本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

尿の切れが悪い・尿の出が悪い男性、アメリカ最高の名医も治せなかったのに、3日の漢方薬で治った例

【※本記事は2019-08-28更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

遍访美国顶级名医,最后还是三剂中药解决_郑智城

翻訳文

1ヶ月前、一人のアメリカ男性が来て、「前立腺に問題がある」と言ってました。男性の症状を簡単に言うと尿の切れが悪くて、尿の出が悪い。

 

男性が言うのは、「私を信じてください。この数年、アメリカで最強だと言われてる泌尿器科医たちに診てもらいました。でも、治ってないです。

 

西洋薬は効き目はあります。しかし、あの副作用には耐えられません。先生はFlomax(李哲説明:日本語ではタムスロシンと呼ぶ)を知っていますか?」

 

Flomaxは知っています。

前診た患者さんも使ったので。

 

タムスロシンの主な副作用は

  • 喉が乾いて声が出なくなる
  • 熱くなったり寒くなったりする(マラリアみたい)
  • 排尿痛
  • 尿が出ない
  • 腰痛

 

簡単に言うと、腎臓の陰を傷つける事です。

 

西洋薬はこんなものですね。

利尿すると、必ず腎臓の陰を傷つける。

高血圧症の薬も腎臓を傷つけます。

 

高血圧の原因は、ニハイシャ先生が書いた小論文をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 


 

男性に処方したのは生地黄25,山萸肉12,山薬12,牡丹皮10,ダクシャ10,茯苓10,桂枝5,加工したトリカブト5、牛膝10、車前子10。牛車腎気丸。

f:id:li-hari:20180501174656j:plain

地黄(じおう)の画像

 

その後、男性に注意点を話しました。

「しばらく房事(性行為)はダメです!」

男性の金髪碧眼奥さんは隣で、すごい笑ってました。

 

この男性は私が頼れない感じだったでしょう。

アメリカのスーパードクターでも治せなかったのに。

 

あと、うちの診療所も派手な病院でないし、私も若く見えるし、質問が多くてちょっとうるさかったです。帰りに言うのは、「効果がなかったらまた電話します!」

 

房事(性行為)を禁じる理由は、以下の記事で詳しく説明しました。どうぞ参考にして下さい。

 

www.li-hari.net

 


 

1ヶ月後、男性から電話が来ました。

「前立腺の問題がまた再発しました。もう一度処方してくれますか?」

「もちろんできます」

 

本来なら6日分を処方すべきなのに、彼は私を信用しないで3日分しか買ってない。

 

少し経ってから男性は取りに来ました。

男性の話を聞いたら、前回の漢方薬を飲んですぐ効き目があったそうです。(immediathly)

 

私「3日分で1ヶ月も持つなら良いですね」

 

前回の3日分の後には、八味地黄丸で継続して強化する必要があります。そうすると、効果が更に何ヶ月も続くはず。

 

男性は今度も3日分しか買ってない。

1ヶ月後にはまた漢方薬を買いに来そうですね。

 

八味地黄丸の紹介は、以下の記事をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

李哲の感想

 

上記の男性は中医学に対して不信感が強いですね。

良くなっているのにもかかわらず、漢方薬を信じないなら、治療に来て何するんですか?

 

このような方は、13種類の不治の病人の一人です。

 

牛車腎気丸は泌尿器の病気に良いけど、自分に合っているかどうかは、漢方薬局の先生に聞いたほうが無難ですね。

 


 

鍼灸治療の場合は中極、陰陵泉、関元などが良く使われている。人によっては、中極穴1つだけでも効果が出ます。数回で治る人もいれば、数ヶ月かかる人もいる。これは個人差があるのでばらつきますね。

 

尿が出づらい、尿が漏れるのはまったく違う症状をですが、ツボは同じものを使います。少し前に書いた記事、“偶然”に尿漏れが治った感想をいただきました。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

尿のトラブルを抱えている方は、先に手術・西洋薬じゃなくて、鍼灸治療を試して見るのも良いじゃないですか?

 

鍼治療に来れない方は、自宅でお灸しても効果があるので、ツボ「関元」は生理痛・edだけではなく、万病に効く滋養強壮のツボでもあるが参考になると思います。

  

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。