本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

「腎虚」の具体的な症状、『黄帝内経』をもとに詳しく説明。西洋薬が腎臓を殺している証拠も話す

 

腎虚証は様々な自覚症状として現れる

 

こんにちは、李哲です。

今まで腎虚証の記事は何回も出ました。

 

例えば足の踵の痛みは、腎虚証。

足つぼでかかとの痛みを治した例は、以下の記事です。

 

www.li-hari.net

 

▼口内炎は腎虚証から来る時もあります。

以下は漢方薬と鍼灸ですぐ治した例。

 

www.li-hari.net

 

尿もれ、尿失禁、頻尿なども腎虚証。

漢方薬には尿のトラブルを治す体表的なものがあります。 

以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

 

なぜ、同じ腎虚証なのに、病名も違うし、症状もバラバラなのか。

 

今日は腎臓に関する基礎知識を、『黄帝内経』の原文をもとに、皆さんにご紹介します。

 

中医学でいう臓器は、内臓本体と内臓から枝みたいに全身を走る経絡があります。

次は内臓本体と経絡、病気になったときに現れる症状をまとめました。

 

腎臓の経絡(足少陰腎経)が、病気になったときの自覚症状

 

『黄帝内経』に載っている古文を私が翻訳してみました。

 

是动则病饥不欲食,面如漆柴,咳唾则有血,喝喝而喘,坐而欲起,目(盳盳)如无所见,心如悬若饥状。气不足则善恐,心惕惕如人将捕之,是为骨厥。是主肾所生病者,口热,舌干,咽肿,上气,嗌干及痛,烦心,心痛,黄疸,肠澼,脊股内后廉痛,痿厥,嗜卧,足下热而痛

 

引用元:『黄帝内経・霊柩・経脈第十篇』

▼直訳します。

腎臓の経絡に問題が生じたとき現れる症状は以下のとおり。よく見かける症状は、太字で示しています。

 

  • お腹が空いているのに、食べたくない、食欲不振
  • 顔色はドス黒い
  • 咳き込むと血が出る
  • ゼーゼーハーハーして、寝られないから起き上がろうとする
  • 目がかすんでよく見えない
  • 心臓が浮いているように落ち着きがない
  • 自分が逮捕されそうで怖がる
  • 口の中が熱い
  • 舌が乾く
  • 喉の痛み
  • 喉が乾燥して痛い
  • イライラ
  • 黄疸
  • 下痢
  • 倦怠感が強くて、ずっと寝ていたい(眠気)
  • 足の裏が熱くて痛い

 

倦怠感が強くて、寝ても寝ても寝足りない方はいませんか?

あなたの腎臓に問題が起きているからです。

 

以下はステロイド剤を飲んだあと、ひどい倦怠感の副作用が現れた女性の治療例。

 

www.li-hari.net

 

顔がドス黒いのは腎臓が破たんした時、特徴がある艶がない黒い色です。

だから、ニハイシャ先生は治療例でよく言いますが、腎不全で人工透析をする患者さんは顔を見ただけで分かる。

 

私も通勤中に見たことがあります。

でも、言えないですね。

「あなた人工透析しているでしょう?漢方薬もしくは鍼治療で人工透析の悪夢が終わりますよ。」と言ったら、きっと気狂いだと言われるはず。

 

腎不全は漢方薬で治せる病気です。

西洋医学では人工透析(血液透析)で収めていますが、一時的な緩和対策で治療ではありません。患者さんは苦痛の人工透析を受けながら、徐々に死んでいく。

 

以下はニハイシャ先生の一つの漢方薬治療例。

参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

ほかのドライマウス(口の中が異常に乾く)、パニック障害、不安障害なども腎虚証と関連しています。

 

腎臓本体が病気になったときの自覚症状

 

次は腎臓の働きをもとに、腎臓(本体)に問題が起きたときの症状を書きます。

 

髪の毛のツヤがなくなり、白髪が増える

 

肾者,主蛰,封藏之本,精之处也;其华在发,其充在骨,为阴中之少阴,通于冬气。

 

引用元:『黄帝内経・素問・六節臓相論篇第九』より

直訳します。

腎臓は集める・収めるもとで、「精」を格納するところ。

腎臓の良い栄養素(精華)は髪に現れ、骨の中を補充する。

腎臓は陰の中の少陰で、冬の気とつながっている。

 

髪の毛の艶がなくなり、白髪が増えたときは、腎臓が弱っている事を示します。

 

www.li-hari.net

 

認知症、小児麻痺、白血病、脊椎側湾症など

 

 『黄帝内経』の文章を引用します。

骨枯而髓减,发为骨痿

肾主身之骨髓

引用元:『素问•痿论』

 

肾主骨
引用元:『素问·宣明五气篇』

 

肾者……其充在骨

引用元:『素问·六节藏象论』

 

肾生骨髓

『素问·阴阳应象大论』

 

肾不生则髓不能满

引用元:『素问·逆调论』

 

诸髓者,皆属于脑

引用元:『素问·五脏生成篇』

 

肾藏骨髓之气

引用元:『素问·平人气象论』

 

▼ まとめて直訳します。

腎臓は全身の骨と骨髄を作り出す。

骨髄はみんな脳に属する。

骨が枯渇して骨髄が減ったら、骨萎になる。

 

骨萎は、骨が萎縮・力がなくなる意味です。

もともと、骨は体を支える最大の臓器で、骨がしっかりしているから、人間は立って歩けます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20181213/20181213005632.jpg

 

もし骨がダメになったら、歩けないし座ることも難しい。

小児麻痺、脊椎側湾症、ひどい猫背など体表的な病気です。

 

臨床でもっとも多いのは膝・肘・手首・指関節・股関節・背骨が痛い頚椎ヘルニア、椎間板ヘルニアなど。とにかく、骨が痛いのは腎臓に問題があることを示します。

 

白血病は骨髄の異常な増殖だと言われています。中医学から見ると、白血病は骨髄の問題なので、腎機能と関連している。白血病に関して私が書いた小論文があるので、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

腎臓は骨髄を作り出し、骨髄はまた脳細胞を養うので、人間は記憶力があります。

 

もし腎臓がダメになった場合、西洋医学でいう「認知症」が出て記憶力障害が出ます。

西洋医学ではアルツハイマーよ認知症よ、様々な病名を出しているけど、根本的な原因は腎臓が毒殺されたから。

 

昔は認知症なんてなかったです。

現代の西洋薬の普及がなかったら、この病気も普及されない。

 

www.li-hari.net

歯がボロボロになる、歯ぐきが痛い、歯が浮いてしまう

 

中医学で言うのは、「歯為骨之余」

つまり、歯は骨が余ったもの。骨から歯が作られているのです。

 

  • 歯がボロボロ。
  • 歯ぐきが痛い。
  • 歯が浮く感じがする。

このような症状は、全部腎臓がダメになった時です。

 

歯周病で歯が抜けるのを鍼で治した例があるので、どうぞご参考に。

 

www.li-hari.net

慢性的な腰痛、もしくは急性のギックリ腰

先に古文を引用します。

腰者、腎之府、转摇不能,腎将惫矣。

 

引用元:『黄帝内経・素问・脈要精微論』

 

▼直訳します。

腰は腎臓の住む場所。

腰を動かす事ができないのは、腎臓が疲憊・過労しているときです。

 

臨床でみると、ほとんどの腰痛は腎虚証と関係しています。

治療としてはもちろん腎臓を強化しないといけない。漢方薬もしくは鍼治療、どちらでも腰痛を治せます。

 

西洋医学は腰痛を治せないから手術をすすめるけど、中医学では笑い話です。

鍼で簡単に治るのに、手術は大げさでしょう?

手術で腎臓が強くなりますか?

 

以下は鍼で腰痛を治した例、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

志がなくて、何をしたら良いか分からない

先に古文を引用します。 

「五臓所藏、心蔵神、肺蔵魄,肝蔵魂,脾蔵意,腎蔵志。」

引用元:『素问·宣明五气篇』 

 

腎臓が司るのは、「志」(こころざし)。

言い換えると、志がある人、何かやりたい・目標を達成したち人は腎臓が正常。腎臓に問題が起きると、何もしたくない・何をしたら良いかも分からなくなります。

 

下半身の浮腫(むくみ)、腹水

 

腎臓は陰陽五行論で「水」に属します。

むくみ、腹水などは全部「水」が氾濫したときの症状。

 

「水」は重いので、下にたまります。

だから、足のむくみは手のむくみより圧倒的に多いです。

 

腎臓がダメになればなるほど、むくむ範囲が広がります。

最初は足首まで、その後はふくらはぎまでむくむ。

もっともひどいのは、太腿までむくんで氷みたいに冷たいこと。

 

鄭智城先生の記事でも、様々な腎虚証の症状を書いてあるので、参考になると思います。

 

www.li-hari.net

同じ腎虚証でも、人によって現れる症状が違う

 

中医学の生理学内容を見ると、腎臓が司る範囲は非常に広いです。

人それぞれ、生まれつきの体質が違いので、同じ腎虚証でも同じ症状が現れるとは限らない。

 

例えば、この人は腎虚証でむくみがひどいけど、眠気にはならない。

あの人は腎虚証だけど、歯が丈夫で腰痛もない、ただ認知症になって記憶力がないだけ。

 

以前、甘い物・乳製品を止めさせた女性から「文句」がありました。

 

私は彼女に答えましたが、腎臓の管理範囲は広いので、たとえAに出なくても必ずBに出ます。腎虚証になったとき、なにも症状が出ないわけがない。

 
つけは必ず回って来ます。

 

www.li-hari.net

西洋薬が腎臓を破壊する証拠は、自覚症状に現れている

 

西洋医学は薬の副作用一覧に、病名は書かないで自覚症状を書くのが好きです。その自覚症状は何を意味しているのか、私が解釈してみました。

 

最初、風邪薬のパブロンの主な副作用を見てみましょう。

  1. 口渇
  2. 眠気

2つ当たっています。

 

次は、ロキソニンの副作用を見てみましょう。

参考先:ロキソニンによる副作用

 

胃部不快感がある
・腹痛がする
・悪心がある
・嘔吐する
食欲不振になる
・浮腫ができる
・むくみがでる
・発疹ができる
・蕁麻疹(じんましん)がでる
眠気がする 

 

ロキソニンは4つもピンポンです。

 

最後、アレグラを見てみましょう。

(参考先:アレグラ副作用(アレグラ錠) :薬によるもの

 

主な副作用は、

  1. 頭痛
  2. 眠気
  3. 吐き気がする

直接当てはまるのは一つあります。

間接に引き起こす副作用は、まだ計算していません。

 

上記の薬を見れば分かりますが、腎臓にダメージを与えない西洋薬がありません!

 

腎臓がずっとダメージを受けたらどうなるか?

  • 最終的には腎臓癌、腎不全になり人工透析を受ける。
  • 骨がダメになるので、膝痛・股関節痛に悩まされ、高価な人工関節置換術を受ける。
  • 骨髄と脳ミスが減るので、徐々に記憶力がなくなり、難治性だと言われるアルツハイマー・認知症になり、また高価な副作用だらけの新薬を試す。

 

しかし、西洋医学は絶対に薬の副作用に腎不全・腎臓にだと書きません。症状を書いてごまかすだけです。

 

西洋薬をもっと深く理解するためには、以下の記事がオススメです。読んだことがない方はどうぞご覧ください。

 

www.li-hari.net

腎虚証は漢方薬、もしくは鍼治療を受けてください

 

腎虚証の様々な自覚症状を述べました。

ということは、あなたに以上の症状が現れたとき、中医学の先生は腎臓に問題があると判断するわけです。もちろん、関連の治療方法も完備しています。

 

以下は、腎虚証の腰痛を治した例。

漢方薬と鍼治療例です、参考にして下さい。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

以下の画像は、最近見た駅ナカのポスターをスマホで撮ったもの。

 

日本人の女性、死亡原因第一位は大腸がんだそうです。

進行するまで自覚症状がない!早期発見・早期治療しましょう!という宣伝。

 

駅ナカのポスター(大腸がん検診をすすめている)

 

笑っちゃいました。

自覚症状がない?!

便秘・手足の冷え性・不眠症…

 

中医学の先生から見たら治す項目がいっぱいあるのに、なぜ自覚症状がないと言うんですか?

 

だから、西洋医学の健診を信じた結果は、自覚症状がどんどんひどくなり、ある日大きな腫瘍が見つかるのです。

 

最初の症状がある時に治せば、あとの大きな腫瘍もないのに、自覚症状を無視する・治せない現代医学は可愛そうな医学だとしか言えない。

 

なにが辛い自覚症状があったら、漢方医もしくは鍼灸医に治してもらってください。病院の診断を信じたら、病気が見つかったときは手遅れです!