本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

アレルギー体質の原因は「痰」と「湿気」!自閉症とワクチンの関連性についても話す

【※本記事は2019-07-07更新しました】

 

こんにちは。李哲です。

アメリカでの中医師:鄭智城先生の文章を翻訳しました。

 

中医学の理論で、アレルギー体質の原因は、体内の痰(たん)・湿気(しっけ)

中医学では原因がわかっているので、体質改善はもちろん、根本的な治療もできます。

 

また、製薬会社は、よく「ワクチンと自閉症の関連性がない」とデータを示します。ここには罠があるので、気をつけてください。

 

「ワクチンとの関連性」を証明する時、サンプルの選びが大事

サンプルさえちゃんと選べば、「関連性がない」と証明できます。

 

中の仕掛けは、以下の翻訳文を見ればわかります。

中国語本文のリンク先は、

什么叫过敏体质?兼谈自闭症和疫苗的关系_郑智城

(2011-11-30 11:16発表)

 

何でもかんでも「アレルギー体質」だという西洋医学

 

西洋医学はたくさんの解釈できないものを、一律「アレルギー性」だと言います。そして、たくさんの患者さんも「自分はアレルギー性体質だ」と、言い始めるようになりました。

 

中医学の名言がありますが、陰陽が分かれば一言で終わり。

陰陽が分からなければ、たくさん話してもまとめられない。

 

医学の道理が分からなければ、どんな病気を見ても新鮮で見たことがない、珍しい病気になる。珍しい病気だから、治療費を高めにとっても、患者さんは文句が言えない。

 

医学の道理が分かれば、すべてのものは新しい容器に古いお酒を入れるのが分かります。結局、「陰陽」この2文字しかありません。

f:id:li-hari:20181226200447j:plain

中医学の真髄は『陰陽』、この二文字。

アレルギー体質の原因は、体内の「痰」と「湿気」

 

いわゆるアレルギー性体質は、体に痰もしくは湿気があるからです。

この道理は、私の次女の体質から悟りました。

 

私の次女は、明らかに湿熱の体質でした。

今年は雨が多くて、蚊が多かったです。

 

私の次女は美味しい”肉”になり、毎回蚊たちに刺されると、皮膚が大きく腫れて硬くなる。これがいわゆる「アレルギー体質」です。

 

次女は生まれて6ヶ月のときに、1本だけワクチンを打ちました。

その後から半年、次女は全然話さない、性格まで急変したのです。

 

なぜ長女はワクチン打ってからだるいだけで、話すのは大丈夫だったのか?

それは、次女が生まれ付きで舌苔が分厚い、湿気が多い体質だったからです。

 

湿気が多い舌苔は見て分かる

 

体内に湿気もしくは痰などの老廃物が多いと、外の環境と共鳴して反応が激しくなります。この過激な反応を、西洋医学では「アレルギー性反応」だと言います。

 

もし、体内が比較的にキレイで湿気も痰もない。

そうすると、外部環境の刺激が強くても「アレルギー反応」が出ません。

 

片方の手だけでは音を出せない。

音が出るためには、2つの手がないとダメです。

一つは外部のアレルギー性の環境、もう一つは体内の湿気もしくは痰。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20180812/20180812144959.jpg

ワクチンと自閉症の関連性は、サンプルの選び方によって変わる

 

ワクチンの副作用で、自閉症もしくは他の病気になるのは、明らかに存在していますが、製薬会社はずっと否定しています。

 

その関連性を証明する大事なキーワードは、サンプルを厳選すること。

 

研究対象になるサンプル(子供)の体内が比較的にキレイだと、自閉症もしくは他の病気になる可能性は少ない。

 

しかし、サンプル(子供)の体内に湿気・痰が多かったら、結果は想像しても分かるでしょう。

 

この医学統計というのは、トリッキーがたくさんあります。

サンプルさえちゃんと選べば、あなたが望んでいる「科学的な結果」が出る。

 

ワクチンと自閉症の関連性は、サンプルの選び方によって全然違う

李哲の感想

なぜみんなワクチン接種しているのに、ある子供たちだけ厳重な副作用が現れるか?

鄭先生の記事を見て分かります。

 

湿気と痰が多い子供は過激な反応が出るので、厳重な副作用が現れます。

逆に湿気と痰が少ない子供は、軽い反応でおさまる。

 

決して「ワクチンは害がない」という主張ではありません。

水痘以外のワクチンは、すべて体に有害です。

 

ワクチンはすべて有毒物質である


 

ワクチンの副作用がすぐ現れなくても、5歳くらいには重病になる子供が多い。 

たとえ5歳くらいに、自閉症・白血病・悪性脳腫瘍などの重病にならなくても、ワクチン接種してない子供より体が弱いです。風邪を引きやすい、食が細い…などの後遺症があります。

 

そもそも麻疹、風疹、百日せき、ジフテリア、肺炎…

すべて漢方薬・鍼灸で治せるのに、なぜハイリスクなワクチンが必要でしょうか?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/li-hari/20190410/20190410125712.jpg

 

西洋医学の統計学を話すと、以前の翻訳文が自然に思い出します。

いわゆる統計データには気をつけてください。

 

あなたが見た数値は、

すべて相対値で、絶対値ではありません。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 


 

アレルギーの方は今までたくさん診たけど、鄭先生の論点には同感です。

体内に痰、もしくは湿気がある。

 

アレルギー体質を改善したいなら、漢方・鍼灸にたずねてください。

なぜなら、西洋医学では痰・湿気の検査ができない、「湿気が病気の原因」→こんな概念もないからです。 

 

痰と湿気は、生まれつきの体質のせいもあるし、長年の食生活とも密接な関連性があります。

 


 

以下は私が臨床で検証したこと。

ニハイシャ先生から教わったことを実践しました。

 

私はアトピー肌、アレルギー性喘息の子供に、すべての牛乳・乳製品(ヨーグルト、チーズ、バターを含め)を止めさせています。

 

f:id:li-hari:20180621134013j:plain

牛乳、乳製品は子供の喘息、肺炎、アレルギー性疾患、アトピー肌を悪化させる

 

「牛乳はカルシウム補給ができるから、良いんじゃないの?」

「ヨーグルトは身体に良いと聞くけど?」 

 

いろいろ、止めさせる「科学的根拠」を聞かれるかも知れません。

 

臨床での検証結果からみると、牛乳・乳製品を食べなければ、皮膚の調子が良い。

再び食べ始めると、調子が悪くなります。

 

これ以上の根拠が必要ですか?

 


 

皆さんも試してみれば分かるはずです。

牛乳・乳製品を食べると、喘息・アトピー肌がすぐ悪化するから。

 

乳製品、牛乳は体にちゃんと消化・吸収されないので、老廃物として体にくっつく。

そして、大量の痰と湿気を作り出して、胃腸と肺の中にたまります。

 

あなたの内臓が弱くて、ちゃんと湿気と痰の排出できなかったら、いわゆるアレルギー性疾患になります。

 

アレルギー体質を改善したいなら、先に食生活を変えてください。

その後、漢方薬・鍼灸治療で体内の湿気・痰をきれいに出せば、アレルギー性反応が出なくなります。