本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

夜中に患者さんの霊が探しに来るから、気をつけてください

患者さんを脅かさないで。

治せないなら「治せません!」と本当の話をしてください。

 

患者さんも怖い病名を聞いて、落ち込まないでください。

中医学は「治せない」と言ってないから。

 


 

こんにちは。李哲です。

今日は倪海厦(ニハイシャ)先生の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

我們要如何面對疾病(撰寫始於04/05/2004)漢唐中醫倪海厦

 

 

前書き

私たち現場で働く医師、最大の問題はいろんな病気ではなくて、患者さんの恐怖心を慰めること。

 

良い治療法がないと、患者さんは恐怖の中で死にます。

事実上、たくさんの患者さんは怯える中で、恐怖心で死んでいる。

 

なぜこうなったのか?

その原因は、西洋医学が病名ばかり作り、新しい病名を作ることを誇りだと思うから。

 

専門的に病名を発明した結果は、患者さんは脅かされて死ぬ、有効な治療法もない。

自分の無知を隠すために、自分でも間違いやすい病名を発明するのが、今の西洋医学の状況。

 

私は以下の提案があります。

西洋医学の先生たちには、ぜひ見てほしい。

 

1.患者さんを脅かさないで、患者さんに本当の話をしてください

西洋医学の先生が本音を話すと、以下のようになります。

 

「この病気、西洋医学では治せない。原因も分かりません。

 

中医学に診てもらったら、どうですか?

中医学は治せるかも知れないので、怖がらないでください。」

 

f:id:li-hari:20181227194103j:plain

2.病気を治した医師のみ、病名を作る資格がある

西洋の製薬会社は薬を売るために、たくさんの病名を作り出しています。

たとえばコレステロール、全身性エリテマトーデス(SLE)、白血病などなど。

 

このような病名は、患者さんが聞いただけで失神し、生命力が半分なくなります。

 

病気の原因も知らない、治療もできないのに、患者さんは大量の西洋薬を飲んで、寿命が来る前に薬物中毒で死亡。患者さんは、病気で死んだのではないのです。

 

以下は、たとえ話。

私が全身性エリテマトーデス(SLE)を治しました。

同時に病気の原因を分かります。

 

そして、私は全身性エリテマトーデス(SLE)を「ニハイシャ1号」という病名に変更しました。

 

つまり、貴方が「ニハイシャ1号の病気」になっても怖がらなくて良い。すでに治す方法があるし、予防する方法もあるから。

 

すべての医学がこんな感じだったら、病気がまだ怖いですか?

 

みんな喜んで、日常生活を楽しみます。

 

f:id:li-hari:20181206142157j:plain

 

中医学と西洋医学の最大の違いは、西洋医学は朝から晩まで薬を売るために、「病気は怖い!でも、この病気は今治せません!」と患者さんに言う。

 

中医学が患者さんに言うのは、「我々人間の免疫力はとても強い。自分の免疫力に自信を持ってください、治せない病気はありません。すべて予防もできます!」

 

中医学の先生が一番困るのは、患者さんが病名を聞いた時の恐怖心を治すこと。

 

3.不治の病だと診断されても、絶対に落ち込まないでください

これは西洋医学の診断です。

 

中医学は「不治の病」だと言ってました? 

答えは、ありません!

 

あなたは中医学の先生にも聞かないで、診断名を聞いた日から両手が震える、怖くて眠れない、便秘、焦燥感で不安にあふれるのはなぜですか?

 

簡単に言うと、あなたは中医学の存在を知らないから。

 

漢方薬を飲みながら、漢方薬は信じない。だから、正常な反応が出た時は漢方薬の副作用だと思い込む。こんな状況で、中医学は治療できますか?

 

正しい態度は、先に数カ所に聞いてみる。落ち着いてください。

いろんな中医学の先生にも聞いてから、もう一度考えて。

 

台湾には良い中医学の先生がたくさんいます。良い先生さえ見つければ、あなたの病気は必ず良くなる。

 

f:id:li-hari:20180606144630p:plain

4.病気の原因すら分からない先生の話は、絶対に信じてはいけない

すべての病気は、みんな原因があります。

中医学であろうと西洋医学であろうと、病気の原因を知らないと治療と予防ができません。

 

治療と予防ができるのは、正統派の中医学だけ。

あなたの主治医がこれを知らなかったら、先生をすぐチェンジしてください。

 

中医学がダメではなくて、中医学の先生の問題です。

優秀な中医学の先生であれば、みんな治療ができます。

 

5.世の中には、治らない病気がない

ただし、西洋薬の副作用で起きた病気は、治らない可能性がある。たとえば肝臓がん。

 

肝臓がんは、たくさんの西洋薬、サプリ、ビタミン剤と関連しています。

しかし、西洋医学は毎回科学的根拠が足りない・検証が必要だと言い訳して「関連性がない」と皆さんを騙す。

 

私ははっきり言います。

皆さん、これは幻想的なものです、もう願わないでください。

 

製薬会社はすべてをコントロールしています。

西洋薬・ビタミン剤で肝臓がんになるのか?

これを検証する製薬会社は、一つもありません。

 

製薬会社ののぞみは、すべての人が病気になってほしい。

製薬会社が金払って、自分に不利な研究をすると思いますか?

 

アメリカFDAさえ、特別に予算を西洋薬の副作用を研究する所に当てていません。

 

西洋薬を止めないと、肝臓がんが良くなると思いますか?

今後はこんな言い訳をしないでください。あなた達のせいで、たくさんの人が死にます。

 

患者さんはあなた達を信じて治療に行ったけど、あなたのはっきりしない言い方で、患者さんは間違った道に行く。そして、最後はあなたのせいで死ぬ。

 

夜中に患者さんの霊が探しに来るから、気をつけてください。

 

f:id:li-hari:20190123185005j:plain

6.病気は怖くない、中医学の治療に時間をください

忍耐強く中医学の治療を受ければ、全部良くなります。

中医師のレベルが違うので、早く治るか遅く治るかの違いがあるけど、最終的にはみんな良くなるはずです。

 

西洋医学の先生、もう中医学の悪口を言わないで!

中医学と手を組んで、最良の方法を見つけて患者さんを救うのが一番大事です。

 

患者さんを救う。

患者さんの役に立つ。

これは医師の天職ではないですか?

 

果たして、あなたはできたでしょうか?