本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

寒いときに発作する喘息を整体で治した例

【※本記事は2019-05-18更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日は寒いときに発作する喘息と、たまに胸が痛くなる狭心症を治した例。

 

一人の女性。 

20代から喘息を抱えて、今でも治ってない。

暑い天気は大丈夫だけど、寒くなった時に、喘息が発作するそうです。

 

彼女は本治療院で、整体40分を受けました。

毎回重点的に押すのは、肩甲骨の間の肺兪.心兪あたり。

 

だいたい喘息を抱えている方は、肩と肩甲骨あたりは硬くて、呼吸に障害が出やすいです

 

簡単な理屈ですが、硬いところをほぐせば呼吸が楽になります。

 

喘息は、肺に痰がたくさんあるからできる病気。 

痰を出すのは漢方薬.鍼灸が強力ですが、今は整体しかできないので、地味に施術の効果を積み重ねていくしかなかったです。

 

何回か整体を受けてる間に、発作するのは徐々に減って、天気が寒くなった時でも発作しなくなりました。

 

まだ完璧に治ったとは言えませんが、少なくとも寒い日でも発作しないので安心しました。

f:id:li-hari:20180320055327j:plain

喘息は整体でも良くなる。漢方薬・鍼灸なら更に効果バツグン!

 


 

彼女はもう一つ症状がありました。

たまに左胸が痛くなって、病院の検査では狭心症だと言われる。

 

こんなに大袈裟に言わなくていいものです。

 

たまに心臓が痛くなったりするのは、神経を使いすぎ(すごく心配).睡眠不足が原因なので、よく寝て心配事を減らせば自然に治るから。

 

何回か施術した後、彼女からは心臓が痛い報告は聞いていません。

治りました。

 


 

彼女から聞いた面白い話ですが、食べ過ぎると喘息が発作しやすいそうです。

これは食べ過ぎると胃腸に負担をかけるので、肺にまで影響が出る。

 

何故かと言うと、胃腸は「土」で肺は「金」だから。

陰陽五行論では、土が金を生むといいます。

 

ここで分かりますが、

喘息の患者さんは、食べ過ぎるのを避けるべきです。

 

特に乳製品は喘息を引き起こしやすいので、止めないといけません。