本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

1回でギックリ腰が治り、すっと立てるようになった:火罐(吸玉)療法の強威!

【※本記事は2019-05-09更新しました】

 

 

前かがみも、後屈もできないぎっくり腰の患者

 

こんにちは、李哲です。

今日は私の施術例。

整体と火罐(吸玉)1回でぎっくり腰を治した例です。

 


60代女性、腰痛1週間くらい。

昔はギックリ腰になったのが何回かある。

ひどい時は、ちっとも動けなかったそうです。


最初、来たときは椅子に座るのも気をつけるくらい。

前かがみするのも、腰を後ろに反るのも怖がってました。

 

 f:id:li-hari:20180402110446j:plain

 

この1週間は、ずっとホッカイロでごまかし。

少しよくなったから、来院したのです。

 

ぎっくり腰の原因は、瘀血(うっ血)


手足を触った感じは、まだそんなに冷たくない。

ここで、私は「舌を見せてください」と診たらすぐ原因が分かりました。


原因はうっ血。

しかも、うっ血はけっこう大きいです。

判断の根拠は、舌の色が少し青いから。


昔から何回もギックリ腰になったと言うのは、

誰もこのうっ血を取ってくれなかったことです。

だから、『自然に治って』また再発。


体中が温かい場合は、うっ血とか血の塊とか出ません。

体内が寒くなっているから、こんなものができるのです。


体内を寒くするのは、散々話してる日常での禁止物。

f:id:li-hari:20181219183221p:plain

li-hari.hatenablog.com


実は、このおばさんの娘が通ってるので、おばさんの食べ物の状況は、最初から知っていました。

 

牛乳、乳製品、コーヒー。

この三つだけで、もうアウトです。

 

施術20分後、腰が少し楽になった


整体(推拿術)は思ったとおり、痛がって施術ができなかったです。

腰は、筋肉がけいれんしてる状態なので触れない。

 

だから、下半身の関連ツボをメインにしたのです。

腰のところはただ、こん法で痛みを和らぐだけ。

 

20分くらい経ったら、「腰が楽になった」と言いました。

まだ気が緩むことはできないので、ずっとツボ押し。

整体が終わってからは、さっそく火罐(吸玉)の準備。

 

火罐(吸玉)を始めようとした時、少し迷いました。

一番効く走罐(吸玉を動かす)ができないから。

試しに動かしてみたけど、やはり皮膚が引っ張られて痛くて止めるしかなかったです。

 

でも、走罐ができなくても別のやり方があります。

火力を強くすること。

 

このやり方で、

火罐(吸玉)は、本当の燃えてる缶になります。

でも、皮膚に置いたとき、火傷はしません。

 

すっと立てるようになったし、嘘みたいに治ったと喜ぶ患者

 

15分くらい置いてから取る時、いろいろ黒くなってるあざが出たので、少し説明してあげました。

 

おばさんは自分で鏡を見て「わ!~本当に黒い!!」喜びか、びっくりか分からない声でした。


帰るとき、おばさんは「すっと立てるようになったし、嘘みたいに治ったわ」と喜んでましたが、うっ血はこんなに早く取れないのは、私は分かってます。

 

飲み物も変えないと(笑)

 

おわりに


1週間後にもう一回来てもらって、

整体と火罐(吸玉)をやるように話しました。

途中でまた痛くなったら、我慢しないですぐ来ることも伝え。


もし、最初痛くなった日に来てくれれば、もっと早く

治ったかも知れないですね…

 

このおばさんの状況も追跡記録をしますので、

変化がある次第また書かせていただきます。