本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

10年のニキビに困った金髪碧眼の美人

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカでの開業医(中医師):鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

困扰了金发美女十年的暗疮(青春痘)_郑智城

(2013-03-16 09:50発表)

翻訳文

先月、金髪碧眼の美人が来ました。

ある美容院の紹介で来たそうです。

 

美容院のスタッフはこちらでニキビ治療しで良くなったので、こちらに紹介したのです。美容院なのに商売もやらないで。

 

ニキビは比較的に治しにくいです。

一般的な治療法は、熱の毒だと判断して処方箋もみんな冷やすもの。

しかし、治療すればするほど悪くなります。

 

なぜ冷やす処方箋が効かないのか?

 

今の人たちは多少は中医学を知っています。

顔に出たニキビを見るとすぐ自分で冷たいお茶、もしくは熱を下げて解毒作用がある薬を飲みます。

 

もし熱を下げて解毒作用がある薬で解決できたら、なぜまた中医学の診療所に来るのですか?

 

結論を出すと:

中医学の診療所にニキビで来た人は、みんな熱の実証ではない。

 

f:id:li-hari:20181216154352j:plain

皮膚のトラブルは、熱証ではなくて寒証が多いそうです。

 

私も初めて治療した時は、俗の理論の罠にかかりました。

熱を下げて解毒作用がある処方箋を出したけど、もちろん効きません。

 

あとで悟りました。

この方法はダメであることを分かり、ほかの道を見つけたのです。

 

すべての症状は寒熱・虚実、この2つの可能性があります。

たとえば、出血(痔もしくは鼻血)。中は寒いかも知れないし、熱い可能性もある。ニキビも同じです。

 

私が臨床で見たのは、ほとんど寒いタイプ。

この金髪美人は典型的な例でした。

 

脈は弱い、手足は冷たい。

数ヶ月前は大量に髪が抜けてました。今はだいぶ戻っている感じですが。

 

彼女の職業は舞踊家。スタイル抜群で顔もきれい。ただ、このニキビだけ引っかかる。

以前、このようなニキビを治す時、私は冷やす処方箋はダメだと分かったけど、適切な治療法は見つからなかったです。

 

当帰四逆湯、温経湯、桂枝茯苓丸などなど。みんなダメでした。

 

今回、私が処方したのは張锡純*1先生の「通脈資生湯」。中の玄参と竜眼肉を削除しただけです。

 

f:id:li-hari:20180823143447j:plain

f:id:li-hari:20180823143439j:plain

通脈資生湯の一つの生薬:鶏内金。鶏の砂肝の外側にある黄色い膜。生で使うときもあるし、炒ってから使うのときもある。この処方箋では、生のやつを使う。

 

私は直感的に、この処方箋は必ず効くと思いました。

案の定、次の診察のとき彼女は非常に喜んでました。飲んで効果があったから。

 

そして、徐々にほかの症状も良くなりました。お腹が暖かくなり、左の下腹部は短期間の痛みがあったけど、おそらく筋腫か嚢胞などを溶かしているからだと思います。

 

彼女の彼氏も良くなりました。

前回、彼女が来たとき、彼氏は隣で質問したのは、「不安障害でとても落ち着かないですが、なにか処方箋ないですか?」

 

「もちろんありますよ」

脈診もしないで、舌診だけして処方しました。

生脈散(麦味参顆粒)。人参、麦門冬、五味子、3種類だけ。

 

再診察のとき彼氏が言うのは、

「いつも出張が多くて空港で飛行機を待つとき、不安障害で立つのも座るのもダメで、ずっと独り言を話していました。

 

漢方薬を飲んで気づいたら、全然緊張してなくて非常に冷静。Very Chill, Very Cool!

 

f:id:li-hari:20180526121050j:plain

五味子(ごみし):5つの味があると言われるけど、酸味が割と強い生薬。

 

李哲の感想:

「通脈資生湯」の内容は白朮、山薬、生の鶏内金、山萸肉(山茱萸)、クコの実、芍薬、桃仁、红花、甘草。

 

私の見解ですが、

処方の目的は脾胃を強化。(白朮、生の山薬、生の鶏内金、甘草)

肝臓と腎臓の陰(血)を強化。(山萸肉、クコの実)

瘀血を取る。(芍薬、桃仁、红花)

 

当帰四逆湯と温経湯は、みんな陽を強化するもの。

「通脈資生湯」は、陰(血)を養う方向が強い。処方を間違えると、もちろん効果がありません。

 

ニキビは血液中の毒素が多いのが原因です。

血を養い、また瘀血を取ることで効果が出たと思います。

 

鍼治療の場合は、比較的にシンプルです。

虚実さえ分別すれば、あとは簡単。

 

主な治療ツボは曲池、合谷、血海、三陰交など。ほかには患者さんの便通・睡眠など聞いて調整します。

 

以前書いた治療例があるので、どうぞご覧ください。

視力が良くなり、ニキビが出にくくなりました。

 

鍼は漢方薬ほど早くないかも知れませんが、方向性を間違えないのがメリット。

*1:張锡純先生:1860年-1933年。中国近代の有名な漢方医。「中医学と西洋医学の良い所を混ぜて使うべきだ」と主張する体表者の一人。