本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

子供の夜泣き・夜驚症を一晩で完治

子供が寝ている時、急に起きて泣き出す、怖いものでも見たように怯える。

 

西洋医学では、まだ原因がハッキリ分かっていません。

分からないから治療法もない。

 

夜泣き・夜驚症は違う言葉ですが、中医学の理論から見ると源はほぼ同じです。

心臓もしくは肝臓が原因。

 

原因が分かるので、漢方薬・鍼灸ではもちろん、子供の夜泣き・夜驚症を治せます。 以下は一つの漢方薬治療例、参考になると幸いです。

 


 

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。目次「李哲の感想」だけ私が書いたものです。

 

中国語本文のリンク先は、

女儿半夜惊悸哭叫,一剂药就好_郑智城

(2011-07-26 23:27発表)

 

 

子供の夜泣き・夜驚症を「酸棗仁湯」+五味子で完治

 

私の長女は、幼稚園に通い始めてからトラブルが起きました。

夜中の12時前後になると、突然ビックリして泣き出しながら、良く分からない言葉を言い出しました。

 

お母さんが数分あやすと、徐々に安定してまた寝られます。

たまには一晩で何回も起き上がり、静かな夜に泣き出した時は本当に困りました。

 

困った先生


 

最初は幼稚園でいじめられたと思ったけど、よく観察したらそうでもなかったです。

家で楽しく遊んだあとでも、寝る時ビックリして泣き出すのは変わらない。

 

夜中の泣き出しはあったりなかったりしたけど、最近は毎日泣き出しました。

回数が増えると、方法を考えざるを得ない。

 

一般人はセミの抜け殻、钩藤など鎮静作用がある生薬を思い出すでしょう。でも、私は長女の体質をよく分かります。長女の体は西洋医学に破壊されているので、こんな処方箋は効かない!

 

心臓と肝臓の問題だと判断して、「柏子仁湯」を飲ませました。

しかし、効果はない。

相変わらず夜中の泣き出しがありました。

 

ほかの患者さんだったら、もうこれっきりで二度と来ないでしょう。

「飲んでも効かないじゃん!詐欺師だ!」と。

 

幸いにも自分の娘なので、忍耐強く飲んでくれました。

今度は心臓の気が足りないと判断し、酸棗仁湯(さんそうにんとう)+五味子にしました。

 

f:id:li-hari:20180526120523j:plain

五味子(ごみし)の画像

 

煎じたあと、寝る1時間前に1杯目を飲ませました。

 

これはすごかった!

その夜は静かに寝てくれのです。

私はわざと遅めに寝て観察したけど、時間がいつまで経っても静かのまま。

 

その時、私は超~嬉しかったです。

気分が超~~~いい!!!

 

何を幸せだと言うのか?

これが幸せです。

 

その後、娘の夜泣きは発作してない。

漢方薬はまだ半分以上も残っています。

 

李哲の感想:夜泣き・夜驚症の治療には、お灸の方法もある

 

酸棗仁湯(さんそうにんとう)は日本にも市販の薬があるので、試してみるのもありだと思います。具体的なのは漢方医に相談してみてください。

 

漢方薬は症状に合うときは、びっくりするくらい効きます。

合わなかったら……ちっとも効き目がないですね。 

 

子供は大人と違って、漢方薬に対する反応が非常に速いです。

だから、1杯目だけでも治るケースがありますね。

 

これは鍼治療でも体験しました。

子供の治るスピードは、明らかに大人より早くて回数がかからないです。

 

鍼の画像

 

夜中に驚いてびっくりし大声で泣くのは、中医学でいうと『心不蔵神』。

つまり、心臓が弱いので『神』が心臓の”宿”に戻ってこれない。 

 

ちなみに、心臓に新しい動脈血を送るのは肝臓。

中医学では、『木生火』と言います。

肝臓は「木」に属し、心臓は「火」に属する。

 

寝付きが悪い、途中覚醒、ビックリして泣き出す…様々な症状は心臓と肝臓、この2つの臓器と関連性があります。

 

それでは、なぜ肝臓と心臓が弱くなったのか?

鄭智城先生が上でも話しました:「西洋医学のおかげ。」

 

ワクチン・病院の薬が普及しているから、心臓と肝臓が元気な子供のほうが珍しいだから、子供の夜泣き・夜驚症が多いわけです。

  

子供の夜泣き・夜驚症を治すとき、漢方薬も良いですが、もっとも簡単なお灸の治療法があるので試してください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

もしお灸がダメだったら、鍼治療をしたほうが良いです。

 

鍼治療の場合は、内関が良いツボになります。

これでだめだったら、背中の肺兪・心兪をちょこっと刺せば良い。もしくは百会にお灸をしたり、解決策はいろいろあります。

 

足マッサージも良いので、寝る前にしっかり足マッサージしてあげると睡眠の質が良くなり、夜泣きと夜驚症が改善できます。