本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

重症筋無力症の原因は「陽明」にある。15回で重症筋無力症を治した鍼灸症例をもとに説明します。

こんにちは、李哲です。

重症筋無力症は指定難病の一つで、西洋医学は未だに良い治療法がありません。中医学の理論で解釈すると、重症筋無力症は「陽明」(土)が原因で、脾胃を強化する方法で治せます。

 

50年前の陳応龍先生*1は、一つの鍼灸治療例を残してくれました。『陳応龍鍼灸医案』という著作に書かれています。

 

今回はその治療例を翻訳して、古典の古文を引用しながら、鍼灸で治せる仕組み・原理を説明します。重症筋無力症は「不治の病」ではない事を知ってもらえると嬉しいです。

 

陳応龍先生の症例はもう一つあるので、こちらもどうぞご覧ください。あなたが知っている西洋医学の世界と、まるっきり違う内容です。

 

www.li-hari.net

 

15回で重症筋無力症を治した鍼灸症例

 

男性、32歳、マレーシア籍の中国人。

初診は1974年8月15日。

 

主訴:手足の倦怠感、力が入らない。歩けなくなったのは2年も経っている。

 

症状:1972年の頭、手足が重く感じて全身に力が入らなくなり、寝たきりになりました。ほかの症状は、こめかみ辺りは腫れて痛い、眼瞼下垂。意識はハッキリしているけど、声が出ない。

重症筋無力症は15回の鍼灸で治った

患者さんはマレーシアとシンガポールの病院に行って検査・治療しました。西洋医学の診断は、みんな「重症筋無力症」。2年間治療したけど、効果がありません。

 

1974年、中国に戻って治療をしました。最初は広州の病院で1ヶ月くらい治療したけど効果がない。1974年8月、夏門市中医学医院に来て治療をしました。

 

所見:

  • 顔色悪くて両目には力がない
  • 話す気力がなくて、動きも少ない
  • 皮膚は腫れてむくんでいる。
  • 脈診では浮・弱、強く押すと無力、関脈は細数。
  • 舌苔は白で乾燥している、べろは薄い・むくんでいる・色は薄い赤。

 

弁証:命門の火が衰えて、脾臓の陽気が足りない。胃が弱くて、陽明は湿気が溢れている。経絡の気血の不足で、筋肉に潤いが足りなくて、体に力が入らない。

 

治療法:命門の火を補う。

脾胃を重点的に、五臓六腑を強化。

補気・養血をメインにして、経絡のつまりをなくすのを補助にする。

 

鍼灸のツボは以下の通り。

●1組:百会、風池、命門、肺兪、肝兪、胃兪、三焦兪、関元兪。

●2組:中脘、気海、肩髃、曲池、合谷、地機、三陰交、公孫。

●3組:脾兪、腎兪、関元、足三里。

 

重症筋無力症は15回の鍼灸で治った

 

上記の3組をローテーションで使いました。

2日に1回の鍼治療、お灸は毎日1~2箇所を選んでやる。

 

手技:先に瀉法、後で補法。

15回の鍼灸治療で、重症筋無力症を完治しました。

李哲の解釈と感想

 

15回で重症筋無力症を治した腕には感服しました。

一つ注意してほしいのは、陳応龍先生の症例はあくまでも個人の例、誰でも15回で重症筋無力症が治るとは限りません。

 

以下からは、なぜ鍼灸で重症筋無力症を治せるか?治療法の根拠になるのはあるのか?を説明します。 

重症筋無力症の原因は「陽明」にある

 

中国古代には、すでに重症筋無力症・小児麻痺に近い症状が書かれています。一番古いのは『黄帝内経』の記録。以下、古文の引用です。

 

胃不実則諸脈虚、諸脈虚則筋脈懈惰、筋脈懈惰則行陰用力、气不能复。

引用先:『霊柩・口問』

 

▲「諸脈虚則筋脈懈惰」の意味は、筋肉と脈が怠け者になり、無気力になる。この形容は、現代の小児麻痺・重症筋無力症との似ています。

 

黄帝内経の画像 

痱之为病也、身无痛者、四肢不收、智乱不甚、其言微知、可治、甚则不能言、不可治也。

引用先:『霊柩・熱病篇』

▲私が理解している言葉で翻訳します。

「痱病」というのは、体は痛くないけど手足に力が入らない。知能が乱れてない、話すのが理解できる人は治せる。言葉も話せない人は治せない。

帝曰:如夫子言可矣。論言治痿者,独取陽明何也?

岐伯曰:陽明者五脏六腑之海,主润宗筋,宗筋主束骨而利机关也。冲脉者,经脉之海也,主渗灌溪谷,与阳明合于宗筋,阴阳○宗筋之会,合于气街,而阳明为之长,皆属于带脉,而络于督脉。故阳明虚,则宗筋纵,带脉不引,故足痿不用也。

帝曰:治之奈何?

岐伯曰:各补其荥而通其俞,调其虚实,和其逆顺,筋脉骨肉,各以其时受月,则病已矣。

帝曰:善。

引用先:『黄帝内経・萎論篇第四十四』

▲長いので、一番大事な太文字のところを翻訳します。

黄帝の質問:なぜ筋肉萎縮・無力の時は、陽明だけ治すのか?

岐伯の答え:陽明は五臓六腑のエネルギーを集める「海」で、主な作用は「宗筋」(筋と筋肉)を養う。「宗筋」は骨・関節の動きをコントロール。陽明が弱くなると、「宗筋」の無力で垂れて、足が使えなくなる。

 

黄帝の質問:治療はどうすれば良いのか?

岐伯の答え:栄穴を補って兪穴のつまりをなくし、虚実を調整すること。

陽明と言うのは、経絡でいうと「足陽明胃経」・「手陽明大腸経」。臓器からいうと、消化系の脾胃です。

 

脾胃は「土」に属して、土は筋肉を作ります。 

筋肉が萎縮、もしくは筋肉の力がない時は、脾胃を強化するのが中医学の治療方向。

 

上記のツボを見ても分かりますが、脾経・胃経・大腸経のツボと滋養強壮剤効果がある関元などがメインです。 

 

重症筋無力症は15回の鍼灸で治った

「陽明」を傷つけるのは西洋薬・ワクチン

 

「陽明」の脾胃に問題が出た原因は、生まれつきの先天不足がごく一部で、もっとも多いのは生まれたばかりに使った薬・ワクチンが関係しています。

 

大昔、このような筋肉の萎縮する病気があったのは、食べ物がない・寒さ・雨を十分に避ける住居もなかったからです。脾胃が弱いと抵抗力も低いので、外部からの湿気・寒気にやられやすくて、余計に筋肉が萎縮して力がなくなる。

 

今は違います。

生まれたばかりの赤ちゃんに、B型肝炎ワクチンから始め、数十種類のワクチンを順番待ちで打ちます。あなたの赤ちゃんを病人にさせないと、気がすまないのが製薬会社。

 

ちなみに、B型ワクチンはまったく必要がない。むしろ肝炎を作り出し、ほかの重病も作り出すので拒否していいです。鄭先生がB型肝炎ワクチンは必要がないと、以下の記事で説明しました。

 

www.li-hari.net

 

宮城県の病院も、B型肝炎ワクチンをはじめ、子宮頸がんワクチンなども反対していました。いつもワクチンのボロクソ言う私より、日本の西洋医学の先生が話したほうが納得するでしょう?その病院の情報は以下にあるので、参考にしてください。

 

satouclk.jp

 

一つ説明しますが、あなたの子供がワクチン接種しなければ、小児麻痺にならない。今の小児麻痺は、全部ワクチンと関係しています。

 

不幸にも小児麻痺になったら、有能な漢方医もしくは鍼灸医に治してもらってください。時間はかかるかも知れないけど、自力で歩けるようにはなります。

 

以下の症例をご覧ください。ニハイシャ先生はワクチン後遺症の小児麻痺を治すとき、脾胃を強化する治療方法でした。

 

www.li-hari.net

重症筋無力症よりひどい、「筋萎縮性側索硬化症」も治す方法がある

 

指定難病の「筋萎縮性側索硬化症」も、全身の筋肉の力がなくなるのが共通点。ただし、こちらのほうが重症筋無力症よりもひどいので、最強の温めるトリカブトなどを使わないと治せません。関連記事はニハイシャ先生の治療例をご覧ください。

 

www.li-hari.net

重症筋無力症は不治の病ではない

 

「筋萎縮性側索硬化症」は西洋医学にとって、完全に治療不可能な病気です。なぜなら、原因がサッパリ分からないからです。重症筋無力症も同じ。

 

西洋医学に原因不明・不治の病だと言われても、落ち込まないでください。中医学は治せないと言ってないです。

 

漢方医・鍼灸医たちの症例があり、上記のように原因と治療法も説明しました。漢方薬・鍼灸に自信を持って下さい。

 

特に鍼灸は筋肉の病気に関して、即効性が見られやすいです。4~5回治療してみれば、効果があるかないかかが分かります。

*1:陳応龍先生の簡単な紹介:1902~1993。福建省夏門市中医院の院長を務め、香港・シンガポールなどの海外で鍼灸の普及講義をしました。著作としては、『陳応龍鍼灸医案』と『霊子術修練法』があります。