本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

顔の半分が痛いのを2~3回で治した例

こんにちは。李哲です。

顔の半分が痛い症状、病院の治療で特に良い方法がないけど、鍼灸だと数回で治るもの。

 

今日は一つの症例で、説明しようと思います。

 

70代の女性、定期的に来る方です。

ある日彼女が言うのは、「鼻の右側、頬骨の周りが触ると痛いです」

 

前はこんな症状がなかったので、おそらく最近の過労が原因で生じたと私は思います。過労で体力・免疫力が下がり、外側を守る防衛線がスカスカで、外側から邪気(じゃき)が入ってきた。

 

中医学で言う顔の痛みの原因は、風・寒の邪気(じゃき)が表側の経絡に潜んで、不定期、不規則の痛みが起きています。

 

いつ、どこで、何がきっかけで風寒にやられたか?

私たちは究明できません。

ただし、このツボを刺せば治る事だけは知っています。

 

彼女の治療では、いつもの治療ツボ以外に、小腸経の後谿と大腸経の三間を追加しました。いずれも属性は「兪穴」。

 

顔の半分が痛い症状が軽かったせいのか、2~3回刺してから主訴が消えました。右顔が痛いと言わない。

 


 

彼女の症状は西洋医学の検査を受けたら、「三叉神経痛」だと言われるでしょう。

 

彼女が痛がっていた場所は、上顎神経の範囲(以下の簡易図)。

一般的に見られる激しい歯の痛み・顔の痛みではなくて、軽いバージョンでした。

 

もし強烈な痛みだったら、2~3回以上かかったかも知れません。

病気というのは、症状が現れた最初に治療した方が治りが早いです。

遅延すればするほど、あとで治すのが大変時間と労力がかかる。

 

f:id:li-hari:20181204155355p:plain

 

【▲ 三叉神経の3つの分枝。三叉神経痛が起きる範囲は、3つの神経と関連しています。 】 

 


 

三叉神経痛は、以前だったら私も打つ手がなかったです。勉強しているうちに分かってきました。

 

経絡の流れを分析するのが大事。

五兪穴の役割をもう一度考えて、適切なツボを選べば効果が現れる。 

 

五兪穴の知識は、アメリカ在住の中医師:楊維傑先生の著作でたくさん習いました。楊維傑先生には大変感謝しております。

 

病院で三叉神経痛の治療だと、薬もしくは手術です。

手術は後遺障害がないのか?

内服薬で肝機能が悪くなって、肝不全にならないのか?

 

西洋医学の治療を受けるときは、事前に良く調べるべきです。

 


 

鍼治療は副作用がないのがメリット。

後谿と三間は手にあるツボです。

手のツボを刺して、顔の神経がおかしくなると思いますか?

 

足の親指で考えても、そんな副作用がある訳がない。

鍼は非常に安全で、効果的な治療法です。

 

三叉神経痛、顔面神経痛…すべての痛みに鍼は有効なので、西洋医学の治療をためらっている方は鍼も試してください。