本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

急に全身に出た痒い発疹、3日の漢方と鍼灸で治った症例

こんにちは。李哲です。

アメリカの中医師:李宗恩博士*1の漢方薬治療例を翻訳しました。

 

中国語本文のリンク先は、

急性全身過敏長疹子 – 當張仲景遇上史丹佛

 

急に全身に出た赤くて痒い発疹、3日の漢方と鍼灸で治った

 

60代の女性、中国人。

ロサンゼルスからサンフランシスコまで親族訪問に来た時、突然全身に赤い発疹が出て、とても痒かったです。

 

救急病院に搬送されて、西洋医学の治療で発疹は治ったけど、帰宅して3時間後、もう一度全身の発疹が起きて、夜中には病院に行ったときよりもひどくなりました。

 

急性の全身に広がった発疹、漢方薬と鍼で治った


初診は2013.5.24。 

 

主訴:全身に突然現れる発疹。

原因が分からない、なにかアレルギー性の食べ物もない。

 

処方薬:市販薬の五苓散+黄連+黄芩+黄柏。

鍼灸のツボ:太衝 血海 曲池 合谷 三陰交 築賓 委中(刺絡で出血) 

 

2013.5.26

鍼をしてから赤い発疹は消え始め、2回の漢方薬を飲んでから全身の発疹は治り、なんのアレルギー性反応も出なかったです。 

 

2013.5.31

3日間飲んでから漢方薬を止めているけど、赤い発疹は再発していません。

 

李哲の解釈と感想

 

五苓散で突然の発疹を治せる理由

 

突然全身に現れる赤い発疹は、水毒と風邪(ふうじゃ)の結合が原因です。だから、五苓散では水毒・風邪を解決し、また消炎鎮痛剤として黄連、黄芩、黄柏を入れてますね。

 

簡単な処方だけど、赤い発疹を2日で治すなんて、さすがにニハイシャ先生の弟子です。

 

五苓散で治せる病気はたくさんある

 

五苓散は様々な症例で使います。

全然違う病名でも「五苓散」で治せるのは、中の原因が同じだからです。 

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net 

www.li-hari.net

鍼だけでも発疹などの皮膚病を治せる

 

鍼治療の場合は、基本的に李宗恩博士が書いたツボを使います。皮膚のかゆみ・発疹などに対して鍼治療の効果は著しい。今まで様々な皮膚のトラブルを解決して来ました。以下は2つの症例です。

 

www.li-hari.net

 

www.li-hari.net

 

鍼治療は発疹に有効だけど、一つだけ効果が薄いのがあります。ステロイドをたくさん使ってきた人には、他に方みたいな効果が出ません。なぜなら、ステロイドの毒素が皮膚にくっついて、なかなか解毒できないからです。

 

以下の過去記事で、ステロイド剤に関して詳しく説明しました。参考になると幸いです。

 

www.li-hari.net

 

鍼灸は副作用なしで痒み・発疹を治せるので、痒みが治らなくて困っている方は、ぜひ鍼治療を試してください。

*1:李宗恩博士の紹介は、オススメの漢方医・鍼灸医(海外) をご覧ください。