本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

喉が痛い・乾く、お腹が空くと動悸がして冷や汗をかく、毎日だるい、心臓のドキドキを治した漢方薬症例

こんにちは、李哲です。
中国・河北省の張静先生*1の漢方薬治療例を翻訳しました。参考になると幸いです。

 

mp.weixin.qq.com

(2020ー7ー8 発表)

喉が痛い・乾く、お腹が空くと動悸がして冷や汗をかく、毎日だるい、心臓のドキドキを治した漢方薬症例

 

患者さんは女性、1981年生まれ。

ビビリやすくて、他の人が大声で話しかけるとダメ。特に背中を叩かれたり大声で叫ばられると、心臓のドキドキ(動悸)が止まらない。

 

他の症状は以下の通りです。

  • 毎日だるい。数日で一回丸一日、24時間寝続けないと体力が持たない。
  • 情緒不安定で怒りやすい。
  • 毎日喉が乾きすぎて辛い。
  • 非常にお腹が空きやすい、お腹が空いてくると心臓がドキドキして、冷や汗をかく。
  • 便通は毎日あるけど、ガスが多い。
  • 見た目では、顔を洗ってない感じがする。彼女が言うのは、自分は化粧品を使わないそうです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190715/20190715150040.jpg

 

脈診したら、浮いて滑。

 

処方箋:石膏、竹叶、麦冬、酒大黄、芒硝、炙甘草、桃仁、桂枝、白芍、葛根

 

2回めの診察:

諸症状は改善され、特に喉が乾くのが改善。午前中ずっと水を飲まなくても、喉が乾いて痛い症状は治り、ガスが多いのは治った。

 

諸症状:前回の処方箋から「桃核承気湯」を削除。

 

3回目の診察:

喉が乾いて痛いのが再発。

 

私は突然分かりました。

彼女の喉が乾いて痛いのは、膀胱に熱がこもったのが原因です。桃核承気湯を削除したあと、石膏・知母・竹葉があるけど、喉の乾きが治らない。

 

処方箋:1回目の処方箋に戻しました。

 

そして、治癒!

李哲の解釈と感想

 

中医学はトータルケアで、同時に様々な症状を治せる

 

上記の患者さんは様々な症状を抱えています。病院に通った場合、内分泌内科、耳鼻科、胃腸内科、心療内科と精神科、循環器内科などに行かないといけないでしょう。 あちこちたらい回しされて、治るかどうかも疑問です。

 

中医学治療の場合、先生は1人で十分。

なぜなら、中医学はオーダメイド式の治療法だけではなくて、トータルケアだからです。

 

鍼灸の治療現場では、しょっちゅうあります。患者さんは今回心臓が痛くて来た、次回来たときはギックリ腰、次次回に来たときは目がよく見えない・食欲不振…1人の患者さんでも、様々な症状が同時に起きる可能性があります。

 

中医学は西洋医学と違って、専門分野がほぼありません。簡単にいうと、1人の中医学の先生は「総合病院」と同じ存在。過去記事でも説明しているので、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

張静先生の処方箋の分析

 

上記の処方箋を分解します。

石膏、竹叶、麦冬、炙甘草は竹葉石膏湯の半分を占める。あと、人参・半夏・粳米(こうばい)があれば、完璧な竹葉石膏湯。この処方箋の効能は、熱証を治すこと。胃の熱、肺の熱、なんでも良いです。

 

胃の熱があると、お腹が空いたときに冷や汗をかいたり、動悸がします。また、胃腸の病気になると、人声を怖がったりするので、上記の不思議な症状があるわけです。

 

酒大黄、芒硝、炙甘草、桃仁、桂枝は「桃核承気湯」になる。「桃核承気湯」は下半身に溜まっている瘀血を溶かす事で有名。瘀血が溜まった場合は、怒り気味になります。

 

西洋医学でいう統合失調症・精神分裂病なども瘀血が原因のときが多いです。以下の症例があるので、どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

 

白芍は肝臓を養うためでもあります。肝臓がダメになると、怒りやすい症状がある。

 

葛根は胃腸の水を喉のところまで運んできて、喉を潤すためだと思われます。葛根の性質は、以前の小論文で説明したので、以下の記事参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

漢方薬は治療以外に、診断方法としても使える

 

張静先生が2回目の診察時、「桃核承気湯」を削除したら、喉が乾いて痛い症状が戻ったのは、熱証が原因ではなくて、瘀血が原因で喉が乾いて痛くなったのを証明します。

 

漢方薬は面白い所があります。

治療するだけではなくて、処方したあとの反応で、体内の状況が判断できる。中医学では「投石問路」 だと言います。つまり、漢方薬は戦士として邪気と戦うし、偵察部隊として敵の有様を偵察する診断方法にもなります。

 

漢方薬は治療以外に、病気の診断(偵察)もできる

喉が乾いて痛い、毎日だるい、お腹が空くと動悸がして冷や汗をかく…様々な症状を足つぼ整体・鍼灸で治した症例

喉が痛い症例はたくさんあります。

以下は風邪をひいた女性の例。喉の痛みと咳で夜も眠れなかったけど、鍼を刺してからすぐ緩和しました。

 

www.li-hari.net

 

お腹が空くと心臓がドキドキして冷や汗をかくのは、低血糖症状です。根本的な原因は、中焦(胃腸)に熱がこもっているから。

 

解決策は、もちろん胃腸を良くすることです。以前治療した女性は、心臓のドキドキはなかったけど、手足が震えてました。足つぼを続けることでパニック障害、お腹が空くと手足が震える諸症状も治りました。以下の記事、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

毎日だるいのは脾胃の問題が大きいです。西洋医学の言葉でいうと、消化系が弱くて食べ物から十分なエネルギーを吸収されなくて、体全体のパワーが落ちる。ひどい時は、24時間眠い方もいます。

 

以前治療した女性は、いつ・どこにいても眠いと言ってました。幸いに足つぼ整体を受けてから、目が覚めるようになったこと。

 

www.li-hari.net

 

様々な症状で悩んでいる方は、ぜひ漢方薬・鍼灸・足つぼ整体など試してください。きっと同時にいろんな改善が見られます。

*1:張静先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。