本場の中国鍼:李哲鍼灸院

本場の中国鍼で生理痛、生理不順、不妊症、腰痛、肩こり、首こり、ヘルニア、胃痛、頭痛、がん緩和ケア、便秘、下痢など様々な不調を整えます!

血液は大事な資源、献血が健康に良いのは嘘!

こんにちは。李哲です。

血液に関して話そうとしたけど笑っちゃう記事を見たので、これをもとにして書きました。私個人の見解ですが、参考なると幸いです。

 

笑っちゃう記事はこれ。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
matome.naver.jp

 

以下では原文を引用して、項目ごとに話してみます。

 

 

困っている人を助けることができる

手術で輸血が必要な人を助けるから、役に立った感じでしょう。

 

しかし、手術には必ず輸血が必要なのか?皆さんは考えたことがありますか?

 

内海聡先生の講演会では違う意見がありました。以下の5分56秒あたりから、輸血に関して説明があります。

 

www.youtube.com 

 

西洋医学での輸血は、様々な危険性が潜んでいる。輸血しないで、生理食塩液だけで手術したほうが良いとも言われています。

 

中医学の理論は似ているのがあります。

中医学では『血無止法』と言います。つまり、血を止める事はできない。

 

じゃ~血を止められないなら、どうやって手術をするのか?

 

私は逆に質問したいです。

手術しなくても病気は治るのに、なぜわざわざ手術しますか?

 

中医学の理論で、血液循環をコントロールするのは気です。気が血管の外側を挟んでいるので、血液は猛スピードで全身を回っても飛び出てこない。

 

大出血した時に、最優先に考えるのは自然に血を止める生薬を塗って、煎じ薬で気を補うこと。つまり、気を強化して血が勝手に出ないようにコントロールすることです。

 

以下はニハイシャ先生の弟子たちの治療例。

産後の大出血で病院の先生は「子宮全摘手術をするしかない」と診断したけど、漢方薬を飲んだ翌日には出血が止まり、大手術をしなくても病気が治りました。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

映画の中でよくあるシーン。拳銃に打たれた人は、よく寒い寒いと言います。寒いというのは、血が足りないから寒いのではなくて、出血とともに気が抜けるから寒いのです。

 

気を補えば寒くもならないし、出血も自然に止まる。体に血小板などの止血機構があるので、強力な修復機能を生まれつきで備えています。

 

気を補うのは漢方薬もしくは針灸。両方ともできます。 

 

西洋医学では手術中によく止血しますが、皮膚の下など浅い所だったらまだ良い。内臓の所でむりやり止血したら、後々になって大変な事になります。

 

体の奥に血の塊があるので、正常な血液循環に影響が出て、様々な不調になる。臨床でよくあるのは発狂などの精神疾患。

 

出血の病気があったら、漢方薬もしくは針灸の治療を受けるべきです。

 

以下はニハイシャ先生の弟子の治療例。

包丁に切られ噴水みたに出た血が、漢方薬だけで血が止まり、短期間で傷口まで治った例です。西洋医学の縫合手術も要らない。西洋医学の措置でこんなに早く治るのは無理。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain

li-hari.hatenablog.com

 

ほとんどの外傷は、このように手術しなくても素早く治る。手術以外にも選択肢がある事を忘れないでください。

  

自分の健康状態を無料でチェックできる

以前、「健康診断は良いですか?」の質問が良くありました。

私の答えは「自分が健康かどうか、元気であるかないかは自分で分かるはず。私に聞く必要がありません。」

 

どこが辛いのか?

どんなふうに痛いのか?

このような感覚は、貴方しか分かりません。

 

ちなみに、健康な人はどんな自覚症状があるのかは、過去記事参照してください。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

患者さんの辛いところがなければ治った。

つらい症状があると、まだ治ってない。

これは非常にシンプルな基準です。

(基本は患者さんの自覚症状をもとにする。ただし、中医学には自覚症状以外にも脈診などの判断基準があります。ここでは省略。)

 

治療と言うのはもともとシンプルで、患者さんもお医者さんも分かりやすい。どの国の人でも納得すると思います。

 

しかし、今は西洋医学が「科学的」という旗を揚げて、シンプルな基準をぐちゃぐちゃにして分かりづらくしている。本来は皆さんが自分自身で健康診断ができるのに、科学的な名義でみんなの体を支配し、薬付け人生にさせようとしています。

 

残念なのは、現代人は自分自身の感覚を信じないで、テクノロジーの信者になっていること。

 

冷え症・食欲不振・睡眠の質が悪いなどは、病気の初期段階である事を知らない。しかし、病院の最先端医療機械が貴方は病気です!と言ったら納得する。

 

これは医療盲信です。

 

最先端の技術でも、あなたがどこが辛いのか分かりません。むしろ、最先端の技術は貴方を危険にさらすだけ。

 

手術後に90cmの内臓が陰部から垂れ下がるなど。これは過去記事にも書いてあります。

f:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plainf:id:li-hari:20180601140713j:plain
li-hari.hatenablog.com

 

お菓子などがタダで食べられる 

ニハイシャ先生は講義中に話したのがあります。

「アメリカ西洋医学の診療所は待ち時間が長いので、受付カウンターに無料のクッキー・チョコなどのお菓子を置いている。表面上は優しい気配りだけど、あなたがたくさん食べないと病気にならないから。」

 

無料のコーヒー。

無料のお菓子。

喜んで食べないで、その裏に書いてある成分表はどんな物か、先に調べてから考えてください。

 

デトックス効果、体が血を作ろうと頑張る

本文では以下のように書いてました。

 

献血をして、血を取られると、体が血を作ろうとして頑張り、体がぽかぽかしてきます

 

定期的に血液を出すことで、老廃物やドロドロの血液を捨てるデトックス効果があります

 

 
”素晴らしい”理論ですね。
なぜ貧血の女性には鉄剤を処方して、献血を薦めないですか?
 
献血の時の血液は、悪い血ではなくていい血。
瘀血(悪い血)を出すのはデトックスになるけど、いい血を抜くのはデトックスだと言えない。
 
1mlの血液を作るために、どれくらいの食べ物が必要で、どんな臓器たちの共同作業が必要なのかが分かりますか?
 

中医学の理論では、血は主に3つの臓器(心臓・肝臓・脾臓)と関係があります。「心生血」・「肝蔵血」・「脾統血」と言います。

 

だから、いい血を作って貧血を治し、血液循環の問題を解決する時は、以上の3つの臓器を同時に配慮しないといけません。

 

単純に鉄分が多い肉、レバーなどを食べただけでは貧血が治らない。いい血液を作るためには、いろんな内臓の強化が必要です。

 

貧血のとき、輸血するだけでは解決できません。輸血した血は貴方自分が作った血ではないので、後々になってトラブルの元になります。

 

もし肝炎・エイズウィルス混入物があったら、貴方の後半生は泣くしかない。

 (中医学では肝炎など治せるけど、西洋医学しか信じない患者さんの目にかかる事は、ほぼないでしょう。)

 

ドロドロの血液は、食事を徹底的に変えて運動すれば治ります。わざわざ血を抜く必要がない。

 

内臓の奥に潜んでいる老廃物も、腕の静脈から出せるものではありません。そんなに献血で老廃物・デトックスできるなら、薬なんか要らないでしょう?

 

まとめ

輸血は人道支援の角度では良い。その気持ちはありがたいです。

ただし、輸血は危険性があり、他の人を助ける最良の形態ではない。

 

むしろ、たくさんの必要がない手術が盛んになり、手術であの世行きの人が増える。

 

良かれと思ってやったことが逆効果を起こす。

このような例はたくさんあります。 

 

たとえ外傷で大出血を起きたら、蒲黄(ほおう)などの生薬で強力な止血作用があり、傷口が治ります。

 

外傷以外のほとんどの病気は中医学の漢方薬・鍼灸で治る。手術は要らないので、献血する必要もない。 

 

手術しなくても治る事を知れば、自然に献血もなくなるでしょう。メディアも手術しないで病気が治る事を、宣伝するべきです。

 

残念ですが、日本のネットを含むメディアには、偏った情報ばかりだと患者さんから聞きました。

 

現実もそうだと思います。つい最近だと、ドキュメンタリー映画『MMRワクチン告発』が上映中止された件。企業に有利な、薬とワクチンが売れるように情報が溢れています。

 

日本語しか分からなかったら、偏った情報しか見れないかも知れません。英語ができるなら、海外のサイトを見たほうが良いです。

 

ネットで情報交換は便利になりましたが、さらに洗脳しやすくなっています。

 

ネットで情報を調べるときは、鵜呑みにしないでください!