本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

1年の鍼治療後、乳がんのしこりが小さくなった

こんにちは。李哲です。

1年で約20回の鍼治療で、乳癌のしこりが小さくなった女性の例です。

 

一人の女性、40代。

だいたい2週間に1回来る方です。

2017年の年末、彼女から聞いたのは乳がんのシコリ(腫瘍)が減った。

 

どのくらい小さくなったかは、精密機械で計ってないので分かりません。あくまでも彼女の体感です。

 

去年のカルテを見たら、その時彼女が言う乳癌のサイズは3~4cm。

 

この1年で彼女が通ったのは24回です(2週間に1回)

腫瘍の場所はちょうど左の心包経にあったので、治療としてはいつも右の内関穴と大陵穴だけにしていました。

 

毎回、彼女の主訴は乳がんの腫瘍がメインではなかったので、子宮筋腫と首肩コリと腰痛、あとは鼻の調子(花粉症みたいな鼻水)を対象にしました。


予想外に乳癌のしこりも小さくなり、私も聞いて嬉しかったです。

 


 

今まで何人か乳がんの患者さんを診たけど、彼女は乳がん治療に集中してないのに、逆に効果がいいケースです。

 

なぜ彼女は特別に効果が良いのか。

私が思うその原因は性格。

 

乳がんは、もともと難しくないものです。

時間をかければ、徐々にシコリが小さくなります。

 

私が一番困るのは、患者さんがずっと乳がんを気にしている事

 


 

誰が乳がんで死んだニュースを聞いたら、その夜から「自分ももうすぐ死ぬんじゃないかな?」と怖くなり、その夜から不眠症になる。

 

ちょっと痛くなったりすると、すぐ「乳がんが悪化したのではないか?」と不安で、ネットでいろいろ自分で調べて、自分で病名を診断する。

 

これが、いわゆる杯中の蛇影。

このようなマイナス的な思考を変えないと、気の流れを良くするのは無理です。

 f:id:li-hari:20180504201011j:plain

 


 

【補足】

 

去年まで、何人か末期ガンの患者さんを診ました。

鍼の効果はあるものの、最終的にはお亡くなりになったと思います。

 

患者さんにとって、聞きたい言葉は『完治』でしょう。

しかし、どの医学に対しても末期ガンの完治は厳しいです。

 

がん治療でどのくらい良くなるかは、様々な要素があります。


患者さんの現在の体力.精神状態.食生活習慣.ガンの進行状態など。

 

素晴らしい漢方薬.鍼治療でも、手が負えない所まで悪化すると、あとは寿命を延ばすことしかできないと思います。

 


 

完治を求める方には残念なお知らせですが、現在の私にはできない。
 

末期がん治療で、当院ができる事を述べたいと思います。
(初期ガンは除く)

 

1.なるべく長く生きられる。

2.生活のクオリティーを保てる。

痛みが少なく、日常生活に支障がないようにする。

 

以上の2つを書いたのは、末期ガン患者さんは拒否する意味ではありません。

 

施術はできますが、完治できると期待しないでほしいだけです。

 

こちらに来た場合、私も最善を尽くしますので、ご理解をお願いします。