本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

筋トレやりすぎ黒人の面白い話

【※本記事は2019-07-10更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の記事を翻訳しました。最後には私の感想文があります。

 

中国語本文のリンク先は、

健身过度的大个子黑人的趣事_郑智城

(2011-09-14 08:55 発表)

 

筋トレヤリ過ぎて体を壊した黒人男性

朝から晩までプロテインを食べるアメリカ人

アメリカ人は、ジムで筋トレするのが大好きです。

ジムはとても大きい産業で、スポーツジム室もアチコチにあります。

 

筋トレの為の滋養強壮品もたくさんあって、一般的なのは高タンパク質のプロテイン

 

アメリカ人は筋トレ始めると、気が狂ったみたいです。朝から晩までご飯を食べないで、このようなプロテインばかり食べています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180329/20180329203157.jpg

体がコツくて強そうなのに、内臓がボロボロの黒人男性

 

いつのまにか、私の診療所には一人のジムの先生が来ました。

その後、ジムの先生の紹介で、たくさんの友人が治療に来ています。

 

その中には現役の警察までいます。

来てからSir、Sirと言いながら私の質問に答えていますね。

 

この日、ジムの先生は一人の黒人を紹介して来ました。黒人を見た瞬間、私は一人の名前を思い出しました。『水滸伝』の登場人物:李逵(りき)

f:id:li-hari:20180501003929j:plain

『水滸伝』の登場人物:李逵(りき)

 

ジムの先生の話によると、この黒人はまさしくPower House(意味は発電所)。

 

残念なのは、黒人は歩くとき捻挫でもしたように、片足を引きずっている

黒人はとても礼儀正しい人で、質問答えを繰り返していました。

 

彼の脈はとても沈。

気虚かも知れないし、筋肉が分厚いのが原因かも知れない。ちょっと分かりにくかったです。ほかの症状も同時に診ないといけません。

 

舌苔は黄色と白が混ざって、膩苔。

眼診の結果、すぐ気虚であるのが分かりました。

 

眼診の応用例は、以下の記事も参考になると思います。

難病指定のALS(筋萎縮性側索硬化症)が漢方薬で劇的に改善した例です。

 

www.li-hari.net

 

筋トレのやりすぎが原因で、「気虚証」になった

 

彼の肝臓と腎臓は両方弱くなっています。虹彩には毒素の蓄積が見えて、瞳孔が小さくて、はっきりしていない。心臓の部分も赤くなり、典型的な心臓の気が足りない目。

 

質問と答えを繰り返した最後、私は彼に話ました。

「あなたは肝臓と腎臓が弱いので、両方とも補う処方箋が必要です。」

 

黒人は、ほとんどの人が提出する質問がありました。

「それでは、今飲んでいる西洋薬はどうしますか?」

 

「漢方薬を飲む時は、西洋薬を止めて下さい。」

 

現実はこうです。

たくさんの人は体調不良になったら、最初に西洋医学の治療に行きます。

 

西洋医学

 

彼らは西洋医学を伝統的な医学(traditional medicine)、もしくは普通の医師(regular doctor )、もしくは従来の医学(conventional medicine)と呼びます。

 

西洋医学の治療でダメだったら、中医学の治療をやってみようと思う。

だから、みんな彼みたいな質問があります。

 

私の意見はいつも、西洋薬は止めることを薦めます。

でも、止めるかどうかは、あなた一人で決めて。

 

鄭先生と違って、ニハイシャ先生はハッキリ断ってました。

西洋薬を飲む人は診ない!

以下の記事でご確認ください。

 

www.li-hari.net

 

友人が背中を押して、黒人男性は漢方薬を試すことにした

 

黒人「私は毎週主治医の所に行って検査をしています。」

私「ちょうどいいです。そうすると、あなたは漢方薬の効果が分かるはず。」

 

彼と一緒に来た友達も言いました。

「そうそう。漢方薬飲みながら検査をして良いでしょう。漢方薬が効果あるかないかも分かるし。」

 

私の患者さんには、熱心な方が多いです。

いつも友達を連れてきて治療させたがる。

 

一人の黒人婦人は更に熱心すぎて、彼女の家族は私と彼女が手を組んで、商売でもやっていると勘違いしたそうです。

 

黒人李逵(りき)は友達が言うので、半信半疑でやってみることにしました。

 

漢方薬を飲んでから足腰が機敏になり、足を引きずるのも息切れも治った

 

結果は大変な事になりました。

この黒人李逵(りき)は、毎週決まった日の朝一番、診察室の前で待っています。

 

彼が言うのは、精神的・肉体的にすごい変わった。

階段の上がり下りでも息切れしなくなり、足腰が機敏になり、足を引きずるのもなくなった。

 

一回だけ彼に真武湯と生脈散を処方したら、彼が言うのは、ジムである機械を持ち上げる時、せいぜい10回しかできなかったのが、余裕たっぷりで13回もできる。

 

彼は当時に思ったそうです。

「こいつ、私に何をくれた?!」

黒人男性より自分が黒いという白人女性

 

この黒人は非常に話しが好きて、考えるのも深い。

毎回来ると、内容がいろいろで人文政治、仕事内容…なんでも話せます。

 

ある日、私は彼に聞きました。

「なんでこんなに早く来ていますか?」

 

彼が言うのは、夜勤が終わってから直接診療所に来ている。診察が終わったら、そっこう家に帰る。彼は普段ジムの先生を仕事をして、週2回だけバーで用心棒(Bouncer)をしているそうです。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190122/20190122155716.jpg

 

ある日、英語クセがすごく強い白人女性がバーに来ました。彼は仕事通りに身分証明書をチェックしていたら、突然その白人女性が言うのは、「私はあなたよりさらに黒いよ!

 

 黒人李逵(りき)は一瞬わけわからなくて、彼女のパスポートを見たら、なんとアフリカ出身の白人。だから、黒人男性より黒いと言い張るんですね。

 

黒人李逵(りき)はさらに話が弾んで、アフリカ大陸の風情から民族差別など、いろいろ話しました。

 

彼が言うのは、南アフリカなどのアフリカ国では、地元の黒人たちは地元の白人を黒い鬼(Niger)と呼ぶそうです。その呼び方は白人に対する尊敬。世の中は本当に不思議な事ばかりです。

 

世の中は不思議なものばかり

病院の検査でも、腎機能は前よりだいぶ良いと言われた

 

ある日、黒人李逵(りき)は喜んで私に話しました。

彼は先週、西洋医学の主治医に検査してもらったら、腎機能は前よりだいぶ良い(彼は以前、毎週主治医に検査してもらうと言ったけど、嘘であるのを前から知っていました。)

 

彼はまた私に話しました。

「主治医は警告した事があります、中医学とかほかの薬草療法は止めといて。」

 

私は聞いて大笑いしました。

筋肉を増やすために飲んだプロテイン、その副作用は腎臓を壊す!

 

彼が言うのは、「プロテインで腎臓がダメになったのは分かります。このようなプロテインは一時的に飲むもので、またすぐ止めないといけない。」

 

人の本質って、こんなもの。

もし皆に「犬のウンチを食えば精力増加になる」と宣伝したら、たくさんの人は列に並んで、喜んで犬のウンチを食べます。

 

筋肉をもっと増やすために、黒人李逵(りき)は最強の毒薬でも食べたのです。その結果は、腎臓を壊してしまいました。

 

プロテインは腎臓を壊す

 

彼はまた私に話しました。

彼は今社会福祉療養金とアルバイトで生計を立てている。

 

私:「それで大きなマンションと3人の子供が養えるんですか?」

黒人李逵(りき):「私は家計が上手い人ですよ。」

 

本当に予想外の事でした。

李哲の感想:筋トレで腎臓がダメになるのではなく、プロテインと西洋薬が原因

 

先に訂正したいのがあります。

鄭先生は筋トレのやりすぎが原因だと言いますが、私の観点は西洋薬とプロテインが原因で腎臓がダメになっている。

 

プロテインとビタミン剤は性質が同じで、人工的に合成されたものです。

人工的な栄養と自然な栄養成分は、質がまったく違うので騙されないでください。

 

以下に翻訳文、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

筋トレをするのは、皆さんにもオススメします。

現代人は運動が少なすぎ。

筋肉がないので、内臓は昔の人と比べらてだいぶ弱いです。 

 

中医学の理論で、筋肉は脾臓が管理しています。

筋肉がないのは、脾臓が弱い事を示す。

 

脾臓が弱いと食が細い・食欲不振になります。

 

筋トレをすると、脾臓を鍛えることができて、体重も自然にある程度上がる。

運動は必要です。

ただし、過度な運動は避けるべき。

 

あと、このプロテインは飲まないでください。

その副作用は腎臓を壊すこと

 

つまり腎虚証になり、男性の場合は頻尿・尿のキレが悪い・朝たちがなくなる・記憶力の低下・ED(ぼっき不全)などの症状が出ます。

   

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。