本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

のどのイガイガ、咳が出そうで出ない症状、尺沢穴を刺して1分後には治った例

こんにちは。李哲です。

 

今月、一人常連の女性から面白い感想を頂いたので、記事にしました。

この女性は、以前の記事で書いたことがあります。

 

www.li-hari.net

 

鍼治療をする前、彼女が話しました。

風邪を引いたのか、喉がイガイガして咳が出そうで出ない。ほかに熱、頭痛などはない。

 

いつもの鍼治療をする以外に、尺沢穴を一つ追加しました。

右を刺して、ぐるっと回って左を刺そうとする時、彼女に聞いてみました。

 

「喉は今どんな感じですか?」

「イガイガするのは、もう治りました。」

 

右の尺沢穴を刺してから、1分くらい経っただけ。

鍼治療の効果は、西洋薬より遥かに速いです。

 

以前、尺沢穴と列缺穴を刺して、どのツボの効果なのか分からないと書いたのがありました。以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

今回は確認が取れました。

尺沢穴1つで足りる。

 


 

尺沢穴は肺経の子穴で、肺経の実証を治します。

そして、風邪の初期症状に有効。

風邪は肺の問題なので、初期症状は実証として治すのです。

 

風邪が長引いて「虚証」になった場合は、太淵(肺経の母穴)を使いますね。

  

肺経の母穴:太淵(たいえん)

肺経の母穴:太淵(たいえん)

 


 

もちろん、実証と虚証を区別するのは、風邪が長引いたか短いかだけではありません。風邪が長引いても、咳き込むのが激しい場合は、同じように実証として判断し、尺沢穴を刺すと即効性が見られます。

 

鍼は不思議なもので、鍼灸理論は西洋医学みたいに簡単に、「○○ウィルスにはこの薬。」「○○細菌感染にはこの薬」ではないです。様々な応用原則があるので、実際に治療するときは臨機応変が必要。

 

鍼治療はなぜ効くのかは、過去記事で詳しい説明していますので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

今日はウンチクばかり語っているようで、面白みが足りなかったらごめんなさい。

 

私が話したいのは、風邪の症状に鍼治療は有効であることです。

誰でも1回で治るとは保証できませんが、少なくとも1回で風邪の症状が改善・緩和できます。

 


 

ところで、海外の鍼灸に関する論文には、鍼治療はプラセボ効果で、実際の治療効果がないと言うのがありました。

 

うん…

どんな論文なのか、3つの疑問があります。

  1. 本物の鍼で刺したのか?
    今はレーザー鍼よ、わけわからん鍼があるから。
  2. ツボを正確に刺して、手技を行ったのか?
  3. 大昔から伝わってきた応用原則を正しく利用し、ツボの組み合わせは大丈夫か?

間違ったツボを刺したら、効果は出ません。

補瀉の手技がないと、効果が薄いもしくはない。

間違ったツボの組み合わせにしても、効果は出ません。

 

このとき、鍼治療はプラセボ効果だと言われたら、どう思いますか?

  

風邪の初期症状を治す鍼

 

「鍼灸がプラセボ効果だ」という論文があるから、鍼灸に詳しくない方はきっと「そうだね!」と思うでしょう。しかし、鍼灸師から見ると、この論文はいろいろ抜け穴があり、イジワルな名誉毀損です。

 

鍼灸が効果なかったら、数千年の歴史の間、中国人はなにで治療したでしょうか?神様に祈るだけ?論文を書いた人は、最低限の常識すら持っていません。

 

鍼治療で正しいツボを選んで、正確に刺す大事さは、以下の記事で詳しい議論したので、読んだことがない方はどうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

 


 

100年前、日本人の有名な鍼灸師がいました。

本間祥白 - Wikipedia先生。

 

以下は、本間先生が書いた鍼灸の本。とても役に立つので、鍼灸師だったらぜひ一度みてください。私が応用している原則、本間祥白先生も書いてあります。

 

いい鍼灸師を探すとき、本間先生の弟子だったら間違いないと思います。どうぞ探してみてください。