本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

不妊治療薬の副作用で食物アレルギーになり、顔が赤く腫れ上がる・腹痛などの諸症状を1ヶ月の漢方薬で治した例

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

上熱下寒 – 當張仲景遇上史丹佛

 

西洋医学の不妊治療で食べ物アレルギーになり、顔が赤く腫れ上がる・お腹が痛い女性

 

女性、37歳、小柄体型。

数年前から不妊症で、病院の不妊治療に通いました。

 

西洋医学は、受精卵が拒絶されないようにたくさんの免疫抑制剤を投与。また彼女はアレルギー性鼻炎があり、ステロイド剤と抗生物質も山ほど使いました。

 

西洋薬で体調不良になった女性

 

西洋薬の副作用で体調は大幅に乱れ、虚弱体質になりました。

少しでも違う物を食べると顔が赤く腫れて、お腹が冷えます。特に肉料理を食べたあとは、お腹が痛くなる。

 

両側の乳房は線維化になり、右胸には小さな腫瘍があって胸が痛くなる。手足は筋肉痛で冷え性。昼間は体が寒くて、夜は逆に熱い。

 

毎朝起床後、鼻水とくしゃみが起きて、髪の毛はパサパサ。汗が出なくなり、寝汗も少しかきます。

 

生理の周期は28日、出血期間は3~4日、生理の量が少なくて塊が出る。生理痛もあります。

 

第4胸椎と三陰交穴には圧痛点がある。

尿は薄い黄色で、泡があります。

 

舌診:黄色くて乾いている。

脈診:数、無力。

眼診:肝臓はぼやけて見えて、脾臓の区域は大きすぎ、心臓の区域は平淡。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180527/20180527203633.jpg

 

この患者さんは「上熱下寒」のタイプです。

陰と陽が、もうすぐでも離れそうな感じ。患者さんが言うのは「上半身と下半身は別々の人みたいです。

 

私は処方する時、とても迷いました。

じっくり考えてから、以下の処方を出したのです。

 

麻黃  炮附子(加工したトリカブト)  細辛  石膏  炙甘草   梗米  知母  紅棗  龍骨  牡蠣  麥冬  炒麥芽  天花  瓦楞子  茯苓  防己  桂枝  白芍  丹皮  桃仁

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180601/20180601230512.jpg

 

【▲ 生薬:牡丹皮が取れる牡丹の花。根っこは生薬として使われ、花はまたきれい!】

漢方薬を飲み続けることで、すべての症状が改善された

 

患者さんが漢方を飲み始めた最初は、反応が複雑でイマイチだったけど、私は同じ処方を守りました。

 

1週間後、患者さんの上半身が熱くて下半身が寒いのは少し改善。

汗をかくようになり、顔の赤みが減り精神状態が良くなりました。

 

同じ処方を飲み続けた1ヶ月後、患者さんは大幅に改善しました。

上半身が熱くて下半身が寒いのはなくなり、いろんなものを食べてもお腹が痛くなりません。変なものを食べても、顔が赤く腫れる事がなくなり、ニキビが少し増えるくらい。

 

両胸のしコリは柔らかくなり始め、朝起きたときも鼻水・くしゃみが出なくなりました。

 

脈診はだいぶ良くなり、患者さんも「自分が別人に変わった」と言っています。

 

その後の治療は、小さな問題を解決するだけで、現在患者さんの調子はとても良好です。

 

李哲の解釈と感想

 

温める漢方と、冷やす漢方を混ぜるのは凄腕!

李宗恩博士の処方箋を分析します。

 

  • 麻黄附子細辛湯+白虎湯+桂枝茯苓丸。
  • 「麻黄附子細辛湯」は温める漢方。
  • 「白虎湯」は冷やす漢方。

なのに、同時に使っています。

西洋医学の先生からは考えられない事でしょう。

 

結果からみると、李宗恩博士は正しいです。

患者さんの諸症状が良くなっているから。

論より証拠。

中医学の理論と漢方薬の有効性は、また証明されました。

 

李宗恩博士の治療例には、バカな患者さんもいます。

西洋医学の治療で良くならない病気、漢方薬で良くなったのに、些細な症状が出た時は漢方薬の副作用だと断定して、治療を止めた親。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

 

www.li-hari.net

健康な人は足が温かくて、上半身はほてない・熱くない

 

「上熱下寒」は中医学の言葉で異常を示します。

正常な人は足が暖かくて、頭は冷えているはず。

足が寒くて頭が熱い・ほてるのは、すでに問題が起きていることです。

 

健康な人は足が温かい以外、ほかにも自覚症状があります。

以下の記事をどうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

  

中医学は血圧よ血糖値よコレステロールよで、健康状態を測りません。

人間であれば必ず体調不良が起きたとき、自覚症状があります。

 

自覚症状こそ、人の健康状態を測る唯一無二の基準!

 

治療すればするほど、様々な病気が増える西洋医学

 

上記の女性を見てください。

最初はただの不妊症、アレルギー性鼻炎でした。

 

抗生物質、ステロイド剤を使った結果、毎朝のくしゃみ・鼻水は相変わらずあります。 

それ以外に、乳腺症(胸のしこり)が増えて、ひどい食物アレルギーで顔が赤く腫れて腹痛。肉料理すら食べられない。

 

ますます悪くなったと言わなかったら、何でしょうか?

 

病気が良くなったところか、病院の治療費で自宅マンションを売るしかない患者さんもいます。

 

詐欺+強盗ですね。

 

www.li-hari.net

 

不妊治療で受精卵が排除されないように、免疫抑制剤を使うのも理解できません。

母体と胎児が元気で病気にならないためには、免疫力をあげる事が正解でしょう?

 

普段は「免疫力大事です、免疫力を上げましょう!」と宣伝するくせに、「不妊治療の時は免疫力抑制剤を使うのは仕方ない!」というのは矛盾な医学です。じゃ、いつ免疫力をあげればいいんだ?

 

ニハイシャ先生は、西洋医学の治療でボロボロになった患者さんを診た時、嘆いてました。

 

神様よ!

これはなんの医学ですか?!

 

www.li-hari.net

 

不妊治療は漢方薬・鍼灸などを最優先にするべき

 

西洋医学で不妊症の原因は、卵子と精子に問題があり、受精卵にならないと言います。

これを解決するのが人工授精。

 

しかし、人工授精で失敗した患者さんはたくさんいます。

以下は一つの症例。

 

10年間で6万ドル(約636万円)を支払い、まだ妊娠できていません。

漢方薬は4ヶ月で1千ドル(約10万6千円)で、妊娠できました。

 

www.li-hari.net

 

中医学が不妊治療の効果が良いのは、体内環境を整えて体質改善ができるから、自然に精子と卵子の質も変えます。

 

単純に精子と卵子をくっつけて受精卵にするだけでは、妊娠が続きません。必ず受精卵を育てる体内環境を良くする必要があります。

 

以下の記事でも説明したけど、西洋医学のやり方では結果が出ません。

中医学の治療は値段が安いだけではなく、効果も西洋医学より優れています。

 

www.li-hari.net

 

鍼灸、足ツボ整体でアレルギー性疾患・不妊症を治した例

 

アレルギー性疾患には花粉症・蓄膿症などがあります。

鍼治療は副作用がなくて、鼻水・くしゃみなどの症状の改善・根治ができます。

 

以下は一つの症例、花粉症を改善しただけではなくて、朝たちが増えました。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

食物アレルギーは、まだ鍼治療の症例がありません。

数年前、足ツボ整体で一人治療した事があります。

以下の記事、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

アレルギー性疾患は、ほとんど「金」と「土」の問題です。

「金」は肺と大腸。

「土」は脾臓と胃。

 

この2つを改善すれば、ほとんどのアレルギー性疾患は自然に治ります。

 

不妊症に関しては、以前足つぼ整体の症例があるので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。