本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

心筋梗塞の前兆:胸の強烈な痛み、手足が氷みたいに冷たいのを、漢方薬1週間で治した例

こんにちは、李哲です。

ニハイシャ先生の有能な弟子、アメリカの中医師:李宗恩博士*1の文章。

心筋梗塞の前兆にあたる症状を、1週間で著しく治した漢方薬治療例です。

 

風刺的なのは、この患者さん、病院の検査では心臓に問題がないと言われたこと。

 

様々な中医学治療例から分かりますが、病院の心電図など信じてはいけない。

自覚症状があるときに、すぐ中医学の治療を受けるべきです。

 

中国語本文のリンク先は、

胸口嚴重絞痛,手腳極度冰冷 – 當張仲景遇上史丹佛

(01/20/2011 発表)

 

 

漢方薬1週間で、心臓のひどい痛みと諸症状が消えた

 

女性、50歳、細型。

突然胸の強烈な痛みにおそわれ、手足が氷みたいに冷たくなりました。

手のひらはしびれて、胸から足の方までしびれ、顔面蒼白、たまに呼吸困難。

 

脈診では数・有力。

左寸脈が少し弱い、舌診では舌苔がない。

 

西洋医学の心電図とほかの検査の結果、患者さんの心臓は問題なし。

「たくさん休んでください」と言っただけでした。

 

漢方薬の処方は以下の通り。

  • 桂枝
  • 枳実
  • 炙甘草
  • 生のトリカブト(アメリカでトリカブトは合法です)
  • 乾姜
  • 生姜
  • 括蔞実
  • 厚朴
  • 半夏
  • 薤白

炙甘草(しゃかんぞう)の画像

炙甘草(しゃかんぞう)の画像

 

1週間後、患者さんは手先が冷える以外、すべての症状が消えました。

 

李哲の感想:心臓病を治せるのは中医学のみ

心電図検査を信じてはいけない

若い有名人が心筋梗塞でなくなるニュースを見ますが、かわいそうだと嘆くしかない。

 

心電図検査で問題がなければ、心臓病ではないと診断。そして、数カ月後患者さんは心筋梗塞で急死。このような例は少なくありません。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

心電図より先に現れるのは、患者さんの症状

 

心電図検査で正常だと言っても、患者さんには必ず著しい自覚症状があります。

 

胸・背中・心臓の強烈な痛み、不眠症、手足が氷みたい冷たい…

 

心筋梗塞に前兆がないという理論はおかしい!

患者さんが抱えているつらい症状が、その前兆なのです。

 

患者さんはつらい症状があるから、治療に来たでしょう?

医学は患者さんの辛さを解決するものじゃないですか?

 

病気があるかないかは診断できるけど、つらい症状は治せない。これは役に立つ医学ですか?

 

心臓病に関して、西洋医学の診断を信じてはいけません。

自覚症状がある時、あなたの体内にはすでにトラブルが起きています。

 

それを異常だと判断するのは中医学です。

だから、なにか不調があったら、すぐ中医学の先生に治してもらってください。

 

以下のニハイシャ先生の論文、勉強になると思います。

 

www.li-hari.net

 

トリカブトの認識が間違っている悲しい日本

 

上記の処方箋は、『金匱要略』にある「枳実薤白桂枝湯」+「枳実薤白半夏湯」をもとにした処方箋です。

 

生のトリカブトは、氷みたいに冷たい手足を治す時の大事な生薬。

これがないと、氷みたいに冷たい手足が1週間で治せると言えません。

 

残念ながら、日本ではトリカブトだと「殺人事件」のイメージしかないような…

 

急病人を救える生薬が、殺人事件を連想させるレッテルを貼られ。 

正しい知識が流行らない、悲しい情報社会です。 

 

トリカブトに関して、過去記事で説明をしました。

参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

中医学の心臓病の治癒率は100%!

 

ニハイシャ先生は心臓病の治癒率100%だと話しました(心臓肥大だけ除外)。地元の西洋医学の先生すら、心臓病の患者さんはニハイシャ先生の紹介しています。

 

なぜなら、西洋医学の先生たちが治せなかった心臓病患者、漢方薬で治っているのを見たからです。認めざるを得ない。

 

以下は一つの重篤患者の治療例、どうぞご参考に 。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

李哲の鍼灸治療例:ひどい心房細動、動悸、息切れ

 

私はまだ、ここまでひどい心臓病患者を見たことがありません。

今いる患者さんたちは、心臓の痛み・動悸・不整脈はあるけど、死ぬ寸前の患者はいません。

 

一人印象深い患者は、3年前の心房細動(動悸、息切れが激しい)の方。しばらく治療して諸症状が改善したけど、最後までは続けなかったです。

 

以下の記事には、その詳細記録があります。

長文ですが、参考になると幸いです。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

心臓病(不整脈、息切れ、動悸、心臓が痛い)などは時間さえくれれば、鍼灸でも治せます。強力な漢方薬も同時に飲めば、治せないものがないですね。

  

*1:李宗恩博士のご紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外)をご覧ください。