本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

ワーファリンと殺鼠剤は同じもの!血液がサラサラになるけど、この世ともサヨナラ!

こんにちは、李哲です。

「病院の先生が処方するから大丈夫だろう」と思って、そのまま飲む人が多いでしょう。

 

残念ながら、病院の先生が持っている薬の副作用知識は、ネットで検索するあなたよりも少ない。

 

自分が何を飲んでいるのか、調べる必要があります。じゃないと、「治療」で殺されても気づきません。

  

今日話したいのは、たくさんの年寄りが飲んでいるけど、警戒が少ないもの:血液をサラサラにする薬。

 

 

血液をサラサラにする薬の副作用は、脳出血・くも膜下出血・内臓出血

 

血液をサラサラにする代表的な薬は、ワーファリン。

  

ワーファリン(Warfarin)は出血を起こし、死に至る

 

ワーファリンは血栓症の予防・治療に効果があると言われて、動脈硬化・高血圧症・脳血管が狭くなった患者に多く処方されています。

 

本当に予防ができるなら、まだ言うことなし。

問題は、血液をサラサラに薬には重大な副作用があります。

 

臨床で見られる重篤な副作用は、以下の2つ。

  • 脳出血(くも膜下出血を含み)
  • 内臓出血

 

なぜ出血を起こすのか?

簡単です。

全身の血管の壁がもろくなるから、出血するわけ。

 

皮下の出血の場合、ちょっとぶつかっただけで、手足に青あざができます。まあ、見た目的に悪いけど、命に別状はない。

 

問題は脳内出血です。

運が良ければ一命は助かります。でも、出血した塊が脳神経を圧迫するので、あなたは半身不随でまともに歩けないし、自由に手を動かしてご飯食べる事すらできなくなる。長期的なリハビリが必要だと言われます。

 

リハビリ途中、またワーファリンで脳出血になった場合は、もう一度緊急手術して術後はリハビリを始める。死ぬまでこの繰り返し。

 

運が悪かったら?

大量の脳出血で死ぬ。

 

皆さんはテレビで、○○有名人が突然「くも膜下出血」、「脳溢血」、「脳出血」になったのを見たことあるでしょう。

 

一つ常識を覚えてください。

内臓の病気は、突然なるものではありません。

必ず長い間のつらい自覚症状があって、最後は重い病気として爆発します。

 

以下の記事でも、この考え方を述べました。

 

www.li-hari.net

 

彼(彼女)たちが、長期的に血液をサラサラにする薬を飲んだお陰さまで、「突然」の出血が訪れて来たのです。

 

ちょうど10年前、女優の南田洋子さんが「くも膜下出血」で死んだのも、長期的なワーファリンなどの副作用。本当にかわいそうだとしか言えません。有能な漢方医、鍼灸医に診てもらったら、もっと元気に長生きしたと思いますが。

 

当時の感想は、以下の記事で詳しく書きました。

 

www.li-hari.net 

 

内臓の出血も危険だけど、脳出血より致命的ではないので省略。

ほかの副作用は、以下の外部サイトで確認できます。

 

血液をさらさらにする薬 | 血管・血液 | 循環器病あれこれ | 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス

 

ワーファリンは、ネズミを殺す薬と同じもの

 

ニハイシャ先生は生前、アメリカ人を診察する時、良く言いました。

「あなたが飲んでいる血をサラサラにする薬、実は殺鼠剤です。」

 

患者さんは目が点になって、「はぁ?本当ですか?!」

 

知らないのは、調べてないから分からないだけです。

以下をご覧ください、はっきり書いてあります。

ワルファリンの商品名はワーファリン、殺鼠剤として用いる。

 

ワルファリン(Warfarin)は、抗凝固剤の1つ。殺鼠剤としても用いる。ワルファリンカリウムが医薬品として使われ、商品名はワーファリン投与方法は経口(内服)のみである。

 

引用元:ワルファリン - Wikipedia

 

ワルファリンが、殺鼠剤として使える機序は?

簡単ですよ。

ネズミが食べたあとに脳出血、内臓出血、くも膜下出血になるから死ぬ。

 

これを人間に飲ませたら、元気になると思いますか?

死ななくても、廃人になります。

 

臨床では、アスピリンも血管の壁を壊すので出血を起こします。もっとも多く見られるのは、胃潰瘍・胃出血。長期的な服用は、胃がんとすい臓がんの元になる。

 

もちろん、アスピリンでも脳出血・くも膜下出血を起こします。

 

ある日、脳出血・くも膜下出血の人も見つけたら、手足に青あざ(皮膚の内出血)がないか見てください。もし、青あざがあったら、確実にワーファリンもしくはアスピリンのおかげです。 

 

以下の記事には、アスピリンで脳卒中、パーキンソン病になった2人の患者さんが記録されています。「素晴らしい」アスピリンの効能はどんなものか、ぜひ一度みてください。

 

www.li-hari.net

血栓症に関する中医学の解釈と治療法 

 

西洋医学では、血栓症の予防のために殺鼠剤を飲ませています。脳出血で死んでも血栓症で死んでなければ、薬は有効ということ?これはなんの論理思考か、知っている人は教えてください。

 

ところで、血栓はなんでできるのか?

中医学は、その原因を簡単に二文字でまとめました、「里寒」

 

体内の冷えがひどい、血液の流れが悪すぎるから、血が固まって血栓症を引き起こすのです。詳しい説明は、ニハイシャ先生の論文をご覧ください。

 

www.li-hari.net

 

血栓症の原因が冷えだったら、治す方法も分かります。

体内を温めること。

 

例えばファーストフードを止めて食事を改善する、お灸、鍼、漢方薬、足ツボ整体、マッサージ、温泉、ヨモギ蒸し、スポーツ、ヨガ、ジョギング、散歩… …みんな体内の温度をあげて、免疫力を強化することができます。

 

徐々にドロドロの血液・動脈硬化が良くなり、血液もサラサラになります。

 

病院の薬?

冗談を言ってますか?

私は今まで、体内の温度をあげる・免疫力を強化する西洋薬があるなんて、聞いたこともありません。

 

化学物質の西洋薬は、100%体内の温度を下げます。 

つまり、西洋薬(ワーファリン、アスピリンなど)を飲めば飲むほど冷え性になり、あなたの死期が早まる!

 

免疫力をあげて、病気を治したいなら、自然療法を探してください。

漢方薬、鍼灸、足ツボ整体、温泉、運動など。とにかく人工的に合成されたものでなければ大丈夫。

 

以下は数年前の足ツボ整体の治療例。

冷え性には、足ツボの効果もバツグンです。鍼治療ならさらに全身を温めて、気の流れを良くすることができます。

 

www.li-hari.net

いい治療法、治療院を見つけるコツは簡単

 

「どうすれば良い鍼灸院を見つけますか?」の質問がありました。

 

これに関して、ニハイシャ先生は、以下の記事中で説明しました。

冷たい手足を暖かくさせる治療法は、すべて良い治療法!

 

www.li-hari.net

 

あなたが健康のため、病気を治すために始めたサプリメント、健康食品、食事療法、病院の薬、漢方薬、鍼灸、ヨガ、運動… …

 

なんでも良いです。

 

半年、1年も試す必要がありません。

2~3週間やってみて、手足が暖かくなる感じたしたら、その治療法はあなたの役に立つ治療法です。

 

逆に手足がどんどん冷える感じだったら、早死になる危険な治療法、食べ物。

すぐやめてください!

 

このコツさえ覚えておけば、誰もあなたを騙すことができません。

 

いわゆる専門家の意見を鵜呑みにするのではなくて、自分の体の感覚を信じるべきです。

 

いい治療院と治療法が見つかって、健康になるように。

あなたの幸運を祈ります。

 

(おわり)