本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

偏頭痛は鍼ですぐ治る:手術後の生理痛(7)(2019-01-26更新)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017年2月9日。

彼女の報告:

3日前に上半身だけすごく寒くなり(特に腕)、お風呂に入っても寒かった。今日は寒いのは治っている。

 

今日は右こめかみの方が少し痛い。つまり、右の偏頭痛。

 

この偏頭痛は昔からあった。

彼女は肩こり.首コリから偏頭痛がすると思っていたそうです。

彼女が言うのは、「いつも生理前に起きやすい。右の偏頭痛>左の偏頭痛。」

 

今日は偏頭痛のためにも施術。

置鍼中に偏頭痛は消えました。

 

前回の針の後、1日は夢も見ないでよく眠れたけど、2日経ってからまた徐々に夢が再発。

 

効果はあるけど続かない。

これは引き続きで、同じツボを刺すしか無いです。

 

彼女は一つ不思議な症状がありました。

「昔、手術した傷口が最近ムズムズして、痒くなります。」

 

私は彼女に教えました。

「これは血の巡りが良くなったので、傷口が痒くなる。そのうち消えます。」

 


 

2017年2月16日。

 彼女の報告:

生理が来たけど、生理痛がまだ少しある。

 

夢ははっきりしたのは見なくなったけど、ぼんやりしたのは見る。

 

夢は心臓が弱いから見る

 

前回の針の後、消えた偏頭痛が帰宅後にまた再発。今日も偏頭痛がある。でも、前よりは減っている。

 

今日刺したツボは、前回と同じ。

置鍼中に偏頭痛は消えました。

 


 

2017年2月24日。

彼女の報告:

右の偏頭痛は何日か消えたけど、また少し再発。

ぼんやりした夢はまだ見る。

便秘気味。


今日の施術後、彼女が言うのは、

「やはり針をしたあと、偏頭痛が良くなります。」

 

偏頭痛は針を刺して、すぐ痛みが緩和し始めます。

長年の偏頭痛でも、何回か針をすれば根本が治るので、偏頭痛とサヨナラができる。

 

西洋薬はどうなのか?

西洋薬で偏頭痛が完治したのは、聞いたことがありません。

 

~つづく~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com