本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

糖尿病、血糖値検査の採血・糖質制限でさらに体が弱くなり、患者は早死になる

【※本記事は2019-08-10更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

糖尿病は中医学の治療で、気血を補う方法で簡単に治せます。

しかし、西洋医学では治せないのに、採血で貴重な血液まで抜く。内臓が弱っているのに糖質制限までするのは危険!だと書いてあります。

 

中国語本文のリンク先は、

糖尿病:难道西医就是找不到一个能不伤身体的方法?_郑智城_新浪博客

 

糖尿病を治す秘訣は、内臓を補うこと

最近みた文章、感慨深いのがありました。

記事内容によると、糖尿病患者さんは現在、毎日両手の指で血糖値を測るしかない。

 

糖尿病の実質は前にも話しました。

原因は内臓機能の乱れ、慢性衰弱。

特に慢性衰弱がメインです。

 

衰弱した後は、自然に乱れが始まり、その後は血糖値の異常がでます。

 

www.li-hari.net

 

私は糖尿病を治療する時、失敗したことがありません。

みんな内臓を補うやり方で治しました。

 

一人ひとりの体質によって、肝臓と腎臓を補うのもあるし、胃腸を補うのもある。決まってないです。簡単にまとめると、糖尿病を治す秘訣は内蔵を補うこと。

 

血糖値検査の採血・糖質制限でさらに体が弱くなり、患者は早死になる

 

この指を刺して検査するのは良いですね。

毎日1回、若しくは1週間に何回か刺す。

毎日少しずつ血を出すのは、数値を測るだけ。

 

皆さんは中医学に『十宣穴』と言うのを知っていますか?

 

10本の指先です。

十宣穴の作用は、体内の気血が乱れすぎて頭痛.高血圧.脳卒中の時の緊急対策です。簡単に言うと、溢れているエネルギーを消す為にある。

 

さっき私が何を言いましたっけ?

糖尿病の実質は内臓の慢性衰弱。

つまり、体内の気血が足りないです。

 

なのに、あなたは毎日10本の指先で血を出して、気(エネルギー)を放出する、これは逆効果じゃないですか?

 

だから、西洋医学の治療を受けた糖尿病患者さんは、最後みんな痩せてしまい、平均寿命も7~8年縮まります。

 

西洋医学の理論だと、患者さんはまた厳密に食事制限をしないといけない。

 

もともと気血が足りなくて弱いのに、さらに栄養補給もできない。

これで早死しないのがおかしいです!

 

f:id:li-hari:20180305100533j:plain

 

血糖値を下げる薬で、肝臓と腎臓が壊れる

 

私の一人の患者さん。

糖尿病の薬をしばらく飲んでから、皮膚に瘙痒、紅斑、丘疹ができました。

 

これは明らかに西洋薬で起きた肝臓と腎臓の中毒です。

 

西洋医学の先生は、「グリブリド(Glyburide)などの薬は、肝機能が良くない人は飲んではいけない」と言います。

 

これは重大な隠蔽があります。

肝機能が弱い人が飲んではいけないのは、肝臓と腎臓を壊すからです。

たとえ肝臓と腎臓が良い人でも、この薬を飲むと最後は肝臓と腎臓が壊れます。

 

それでは、またほかの薬にしよう。

今度は腸がダメになる。

 

だったら、また他のに変えよう。

Avandiaはまだ良いみたいですね。

 

Ooops

ダメだ、心臓がやられる。

 

こんなやり方、何の意味がありますか?

 

李哲の感想

 

漢方薬の治療効果は、以下の記事が参考になると思います。

ニハイシャ先生の治療記事、どうぞ参考にしてください。

 

www.li-hari.net

  

糖尿病の鍼治療は数少ないですが、1つのあります。

私のお父さんが日本に来たときの治療記録です。

 

www.li-hari.net

 

以前、足つぼ整体の事例としても一つあります。

どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

糖尿病に良いツボはたくさんあります。

問題は忍耐強く通うこと。

 

糖尿病を治すのには、時間がかかります。

最低でも3~4か月必要。

数回の施術で血糖値が下がらない!と焦ってはいけません。

 

特に西洋薬をたくさん飲んできた人は、薬の毒素も出さないと行けないので余計に時間がかかります。

 

西洋薬を止めると一時的に血糖値が上がりますが、怖がらないでください。時間が経つとともに、血糖値が自然に下がるから。

 

漢方薬であろうと、鍼治療であろうと、数ヶ月の時間をいただければ良い結果が見られます。 

 

(おわり)

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。