本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

手の甲のあかぎれを鍼4回で治した例。あかぎれ・ひび割れは、血の巡りが悪いのが原因です

こんにちは。李哲です。

冬のあかぎれで出血・痛みがあるとき、ワセリンで保湿するのも一つの方法ですが、鍼灸のほうが根本的な治療になるので、ぜひ試してください。

 

今日は私自身の治療例(画像添付)で、なぜ鍼治療は有効なのかも説明しました。参考になると幸いです。

手の甲のあかぎれ、痒くて痛い・たまに出血

 

2019年11月。

ふっと気づいたら、右手の甲があかぎれになりました。

痒くて痛い、たまに血が出てました。

保湿が足りないと思って、クリームを倍にしてみたけど、ちっとも治る気配がない。

 

そして、鍼治療をやってみることにしました。「実験」する目的は、鍼治療の効果を確かめるためでもあります。(自分の治療例だと画像を添付しやすいのも良い所)

 

以前、乾燥肌でふとももがめちゃくちゃ痒くなった時も、自分で鍼治療の効果を試しました。幸いにも2回でかゆみ・ブツブツ出たのが消えて普通の肌に戻りました。

 

www.li-hari.net

 

以下は今回の治療過程です。

関連ツボと画像で説明します。

 

注:鍼治療中、クリームは倍の量を塗っていません。いつもの少ない量です。(皮膚にベタベタ塗るのが好きではないので)

痛くてかゆいあかぎれは、鍼4回で治った

 

2019.11.12

1回目の鍼治療。

一枚目の画像では分かりにくいですが、手の甲があかぎれになっています。赤い丸で囲まれているのがあかぎれの所。

 

当時刺したのは、左の外関のみです。

 

あかぎれは鍼治療で治る

あかぎれの範囲


2019.11.15

2回目の鍼治療。

次の画像では、あかぎれの範囲が分かりやすいです。

触ると表面がザラザラして、手首を曲げるときに痛みが生じて、少し血が出る時もありました。

 

当時刺したのは、右手の外関と陽池。

感覚的に右手の外関のほうが効果があると思って、左ではなくて右を刺しました。

(赤い丸で囲まれている所があかぎれ)

 

あかぎれは鍼治療で治る

 

2019-12-24

4回目の鍼治療。

手の甲を触るとザラザラする感触はなくなりました。痛み・かゆみもありません。ただし、色素沈着で少し黒く見えます。(カメラでは黒く見えるけど、実際の違いはもっと少ないです)

 

今日刺したのは、外関一つのみ。

ジンジンする響きを作ってから20分放置。

 

以下は当時の写真です。

 

あかぎれは3回目の鍼治療で、だいぶ良くなった

あかぎれは3回目の鍼治療で、だいぶ良くなった

あかぎれは3回目の鍼治療で、だいぶ良くなった

鍼灸であかぎれを治せる原因は、血行不良を改善できるから

 

自分の針をする時間がなくて、治すのに2週間以上かかりったけど、もし2日に1回の鍼だったらもっと早く治ったと思います。

 

鍼であかぎれが治る原因は、簡単にいうと血行不良を改善できるからです。あかぎれはヒビ割れと同様で、末梢循環障害で手が冷えるのが原因です。

 

手の甲は、三焦経の分布が一番幅広いです。
ちょうど、私のあかぎれも三焦経の陽池穴あたりにありました。

 

だから、三焦経の外関で治すのがちょうど良かったと言えます。

 

外関は様々な効能があり、耳の炎症にも有効です。以下は2回で中耳炎を治した例。また自己治療例ですが、参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

私の体験上、外関を刺してしばらく経つと、手首から手先までジンワリ暖かくなりました。おそらく、ほかの患者さんも同じ感じでしょう。冷え性の改善は体験できるものです。
 

あかぎれがある時、保湿はもちろん役に立ちます。しかし、保湿だけでは血の巡りが良くなりません。

 

ワセリンばかり頼らないで、鍼治療も受けてみてください。

冷え性、あかぎれなど皮膚のトラブルが良くなり、ワセリンを塗る必要もなくなります。