本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

炙甘草湯:心臓のドキドキを5日で治癒した例

こんにちは。李哲です。

 今日はアメリカでの中医師:鄭智城先生*1の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

炙甘草汤:马来西亚华妇心悸心慌五剂治愈_郑智城_新浪博客

(2011-11-01 06:31:45発表)

 

 

心臓の動悸を治す「炙甘草湯」

 

羅大伦さん(李哲説明:中医学の普及に力を入れた有名な作家)は話したことがあります。

 

自分が中医学を信じ始めたのは、炙甘草湯(しゃかんぞうとう) で自分の動悸が治ったから。

 

実際に私も臨床で炙甘草湯(しゃかんぞうとう) を良く使います。以下は一つの治療例。

 

理由なしで怖い、動悸がするのは心臓の問題

 

ある日、マレーシア生まれの中年婦人が来ました。

なんか不安そうな顔で言ったのは、

「いつもドキドキします。いつも理由なしで怖い。何を怖がっているのか分からないです。」

 

ちょっとした事でも、心臓がドキドキする。

心臓に問題がある人は、いつも不安そうな顔をしています。

診察の時、いつも同じ質問を繰り返す。

 

このような人はたくさん診たので、すぐ心臓の問題だと判断しました。

 


 

もし、西洋医学の検査を受けたら、西洋医学は不安障害.うつ病だと診断して、精神科医に行くか若しくは抗不安薬.抗うつ薬を飲ませます。

 

患者さんは西洋薬を飲んでさらに興奮し、尋常ではない理性的ではない行動をとる。

 

そして、さらに追加で精神病だと診断します。

尋常ではない行動は、邪悪な西洋薬の副作用です。

 

炙甘草湯が心臓の動悸を治す仕組み

 

炙甘草湯(しゃかんぞうとう) の特徴は、大量の生地黄を使うこと。

傷寒論に書いたのはもともと1斤。

私は1両以上を使います。

 

生地黄の作用は、血を補います。

生地黄の色は黒で、大量の鉄分を補給できる。これは西洋医学の角度での解釈です。

 

中医学の角度で言うと、生地黄は血の流れを良くする作用もあります。

 

人参は党参で代用、3銭。作用は気を補給。

f:id:li-hari:20180517141206j:plain

朝鮮人参の画像


火麻子仁は、アメリカで禁止している大麻の種です。

たくさん食べると、「令人见鬼狂走」(ヒステリックになり、幽霊などが見れる)の副作用がある。

 

しかし、ちゃんとした量を使えば、「主五労七傷,利五臓」のよい効果があるのです。

 

桂枝の作用は、心臓の動脈血管を広げる。

4銭の炙甘草と組み合わせすると、安定した心拍数を維持できて、大量の生地黄とアギョウが作った血液を全身に送り出す。

 

こんな巧妙な設計で、心臓病が治らないわけがないです!

 

動悸、心臓のドキドキは3日で治った

 

マレーシア生まれの女性は、5日分しか買っていません。

3日分だけ飲んで、心臓の動悸が治りました。

 

彼女は生薬が高い、もったいないと思って、残りの2日分も飲んじゃったそうです。

 

彼女みたいな年齢になると、この炙甘草湯(しゃかんぞうとう) はもっと飲んでも構いません。

李哲の感想:動悸には鍼灸の効果も良い

漢方薬以外に鍼灸も動悸に良いです。

 

今までの経験だと、鍼はすぐ効果が見れます。

一つの症例があるので、ご覧ください。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com

 

鍼では八会穴の公孫+内関のセットだけでも心臓がかなり楽になる。強化バージョンとしては心兪、巨闕などを追加するとなお良い。

 

漢方薬みたいに5日で治せないかも知れませんが。漢方薬がない時には代用の治療法になります。

 

良い漢方医がいなかったら、鍼灸も試してください。

*1:鄭智城先生の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。