本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

生理痛がゼロになってびっくり:手術後の生理痛(8)(2019-01-26更新)

こんにちは。李哲です。

今日は続きの記事です。

 

2017年3月3日。

生理前の痛みがあって、今日は早めに当院に来ました。

彼女が言うのは、今朝は左下腹部の1点から痛みが始まり、その後は徐々にお腹全体的に広がって痛い。

 

偏頭痛は落ち着いている。

おりものが多い。

しつこい生理前の痛みの為に、今日はお腹の鍼が多かったです。

 


 

2017年3月10日。

 彼女の報告:

2日前から生理が来たけど、全然痛くない!

こんな生理は中学生以来、彼女はすごく喜んでました。

 

私は彼女に言いました。

「あと2ヶ月生理痛がなければ、もう完治だと言えるでしょう。」

 

花粉症の季節のせいなのか、目の内側が痒くなり夜寝てる時に掻いてしまって、朝起きた時は傷ついてうそうです。

 

電車に乗ると、まだ怖いときがある。

 

睡眠の質は、まだぼんやりした夢を見るのでダメですね。

ただし、針をしたその日は、夢を見ないでぐっすり寝れるそうです。

 

今まで針をして、生理痛はどんどん減っていたけど、ゼロにはなってない。ちょっとした生理痛は我慢して、西洋薬を飲まなかった。しかし、今回は本当にゼロで、彼女はびっくりしたそうです。

 

鍼治療のあと、生理痛がなくなってびっくり

 


 

2017年3月17日。

彼女の報告:

花粉症の影響か、食欲がない。

朝は鼻水がたくさん出て、昼には落ち着く。

鼻水が喉の奥に垂れる感じ。

頭がこっている気がする。

 

前回の針のあとに、目のかゆみは減ったけどまだあり。

前回の針のあとに、視力が良くなったみたいで、すごくよく見えるそうです。

 

今日は、迎香穴を刺した時、「鼻がす~と通った。」と言ってました。

 


 

2017年3月25日。

彼女の報告:

生理前なのに体温が低い。

右の偏頭痛は2日前から少し復活。

鼻水と目のかゆみは減ったけど、まだ少しある。

 

夢を見ないで寝れる日が増えてきた。

 

彼女はいつも針が終わるゴロには、足が暖かくなってました。しかし、今日針を取る時に触ったら冷たい。

 

おかしいと思って、最近何か変わってないかを聞いたら、新しい料理を食べ始めたのが冷たいやつだそうです。

 

「暖かめてから食べてみて下さい。」と私は助言しました。

 


 

2017年3月31日。

彼女の報告:

鼻水は消えたけど、鼻が少し詰まっている。

胃がムカムカする。

 

食欲があまりない。

食べなきゃと思って食べるような感じ。

 

今日は針を置いてる間、「お腹が何回も鳴っていた」と彼女は言ってました。

 

食欲がない。

胃がムカムカする。

このような症状は、針で治すと早いです。

 

消化系は中医学で後天の本といい、ご飯→エネルギーの過程を管理するので大事な所。初期症状がある時に、すぐ治せば後々に大変な事にならないのです。

 

~つづく~

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com