本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

鍼1回でお腹と足のむくみが消えて、体がスッキリ!

こんにちは。李哲です。

今日はある女性患者さんの感想。

 

前回の内容は以下をご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

肩甲骨内側の痛みは鍼1回で消えたけど、また徐々に再発。その後マッサージのお店で、2回ほどほぐしてもらったそうです。

 

今日の主訴はいつもの首コリ、肩こり、腰痛。あと目の疲れ。

パソコン作業が多い現代人に、ありがちな症状です。

 

当時、鍼をしたのは風池、大ちゅう(骨会)、腎兪、京門、陰谷、委中、後谿。

仰向けでは気海、関元、中脘、三陰交、太衝、合谷、足三里、内関、太陽。

 

うつ伏せが終わって、仰向けで針を刺す時、彼女は風池穴に関して感想がありました。

 

「首の後がつらいので、そのツボを刺すとすごく気持ちいいです。マッサージも他の鍼もダメだし、もうここに来るしかないですね」

 

一般的に風池穴を刺すと、頭の半分がしびれるような響きがあるので嫌がる人が多いけど、彼女みたいに平気に受けて「風池が好き!」だと言う人は初めてです。本当に不思議な方。

 

今日は入念に回したせいか、彼女は「以前より響きますよ!バージョンアップでもしたんですか?」と質問してきました。

 

私は笑うしかなかったです。

「角度と深さで響きが変わります」

 

鍼治療が終わってお茶を飲む時、彼女が言うのは「体がスッキリ。むくみがすごい消えた」

 

私「足のむくみですか?」

彼女「足だけではなくて、お腹もです。」

 

足の内側は三陰交穴しか刺してないので、これだけでむくみが消えたのは初めてです。もしかして三陰交穴を、置鍼中に2回回したのが効いたかも知れません。

 

足のむくみがひどい時は、陰陵泉・地機も一緒に鍼した方がより良い効果が出ます。

 

お腹の方は、関元と気海が効能を果たしたと思います。たまには、関元一つだけでもお腹が熱々になり、溜まっている水が消える。

 

私「そういえば、お腹は確かにむくんでいる感じでしたね」 

彼女「なんでお腹がむくみますか?」

 

私「会社の強い冷房と、普段の食事が関係していると思います」

彼女「もしかして、食べている飴がだめですかね?」

 

f:id:li-hari:20180817144106j:plain

 

私「え???飴はダメですよ。飴には人工甘味料がたっぷり入っているので、"最強"のものです。しろ砂糖より何十倍も強い。甘い物食べたいなら、果物とか黒糖にしてください」

 

彼女は笑いながら、「飴はだめですか?うん、ドライフルーツは大丈夫ですね?」

私「ドライフルーツは自然なものなので、OKです」

 

「食べ物には気をつけてください」と皆さんに伝えていますが、やはり気をつけてない所がありますね。

 

私は鍼治療と一般的な知識を伝えることしかできないので、あとは一人ひとり日常生活で気をつけてもらうしかないです。