の時、神経管障害の指数が高すぎると言われました。エコー検査で分かるのは胎児の頭が小さすぎ、頭の形が奇形。病院の先生は心臓の異常で、脳の発達障害が起きたと判断しています。

 

子供は生まれてすぐ、大動脈縮窄症の手術を受けて、産後10ヶ月目から「てんかん」が起きました。そして、手足、聴覚、視力など様々な面での発育不全が起きました。

 

台湾大学病院は、大量の抗てんかん剤を処方。

トピラマート(Topamax)クロバザム(Frisium)サブリル(Sabril)イーケプラ(Keppra)など。そして、「死ぬまで飲まないといけない」と言いました。

 

しかし、抗てんかん剤は役に立つところか、逆に脳の発育を抑制!

 

同時に、子供にはひどい不安障害が起きて、原因不明で大泣して大暴れ、奇声を出してなかなか落ち着きません。

 

脳の発育不全を起こす抗てんかん薬

 

子供のひどい諸症状は、「悲劇」2文字でしか表現できない

 

「悲劇」、この2文字で表現すると、皆さんはわからないでしょう。

私が最初に患者さんに会ったとき、見たものを話します。

 

当時、子供は4歳くらい。パパママが連れてきた時、子供を目の前のソファーに「座らせ」ました。子供は手足が曲がって、自分の手足のコントロールができません。他の人が支えないと倒れてしまいます。

 

子供の両目は、空っぽで光が見えない。

言葉が話せない。

行動力もありません。

他人とのコミュニケーションも不可能です。

 

子供が何を考えているのか?もしくは本当に考えているのか?

完全にわからない状態。

知力発育は、数ヶ月の赤ちゃんと同じです。

 

子供の魂は、体の殻に禁錮され。

それは窓もない・ドアもない牢獄でした。

外の世界は、子供にとってなんの意味もない。

 

患者さんを総合評価すると、ひどいアンジェルマン症候群(Angelman Syndrome)に似ています。

 

しかし、パパママの話では、海外で数回のDNA検査をしたけど定論がない。

ちょっと詳しい解釈は、胎児の段階で脳が傷害を受けたもしくは酸素欠乏で、今の病状になっている。

 

子供のために、私になにができるのか?

正直な話、どのように子供の魂を救うかが分かりません。

 

1万kmも離れた向こう側にいる子供に、何をどうすればいいかが分かりません。

 

遠いところ

子供の親に話した3つの目標

 

初めて子供に会ったとき、私はパパママに最低限の目標3つを話しました。

  1. てんかんの症状を減らす。
  2. 不安障害を減らす。
  3. 外の世界とのつながり、コミュニケーション能力を高める。

 

1と2は、私が治療できます。

したがって、親の生活が少し楽になります。

3は分かりません。

1と2の進歩があったら、また3を評価したいです。

 

3年の間、途切れ途切れの治療でした。

私が直接患者さんを診たのは、3回だけです。それ以外は、定期的に病状報告をもらって、治療方向を調整しました。

 

子供の親は非常に協力してくれて、すぐ抗てんかん剤を全部止めました。

しかし、子供の体は非常に衰弱して、ちょっとでも強い漢方薬が使えません。軽い粉薬で徐々に内臓を動かす事にしました。

 

先天性脳障害、発達障害を治す漢方薬

最初の数ヶ月の治療で、てんかん回数が大幅に減り、精神状態が良くなり、笑う時が増えてきた

 

最初の数ヶ月は、治療効果は良かったです。

  • てんかんの症状は、大幅に減少
  • よだれを垂らすのも減った
  • 水を飲みたがる意欲が増えてきた
  • 起きているときの精神状態が良くなり
  • 目を開けるのも大きくなった
  • 笑う時が多くなり
  • 安定した座り姿勢ができました

 

以前みたいに徐々に倒れて、うつ伏せにならない。でも、まだ両サイドには、補助のものがないと、横に倒れてしまいます。

 

簡単にまとめると、子供の親はだいぶ進歩していると思っていました。

 

しかし、私はよく学生さんと患者さんに言います。

長年の病気は、最初はすぐ効果が見えるけど、早々のお祝いはダメ。気を抜くとダメなのです。

 

高次脳機能障害を治す漢方薬

粘り強い病状との戦い、やっといろいろ進歩が見られた

 

冬が来はじめ天気が寒くなり、台北も湿っぽい寒さの季節になったら、子供はよく風邪をひくようになりました。

 

風邪をひくと、すぐ子供の舌苔は白く分厚くなり、脾虚症が著しくなりました。

 

風邪をひく以外に、てんかんの症状がまた再発し、風邪の治りが長引いてしまうと、今度は呼吸器のトラブルも出てきて、体内の冷えと湿気が一気に増えました。

 

私たちはすぐ救急して、目先の問題を解決し、その後てんかんを続けて治療。

しばらく経って、また風邪をひいてしまいます。そして、私たちはもう一度救急を行う。

 

何回も救急と普通の治療を繰り返して、全体的には進歩しているけど、粘り強い病状に対して私の頭も痛かったです。

 

幸いにも、時間が大きな手伝いをしてくれました。

微量の粉薬で子供の体質が改善され、もう一つは子供の体が大きくなったので、少し強い漢方薬でも受け入れるようになりました。

 

最初はできなかった処方も、できるようになったのです。

 

高次脳機能障害を治す漢方薬

てんかんは治り、外の世界とのつながりが増えた

 

この半年、子供の親は何回か近況報告がありました。

てんかんの症状は、もう再発していません。

たまに、大きな鋭い音で子供は2~3秒動かない時があるけど、てんかんかどうかはわからないそうです。

 

情緒不安定もだいぶ減り、以前みたいな大泣きしない。

あやすと、すぐ静かになるそうです。

 

最も大きた進歩は、子供と外の世界とのつながりが増えたこと。

 

  • 子供を呼ぶと積極的な反応があり、話しかけたり笑わせたりすると、明らかな反応が出ました。

  • 子供が嫌いな事をさせたり、嫌な食べ物を食べさせると、子供は嫌な反応があります。認知の面でも進歩が見られました。

 

子供の母が言うのは、「このような変化で、やっと親子の楽しさが感じられました。」

 

親子の楽しさ

 

子供は今、周りの環境を観察できる。たまに1人で大喜びして、ゲラゲラ笑う。親も笑っている子供を見て、めちゃくちゃ癒やされるそうです。

 

3年前から治療し始め、親に話した3つの目標、やっといろいろ達成できました。

突破できない牢獄に、小さな窓を作ってあげる

 

中医学の治療で、子供の親に少しの喜びを持ってきたけど、静かな夜に思うと、子供はまだ独立した生活ができません。永遠に面倒を見る人が必要です。

 

子供の親に、まだまだ苦難の道が続くのを考えると、私の心は刺さるように痛みます。

 

子供の家族に持ったきた喜びは、悲劇の本質を変えられない。

神さまがくれた運命も変えられない。

 

私にできるのは、

突破できない牢獄に、小さな窓を作って上げることでしょうか。

 

禁錮された子供の魂は、残りの一生をその牢獄で過ごすしかないかも知れません…

 

牢獄の窓

李哲の感想

高次脳機能障害は、脳の損傷なので、西洋医学では難治性だと言います。つまり、治せない病気です。 しかし、漢方薬で改善が見られました。

 

こんな治療不可能の病気、3年間でいろいろ変化を出した李宗恩博士は、レベルがすごいと感服しました。

 

上記の子供、もし抗てんかん剤を使わなかったら、脳の発達障害は少なかったでしょう。ここまでひどくならないと思います。

 

しかし、過ぎたことは、どうにもならない。

幸いなことは、漢方薬のおかげで、なんとか少しでも生活が楽になりました。このまま治療が進んで、1人生活ができるように脳が復活するのを願います。

 

じゃなかったら、親が先に死んだとき、子供の面倒を見る人がいません!

 


 

てんかんは漢方薬で治るので、抗てんかん薬を安易に使わないでください。

以下は「てんかん」が治った漢方薬治療例です。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

私のオススメは、台湾診療所(⇒倪海厦先生の台湾診療所オープン)に行くか、もしくはアメリカの李宗恩博士の診療所に行くこと。必ず良くなるから。

 

海外に行けない方は、鍼治療もいい選択肢だと思います。

私はまだてんかんの症例がないけど、もし治療に来た場合は最善を尽くします。

 

鍼灸でてんかんを治せる理由は、以下の小論文に書いてあります。

参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

*1:李宗恩博士のご紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。