本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

歯根の腫れ物、足首にできたガングリオンを治した例。

こんにちは。李哲です。

今日は私の鍼治療例。

 

一人の女性。主訴は左下の歯根の外側に、腫れぼったいできものがある。

 

そして、右足の項部に大きなガングリオンができていました。

 

左奥歯の下の歯根を見たら、本当に腫れていて、表面は少し白くなっていました。 指で触ると硬いのが分かります。

 

特に痛みはないけど、ご飯を食べるときとか違和感があるそうです。

 

右足の項部にできた大きなガングリオンは、一般的なガングリオンで特に痛みはない。直径が10円玉くらい。

 

左奥歯の下の歯根にあるできものは、刺絡(しらく)して中の瘀血を出しました。腫れ物がとても硬くて、普通の3寸の針で刺したら鍼が曲がるくらいでした。

 

あとで、三稜鍼に変えたらOK。

 

ガングリオンは報刺(ぼうし)というやり方で、細い針で四面八方を万遍なく刺す。

 

3~4回鍼治療を繰り返してから、歯根の腫れもガングリオンも消えました。

 

今は続けて、他のものを治療しているところ。

 

 https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180620/20180620133841.png

 

歯根の腫れは、私も原因が分かりません。

皮膚の下に溜まった毒素が出たのか、若しくは過労・睡眠不足があったのか分からない。

 

2週間空いていたら、急にこんな症状が出たのです。

 

幸いにも、刺絡(しらく)ですぐ解決したこと。

 

扁桃腺炎、歯肉膿瘍など口腔内の腫れ物であれば、刺絡(しらく)はとても有効です。針をするよりも素早く解決できる。

 

ガングリオンは治しやすいものです。

以前の治療記事があるので、ご覧ください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

西洋医学はどうせ手術でしょう?

ガングリオンは手術してもまた再発します。

 

鍼だと数回で消えて、再発もしません。

 

口腔内の腫れ物に関しては、西洋医学ではおそらく炎症だと診断し、抗生物質をたくさん出すでしょう。

 

炎症かどうかは後にして、抗生物質の害を病院の先生は誰よりも知っているはずですが…

 

抗生物質の治療でどんな結果になったかは、以前の翻訳文で書いたことがあります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

刺絡と鍼はとても安全で副作用がなく、効果も高い。

抗生物質より何百倍も優れています。

 

昔は刺絡(しらく)が一般的な治療方法でした。

当時は衛生状態が良くなかったので、皮膚・内臓にデキモノなど多かったと思いますが、刺絡は毒素を出す一番速いやり方です。

 

残念なのは、昔ほど使われていない事。

日本には刺絡協会もありますが、やっている鍼灸師が少ないかも知れません。