本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

抗生物質が効かない薬剤耐性菌・スーパーバグに、蜂蜜とハエを使うイギリス病院

こんにちは。李哲です。

今日はアメリカの中医師:鄭智城先生の記事を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

英国医院用蜂蜜和苍蝇蛹来对抗抗生素无效的超级细菌_郑智城

(2012-04-28 09:28発表)

翻訳文

西洋医学は殺菌が得意で、健康を回復するのは得意ではないです。

 

だから、抗生物質が効かない薬剤耐性菌とスーパーバグ(superbug)が増えています。特に病院など感染症が広がりやすいところで起きる。

 

最近、イギリスのある病院は、すべての抗生物質を使ってもダメで、蜂蜜と屎虫を導入したら著しい好成績を出しました。

 

蜂蜜は大事な一つの生薬。

『神農本草経』に書いた蜂蜜の効能は、『除蛊毒,补虚嬴伤中,久服令人光泽好颜色不老』。(李哲の解釈:虫の毒を分解し、虚弱体質を改善。ずっと食べると顔色がとても良くなる)

 

f:id:li-hari:20180909131548j:plain

 

苍蝇蛹はまた屎虫だと呼ばれています。

(李哲の解釈:日本語ではハエの幼虫)

 

昔の田舎のトイレでは、よく動いている小さな白い虫がいました。

私が小さい時、年輩の方々から聞いたのは、屎虫は子供の疳積(かんせき)を治すそうです。

 

白い虫を水洗したあと、鍋で炒って子供に食べさせると食欲全開になり、疳積(かんせき)が治る。

 

疳積(かんせき)というのは、子供は全身が痩せているのに、お腹だけ大きい。食欲がなくて、舌は赤い。舌苔は黄色。どんな漢方薬を飲んでも太らない病気です。

 

この白い虫は、人間のふん便から出たやつで、毒をもって毒を制すから疳積(かんせき)を治すことができます。

 

蜂蜜で効果があるのは、抗生物質を使いすぎて患者さんの体力がない。つまり、免疫力が破壊されて、有効な抵抗力がないのです。

 

皆さんご存じのように、生まれつきの免疫力こそ最も有効な防御システムです。どんなすごい抗生物質よりも効果的。

 

患者さんが蜂蜜を食べるのは、中医学でいうと気を補うと言います。甘みのものは、全部補う作用がある。

 

体は栄養を与えると、免疫力システムは自然に回復します。その上に、蜂蜜はもともと解毒作用があるので、薬剤耐性菌に対抗できるのは不思議でない。

f:id:li-hari:20190104215035j:plain

滋養強壮効果が強い生薬:蜂蜜


イギリスの病院が屎虫を使うのは、子供の疳積(かんせき)を治す為ではないです。患者さんの腐乱した肉のため(李哲説明:たとえば寝たきりになった患者さんの褥瘡(じょくそう))。

 

以前、戦争の時に軍医たちは気づいていました。

傷口に白い虫が溢れる兵士は、すぐ抗生物質を使った兵士よりも回復が早くて、切断のケースが少なかったです。

 

しかし、今の時代にハエの幼虫を使うのは科学的ではない、そして金儲けにもならないので使う人が少なくなりました。

 

記事の参照もとは、

Nurses use maggots and honey to fend off hospital superbugs | Daily Mail Online 

李哲の感想

人間は自然の中で生まれたので、自然の中には必ず病気を治すものがある。これは漢方薬の出発点でもあります。

 

上記の蜂蜜は『神農本草経』で上品に属している生薬。

上品というのは、病気がなくても食べてよし。病気になっても役に立つ生薬です。

 

普段の養生にも病気治療にも使うのが、漢方薬のメリット。

皆さんは人工的なサプリ・ビタミン剤など止めて、自然な蜂蜜を食べたほうがよっぽど体に良いです。

 

抗生物質の乱用が原因で、薬剤耐性菌が大きな問題になっています。

今後は西洋薬で治せない菌・ウィルスが続出するでしょう。

 

抗生物質を使わない人は、薬剤耐性菌の問題もありません。

入院する期間が長ければ長いほど、抗生物質を使うのが多ければ多いほど、あなたの死期は近づく。

 

www.li-hari.net

 

西洋医学は不思議な矛盾があります。

人間には免疫力がある。自らの免疫システムがあり、細菌・ウィルスと戦って体を守ることは知っています。

 

しかし、免疫力を強化する治療法は、一つもありません!

 

抗生物質、鎮痛剤、ビタミン剤、抗がん剤、放射線…すべて免疫力(五臓六腑)を破壊しています。

 

病気を治す正しい方法は免疫力をあげて、外部の細菌・ウィルスに負けない体を作り上げること。

 

外から殺し屋(抗生物質)を雇って、体内の悪者・良い者を全部やっつけるのはバカげた解決策です。

 

悪者は死んだかも知れないけど、良い者も殺されて免疫力はガタガタ。

これで早死しない方がおかしい!