本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

人に言えない病気:性欲が強すぎるのは「陰虚証」

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

难言之隐的母亲和女儿_郑智城

(2013-10-31 01:02発表)

 

 

もうろな神智が正常に戻り、公衆場所で自慰する現象も消えた

 

以前、ひどい貧血の母親が「炙甘草湯」で、ヘモグロビン値がすぐ良くなったのを書きました。

 

今回その母親がまた来たけど、自分の為ではなくて娘さんの為でした。

 

娘さんは10何歳の時に大きな病気になり、退院後は神智がもうろう状態。母と一緒に診察に来た時、いつもウトウトしていました。私の質問にも答えられない。

 

娘さんの体は急激に太ったそうです。

母親が言うのは、急激に太った以外に、またほかの症状がある。

 

母親は周りに人がいない事を確認してから、小さな声で私に言いました。

 

「娘はなんか間違いと正しい道徳観念がない…娘は公衆場所で自慰するのです。

 

他の人がいても気にしない。私は止めさせないといけないのです。」

 

私は頷いて、また質問しました。

「性格は怒りっぽいですか?」

「良くないです。怒りっぽい。」

 

「便通はどうですか?」

「便秘ぎみ。」

「小便は?」

「ちょっと黄色いです。」

 

娘さんの舌診をしたら、薄い赤。乾いてない。

脈診したら微、小。

 

診た感じでは、陰虚証で火が強い。

舌診と脈診では著しくないけど、症状があるので、私は『甘露飲』を処方しました。

 

びわの葉、麦門冬、天門冬、生地黄、熟地黄、茵蔯、石斛(せっこく)、枳穀(きこく)、甘草、黄芩。6日分。

f:id:li-hari:20180505225317j:plain

石斛(せっこく)の画像

1ヶ月後、母親と娘さんは二人とも来ました。

今度、娘さんはだいぶ神智がはっきりになって、私と正常に会話ができました。

 

私は小さな声で、母親に聞きました。

「娘さんはまだ公衆場所で自慰しますか?」

 

母親は笑ってました。

「イエス様よ!本当に感謝しています。もうなくなりました。先生に感謝します。」

 

性欲が強すぎるのは「陰虚証」が多い

 

陰虚証(いんきょしょう)で火が強い人は、だいたい性欲がとても強いです。

 

例えば中国古代の漢成帝

趙 飛燕(ちょう ひえん)の足を触るだけでも性欲が湧いてくる。これは典型的な陰虚証です。

 

アメリカの元大統領:クリントンはこの一生、女性との噂話が絶えません。クリントンも陰虚証です。

 

腎臓の陰が少なければ少ないほど、性欲が強い。

腎臓の陰が足りないと、血液はドロドロになり、血管は詰まり気味になります。

 

だから、クリントン氏は6年の間に3回もバイパス手術を受けています。

 

幸いに彼は後で肉食を止めて、体質が徐々に変わっている。

 

http://s2.sinaimg.cn/bmiddle/002lLfFLgy6DQ3PyqAx81&690

 

少し前に、ある中年男性が治療に来たことがあります。

 

男性が言うのは、自分の性欲が強すぎ。

普段、露出度が高い服装の女性を見ただけで、下半身が勃起する。

 

同時に、男性は頭に持病があしました。

たくさんの大小不一のかぶれ物があり、海鮮など食べると、すぐ頭に炎症が起きて膿が出るそうです。

 

私はパット見ただけで分かりました。

彼はきっとある時期に、すごい房事(性行為、自慰を含め)が多かった。

 

彼が言うのは、確かにそんな時期がありました。

 

西洋医学は自慰(マスターベーション)は体にいいというけど、本当に間違いだらけで、害しかない理論です!

 

李哲の説明:性欲が強すぎるのは、腎臓の「陰虚証」

 

腎臓と生殖器系との関連性、年齢別の房事(性行為)回数のオススメなどは、前の記事で書きました。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

中医学で言う”陰”は、”陽気”を格納するための物質的な土台です。

 

腎臓の陰が足りない時、陽気が格納しきれないので逆流する。

 

陽気はエネルギーでパワー。

欲望などの気持ちも陽気に属します。

性欲ももちろん陽気の範囲に属する。

 

腎臓の陰が足りないのは、大きな原因は3つ考えられます。

 

陰虚証の原因1:夜更かし

夜寝ないのは、大量の肝臓と腎臓の血液を消耗する。中医学では陰を消耗すると言います。

 

陰虚証の原因2:西洋薬で腎臓を傷つけた

西洋薬でED(ぼっき不全)になった男性は、山ほどいます。

例えばコレステロールを下げる薬、血圧を下げる薬。

 

西洋薬は肝臓と腎臓、この2つの臓器に負荷をかけるので、肝臓と腎臓がダメになる。

 

肝臓と腎臓は、男性の生殖器の機能と、最も関係がある臓器です。

 

陰虚証の原因3:房事(性行為、自慰を含め)が多すぎ

体力に見合う適当な房事は健康にいいですが、多すぎは逆にとても悪い。短命を買う行動です!

 

精子は腎臓の貴重な“陰”。

 

精子が出過ぎると、腎臓の陽気を収める事ができないので、性欲が強すぎるわけ。

 

精子は出れば出るほど、必要以上に欲望が強くなり、少しの事でも性衝動が起きます。上記の男性みたいに。

 

性欲が強すぎる「陰虚証」を治せるのは、中医学だけ

 

適当な性欲があるのは正常です。

しかし、性欲が強すぎるのは内臓の病気。

(性欲がないのも内臓の病気です)

 

西洋医学はせックス依存症の病名をつけて、「心の病だから精神科に見て下さい」と言うでしょう。

 

はっきり言いますが、無駄です。

なぜなら、心の病ではないからです。

 

逆に精神科の薬を飲むと、脳がバカになり認知症みたいになる。

それだけではなく、男性性器も立たなくなります。

 

正しい治療は、腎臓の陰を補う。

物質的な土台を治すのが課題です。

 

こんな事ができるのは、中医学しかない!

 

中医学は独自の理論があって、性欲が強すぎの場合の治療ができる。性欲がない時も出るように治療ができます。

 

鍼の場合は同じツボを刺します。

関元、中極、太衝、腎兪、肝兪、心兪、三陰交、血海など。陰(血)を養うツボはたくさんある。

 

あとは、その時の症状によって、ツボを選択すれば良いです。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。